《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

少女漫画 感想リスト(ライト版) 著者名順

著者名順
※ 感想は、リンク先のページから お読みいただけます。
※書名の前に がある漫画は 特にお薦めです。
※↓の 各行ボタンを押すとダイレクトに その行の著者に たどり着きます。

あ行    か行    さ行   た行
な行    は行    ま行   や・ら・わ行

あ行
相原 実貴あいはら みき
・SO BAD! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

青木 琴美あおき ことみ
・僕は妹に恋をする 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・僕の初恋をキミに捧ぐ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

赤瓦 もどむあかがわら       
・兄友 基本データ
www.wwwbestlilium.com
ラブ・ミー・ぽんぽこ! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

アサダ ニッキ
青春しょんぼりクラブ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
星上くんはどうかしている 基本データwww.wwwbestlilium.com

アルコ・河原 和音かわはら かずね(共著)
俺物語!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

いくえみ 綾       りょう
プリンシパル 基本データ
www.wwwbestlilium.com

池山田 剛いけやまだ ごう
・GET LOVE!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・うわさの翠くん!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

和泉 かねよしいずみ       
・ダウト!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・そんなんじゃねえよ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

岩本 ナオいわもと     
町でうわさの天狗の子 基本データ
www.wwwbestlilium.com

上田 美和うえだ みわ
・Oh!myダーリン 基本データ
www.wwwbestlilium.com

宇佐美 真紀うさみ まき
・恋*音 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ココロ・ボタン 基本データ
www.wwwbestlilium.com

大詩 りえおおうた    
・猫田のことが気になって仕方ない。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

小畑 友紀おばた ゆうき
僕等がいた 基本データ
www.wwwbestlilium.com

か行
北川 夕夏きたがわ ゆか
・影野だって青春したい 基本データ
www.wwwbestlilium.com

桐島 りらきりしま     
・世界の端っことあんずジャム 基本データ
www.wwwbestlilium.com

金田一 蓮十郎きんだいち れんじゅうろう
ライアー×ライアー 基本データ
www.wwwbestlilium.com

くまがい 杏子        きょうこ
・放課後オレンジ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

呉 由姫 くれ ゆき(原案:ルビー・バーティー
金色のコルダ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

幸田 もも子 こうだ ももこ
ヒロイン失格 基本データ
www.wwwbestlilium.com

小玉 ユキこだま ゆき
坂道のアポロン 基本データ
www.wwwbestlilium.com
月影ベイベ 基本データwww.wwwbestlilium.com

小村 あゆみこむら    
・ミックスベジタブル 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・神様のえこひいき 基本データ
www.wwwbestlilium.com

紺野 りさこんの    
・胸が鳴るのは君のせい 基本データ
www.wwwbestlilium.com
さ行
酒井 まゆさかい    
・永田町ストロベリィ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ロッキン★ヘブン 基本データ
www.wwwbestlilium.com

咲坂 伊緒さきさか いお
ストロボ・エッジ 基本データwww.wwwbestlilium.com
アオハライド 基本データ
www.wwwbestlilium.com
思い、思われ、ふり、ふられ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

栄羽 弥さこう  わたり
・コスプレ★アニマル 基本データ
www.wwwbestlilium.com

佐藤 ざくりさとう      
・おバカちゃん、恋語りき 基本データ
www.wwwbestlilium.com

椎名 軽穂しいな かるほ
君に届け 基本データ
www.wwwbestlilium.com

師走 ゆきしわす   
高嶺と花 基本データ
www.wwwbestlilium.com

末次 由紀すえつぐ ゆき
・Only You ー翔べない翼ー 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・エデンの花 基本データ
www.wwwbestlilium.com

杉山 美和子すぎやま みわこ
・花にけだもの 基本データ
www.wwwbestlilium.com

清野 静流せいの しずる
・純愛特攻隊長!+ 本気 基本データ
www.wwwbestlilium.com

た行
タアモ
たいようのいえ 基本データwww.wwwbestlilium.com
・地球のおわりは恋のはじまり 基本データ
www.wwwbestlilium.com

高須賀 由枝たかすか ゆえ
グッドモーニング・コール 基本データ
www.wwwbestlilium.com

田中 メカたなか    
キスよりも早く 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ぢゅん子ぢゅんこ
私がモテてどうすんだ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

筑波 さくらつくば       
・目隠しの国 基本データ
www.wwwbestlilium.com

椿 いづみつばき      
親指からロマンス 基本データ
www.wwwbestlilium.com
桃森 ミヨシとうもり みよし
ハツカレ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
悪魔とラブソング 基本データ
www.wwwbestlilium.com

時計野 はりとけいの   
・お兄ちゃんと一緒 基本データ
www.wwwbestlilium.com

な行
なかじ 有紀    ゆき
・ハッスルで行こう 基本データ
www.wwwbestlilium.com

仲村 佳樹なかむら よしき
・MVPは譲れない! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ななじ 眺      ながむ
・パフェちっく! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

那波 マオななみ   
3D彼女 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南波 あつこなんば      
スプラウト 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・隣のあたし 基本データ
www.wwwbestlilium.com

は行
葉月 かなえはづき     
好きっていいなよ。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

八田 鮎子はった あゆこ
オオカミ少女と黒王子 基本データ
www.wwwbestlilium.com

葉鳥 ビスコはとり      
桜蘭高校ホスト部 基本データ
www.wwwbestlilium.com

林 みかせはやし      
・うそカノ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

春田 ななはるた    
・スターダスト★ウインク 基本データ
www.wwwbestlilium.com

晴海 ひつじはるみ      
・斎王寺兄弟に困らされるのも悪くない 基本データ
www.wwwbestlilium.com

樋野 まつりひの     
とらわれの身の上 基本データ
www.wwwbestlilium.com
めるぷり 基本データ
www.wwwbestlilium.com

平間 要ひらま かなめ
ぽちゃまに 基本データ
www.wwwbestlilium.com

福山 リョウコふくやま       
悩殺ジャンキー 基本データ
www.wwwbestlilium.com
モノクロ少年少女 基本データ
www.wwwbestlilium.com

藤沢 志月ふじさわ しづき
・キミのとなりで青春中。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

星森 ゆきもほしもり      
ういらぶ。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ま行
みきもと 凜     りん
近キョリ恋愛 基本データ
www.wwwbestlilium.com
きょうのキラ君 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・午前0時、キスしに来てよ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水野 十子みずの とおこ(原案:ルビー・バーティー
遙かなる時空の中で 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水瀬 藍みなせ あい
・なみだうさぎ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ハチミツにはつこい 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水波 風南みなみ かなん
・レンアイ至上主義 基本データ
www.wwwbestlilium.com
蜜×蜜ドロップス 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南 塔子みなみ とうこ
・360°マテリアル 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ReReハロ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・テリトリーMの住人 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南 マキみなみ     
・S・A(スペシャル・エー) 基本データ
www.wwwbestlilium.com

森下 suuもりした すう
・日々蝶々 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ショートケーキケーキ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

や・ら・わ行
山田 デイジーやまだ     
・初恋はじめました。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

山田 南平やまだ なんぺい
・空色海岸 基本データ
www.wwwbestlilium.com

やまもり 三香     みか
ひるなかの流星 基本データ
www.wwwbestlilium.com
椿町ロンリープラネット 基本データ
www.wwwbestlilium.com

雪丸 もえゆきまる     
ひよ恋 基本データ
www.wwwbestlilium.com

柚月 純ゆづき じゅん
・学園王子 基本データ
www.wwwbestlilium.com

吉岡 李々子よしおか りりこ
・彼はトモダチ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

吉住 渉よしずみ わたる
ミントな僕ら 基本データ
www.wwwbestlilium.com
ちとせetc. 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ろびこ
となりの怪物くん 基本データ
www.wwwbestlilium.com
僕と君の大切な話 基本データ
www.wwwbestlilium.com

渡辺 あゆわたなべ あゆ
・L♥DK L・DK(エルディーケー) 基本データ
www.wwwbestlilium.com

雑誌モデル・歌舞伎役者・ファミレス店員・看護師、子供の お仕事体験と 大人のセクハラ報告書。

花になれっ! 6 (マーガレットコミックスDIGITAL)
宮城 理子(みやぎ りこ)
花になれっ!(はなになれっ!)
第06巻評価:★☆(3点)
 総合評価:★☆(3点)
 

またしても、花音の代役をするハメになったもも。しかし、ニセモノである事がマスコミにバレてしまい、大騒ぎに! 有名な歌舞伎一家であるあげはの家に匿ってもらうが、そこにはあげはの兄・白羽と黒羽という、美形の双子がいて…!?

簡潔完結感想文

  • 花人の設定は もうないも同然だけど、華やかな世界でセクハラを受ける日々が描かれる。
  • 再会すれば即 仲直りとなり、作品側が安直な展開を隠さない。男を切らさないヒロイン。
  • 中身の無さを補強するのは新キャラ祭り。4人のイケメンが登場 即セクハラという超展開。

ロインも作品も男に頼らなければ生きていけない 6巻(文庫版)。

いよいよ内容よりもイケメンが重視され、そのイケメンの登場回数を稼ぐために拙速なスピードで物語が進む。これまでは新キャラが登場してからヒロインに惹かれる過程が多少なりとも描かれていたが、この『6巻』では出会った その日からセクハラが始まる。物語が進むにつれ、ヒロイン・もも から知性が奪われていったが、イケメン側にも思考能力は必要となくなった。彼らに必要なのは顔と社会的ステータスと、そして性欲である。ここまで支持する読者にとっては、自分の分身である もも が ちょっとHな展開に巻き込まれていけば それで満足なのだろうか。何度も書いている通り、どちらかというと男性が喜ぶようなオタク的展開で、この内容のない少女漫画を喜ぶ読者層が私には想像できない。

唯一、読者を喜ばせる装置として考えられているのはヒロイン・もも が様々な現場で ある世界に接する点であろう。世界を巡った三大名花編が終わり、描くことがなくなったであろう『3巻』以降、映画撮影などの芸能界編、モデル編、そして伝統芸能編と、表舞台に立つような仕事が目立つ。色々な世界・分野で活躍するイケメン図鑑を完成させることが本書の主目的になっている感じだ。その世界をヒロインを通して垣間見させていることが読者を夢心地にする装置なのは分かる。またファミレスの店員や看護師など女性が夢みる職業に もも が就くことで、お仕事体験する感覚を味わえるのだろうか。更に自分が働いて、チヤホヤされたり、その世界のイケメンにアプローチされて一石二鳥。エロのノルマもこなして、中身はないけど人気は出る構造になっているのだろう。総じていえば、仕事や恋愛というよりもセクハラ描写がメインになっているが…。

イケメン博覧会では必ず1組いる双子枠。「白羽と黒羽と」は「素人玄人」ってこと。前者が哀れ。

作者が注力するのは、もう恋愛的には婚約までしている2人をどうやって引き離すかというアイデアの捻出であろう。大きな喧嘩をして離れ離れ、入院して離れ離れ。心理描写など ないも同然だから、いつでも即座に元の鞘に収まって話を終えられる。いよいよ本格的な虚無である。

ただ、話の繋ぎ方は素直に上手いと思った。例えば芸能人との入れ替えトリックがバレて マスコミに追われて次の家に居候の拠点が移ったり、ヒロインと離れ離れになったヒーロー・蘭丸(らんまる)が心労で入院することで次の展開にスムーズに移行したりと、伏線がしっかり用意されていて、場面転換に無理がない。1人のイケメンとの交流を短くまとめたことで読者に飽きや退屈を感じさせないようにしているのが分かる(その分、中身はないが)。そういう点ではラブコメ漫画で連載を続けていく才能が作者には あるのだろう。

『6巻』終了時点。
イケメン枠:蘭丸・矢野・花音・梅吉・花神・春日部・プラチナ・アラジン・蜂巣・藤宮・若葉(過去編)・店長・タクロー・白羽・黒羽・晴山・花形(計17人 前巻比+4)
キス:蘭丸・矢野・花音・梅吉・花神・春日部・プラチナ・アラジン・藤宮・タクロー・黒羽・花形(計12人 前巻比+2)
裸を見られる:矢野・花音・花神・藤宮(計4人 前巻比+0)
男性からの愛撫:梅吉・花神・蘭丸・花神・プラチナ・アラブの偉い王様・藤宮・タクロー・蜂巣・黒羽・晴山(計11人 前巻比+3)


『5巻』に引き続き、もも と美少年芸能人の花音(かのん)と「とりかえばや物語」である。

人気アイドル・蜂巣(はちす)に女性であることを疑われながらの仕事で、彼から性別を確かめるため身体検査されセクハラを受ける。そして花音が この日、2件の仕事を同時にこなしていることが噂になり、花音はマスコミに追われ、もも も居候している花音の家に帰れなくなる。そこで友人・あげは の家 お世話になることに。そして家を渡り歩くと同時に、男も渡り歩くという展開になる。

あげは の家族は歌舞伎一家。家族構成は父・母・双子の兄2人・あげは の計5人。あげは の父は、もも の香りに一切 惑わされない。同じ年代であろう『3巻』のアラブの王様は性欲全開だったが、この違いは あげは父が人間的に出来ているからなのか、彼が枯れているからなのか。

しばらく あげは の家でもメイドというか女中のようなことをして過ごす もも(学校 行けよと思っていたら後でその話題が出て驚いた)。もも は あげは の兄が双子だと知らず、1人に迷惑をかけられ、1人を人違いで迷惑をかける。名前は前者が白羽(しろう)、後者が黒羽(くろう)という。もも が距離を縮めるのは黒羽の方。髪色こそ違うが長髪で女を敬遠する性格は三大名花・プラチナと似通っているなぁ。

もも は勘違いから役者の顔である黒羽の顔に怪我をさせてしまい、それが彼の父の逆鱗に触れ、舞台に上がれなくなってしまった。黒羽は怪我は もも が原因だということを話さずに沈黙を貫き、この行動が もも の罪悪感となり、黒羽に謝罪、そして お約束のセクハラを甘んじて受け入れるというパターンへと繋がる。

黒羽は花人ではないため、もも が彼に惹かれるのは純粋な好意でしかない。香りを言い訳に出来ない分、ただの浮気である。どうして蘭丸と喧嘩になったか考えるが良い…。


一方、蘭丸は もも を「信用できない」と言った自分の発言を気にしていて、この時点で2人の問題は解決している。だが、すれ違いさせることで問題を継続させ、そして もも を ますます尻軽ヒロインにしていく。

歌舞伎座巡りをしたり、女性ながら舞台に上がったりと一通りのイベントをこなした後、もも は自分が あげは の家族から黒羽の嫁として扱われていることを知る。事態がそこまで進んで もも は好きな人がいる、と蘭丸を思い出す。要するに浮気はするけど本気には なれません、ということか。

もも を匿うのが、あげは から すみれ へとバトンタッチする寸前で、蘭丸と再会。あっという間に仲直りするから余計、全てが茶番に思える。
だが蘭丸は心労で身体が弱り、病気を招き倒れてしまう。蘭丸は心を疲弊させていたが、もも は図太く浮気を楽しんでいた、という対比が少女漫画として正しいのか疑問である。

ちなみに この話の一区切りでタクローが『4巻』登場の藤宮(ふじみや)の弟だと言うことが判明する。兄は自分の名前を、弟は自分の名字を明かさなかった兄弟である。


のところ全く学校に行っていなかった もも に留年の危機が迫る。色に狂って、男と遊び歩いていたなんてビッチそのもの。
だが もも はまだ学校内では成績優秀者として扱われているらしく補習で進学が可能という条件を出される。ロリ顔になって知性を失ったようにしか見えませんが…。

補習仲間として登場するのが新キャラ・晴山 大樹(はるやま だいき)。バスケ部の1年生という、元気系キャラ。これまで体型や顔つきが大人っぽい男性が多かった本書において珍しい立ち位置。背の低い感じは花音と似ているが、花音はもっと美形で精神年齢が高いタイプだろう。蘭丸も同学年だが1年生ながら18歳という設定だし、同じ年で、現在の もも と同じような知的レベルの人間で共通点が多そうに見える。

晴山は もも が借金返済のためにしているキャバクラ的ファミレスでのピンチを助けてくれた。これで もも が心を許す準備とセクハラを受け入れる前置きが整う。更に晴山に蘭丸との同棲がバレてしまい弱みも握られて…。

sかし晴山が もも に惹かれる場面が全くといっていいほどないから、彼が単なる色情狂に見える。晴山の雰囲気は健全で全然そんな風に見えないのに急に もも の服を脱がし出して唖然とした。エロければ それでいいのだろうか。

そして蘭丸と看護師の危ない関係を疑った もも が夜の病院に行く際に、晴山と遭遇し、彼を帯同させるという謎展開が続く。こういう態度だから もも が甘んじてセクハラを受けて喜んでいるような認識を生み出してしまう(これは次の新イケメンが病院で登場するから出番の少ない晴山の救済の意味もあるのか?)

晴山は無邪気な おバカキャラから豹変。読者に新キャラを好きになってもらう前に嫌われるばかり。

入した病院で看護師の制服を見つけ、お仕事体験・看護師編の始まりである。この際のカラーページが気持ち悪い(印刷は白黒だけど)。素人の男性が作ったような低クオリティと欲望まみれの濁った雰囲気を感じる。

看護師たちは蘭丸のお世話に忙しく、無資格の もも が夜勤の看護師業を一手に引き受ける(逮捕されろ)。もも がその夜に遭遇するのが花人であり、この病院の外科医でもある花形 光(はながた ひかる)。

もも のコスプレが他の看護師にバレる所を花形が助け、彼もセクハラの権利を手に入れるのだが…(逮捕されろ)。

男の戦いに巻き込まれ悲恋に泣いた先祖たちに比べ、男に狂って婚約者を悲しませる 当代ヒロイン。

花になれっ! 5 (マーガレットコミックスDIGITAL)
宮城 理子(みやぎ りこ)
花になれっ!(はなになれっ!)
第05巻評価:★★(4点)
 総合評価:★☆(3点)
 

自身のブランドのショーのため、パリから蘭丸のママ・エリカが「なな」という友人を連れて帰ってきた。もしかして、彼女が捜していたもものお母さん…? そして、ななのドレスを手にしたももは、お母さんの思い出の中にとりこまれて――!?

簡潔完結感想文

  • 母の記憶を辿る回想編。もも は純系花人で最初の幸福な恋をする人になれるのか…⁉
  • 幸福な恋のはずが自分で不幸を呼び寄せる破壊神・もも。重い宿命の安っぽい展開。
  • 彼との気まずい関係から逃げるために別の男の家を渡り歩くビッチヒロインの再放送。

れだけ この恋の運命性を演出しても、ヒロイン自身の行動が台無しにする 5巻(文庫版)。

ここまで男たちに愛されながら読者に愛されないヒロインも珍しいだろう。
『1巻』ではメガネをかけて学級委員長的な真面目ヒロインだったのに、ロリ顔巨乳になってからというもの、知性も失われてしまった。プロポーズをしてくれた婚約者に女性が近づくことは許せないのに、自分は男の家を渡り歩くというダブルスタンダードを平気でやってのけるのも気になる。最後の一線こそ超えていないが、純情なヒロインどころか、ここまでで8人の男に身体を まさぐられている(下記参照)。
この『5巻』で もも の恋が、数百年 数千年続く「純系花人(じゅんけいはなびと)」の悲恋を断ち切る最初の事例になれるかという大きな問題で この恋を一生懸命に飾り立てても、肝心のヒロイン・もも の行動が刹那的で、男性に もたれかかっているだけなので応援できない。壮大なストーリーを用意しているのに、2人は些細なことで喧嘩することを繰り返す。
物語の設定は「運命の恋」なのに、作品の構造はイケメン展覧会なのが、致命的な齟齬である。後者が読者に受けることが分かったから、ヒロインが新たなイケメンに出会う必要性が生まれ、そのために運命の恋を、ただの浮気性のカップルの痴話喧嘩レベルまでに貶めてしまった。こうして純潔なビッチという訳の分からないヒロインが誕生した。

願いを託された子供が こんなにビッチに育つなんて、母や歴代純系花人たちは頭を抱えているだろう。

ヒロイン・もも の母捜し=自分のルーツ探しも一定の結論を迎えて、物語は いよいよ これ以上 掘り下げるところがなくなった。今回の話だと父親が存命である可能性は高いのだが、もも は母ほど気になっている様子はない。
また一段と話を終える準備は整ったが、その母親の話が終わった時点で ちょうど全体の半分に到達したところでしかない。そして本格的な再放送も始まり、これ以降 楽しめるのはファンしかいないだろう。人気ピーク時と連載末期では、本書の読者数は どれだけ違うのか気になるところである。

『5巻』終了時点。
イケメン枠:蘭丸・矢野・花音・梅吉・花神・春日部・プラチナ・アラジン・蜂巣・藤宮・若葉(過去編)・店長・タクロー(計13人 前巻比+3)
キス:蘭丸・矢野・花音・梅吉・花神・春日部・プラチナ・アラジン・藤宮・タクロー(計10人 前巻比+1)
裸を見られる:矢野・花音・花神・藤宮(計4人 前巻比+0)
男性からの愛撫:梅吉・花神・蘭丸・花神・プラチナ・アラブの偉い王様・藤宮・タクロー(計8人 前巻比+1)


頭は本書の設定において割と重要な話である。これまで残された謎やピースが埋まっていく。

婚約者・蘭丸(らんまる)の母親が「なな」という友人を連れて帰国する。その なな という名前は もも の母親の名前でもある。だが なな には「はじめての子」である赤ちゃんが生まれたばかりで…。

なな が作ったドレスの中で眠ると もも は、夢の中で自分が なな になっていた。これは「純系花人」であった頃の なな の記憶で、現在の記憶喪失の なな が忘却した記憶である。なな は既に純系花人ではないようで、この回想編によって、純系花人の記憶が伝承されていくということなのだろうか。いつか現れる次の純系花人の夢には 先代として もも が出てくるのか。

なな は初潮を迎えた時から、現在の花神(かがみ)の父の妻として迎えるように花神家で幽閉に近い生活を強いられた。これは彼女の両親は承諾済みで、世界の「三大名花(さんだいめいか)」の中から花神家を選んだということらしい。彼女は花神によって それまでの記憶を消され、花神の思い通りに教育される。この記憶消去は『3巻』でアラジンが使った毒と同じだろうか。三大名花は そうやって純系花人を縛っていたのだろうか。

ここまで5年間幽閉のような生活を送り、まだ16歳にならない なな。その間に花神には身体を触られまくり調教されていた。花神は完全にロリコンである。花神(父)がその後の正妻に見向きもしなかったのは、ロリコンだからじゃなかろうか…。


閉状態が続く ある日、なな は庭師の孫でインターハイに出場する高跳び選手の男子高校生と出会い、一目で恋に落ちる。
彼の名は若葉(わかば)。花神の家を追い出された この家の息子。いわゆる愛人の子で花神(父)の異母弟らしい。花神の嫉妬深さや執着を知る なな は若葉を遠ざけようとするが、恋に落ちてしまった2人は止められない。すぐに身体の関係を持ち、若葉のインターハイ後に駆け落ちを約束する。
なな は弟・春日部(かすかべ・もも の叔父で花音の父親)の力を借りて、取り決めた場所に行くが、若葉は現れない。その代わりに異母兄の花神が現れ、彼が事故で高跳びできる身体ではなくなったことを知る(これは遠くに逃げるという意味の高跳びも かかっているのか?)。その辛い現実で目の前が真っ暗になった なな は崖から飛び降りる(これは『2巻』での春日部の証言とも合致する)

生死をさまよう なな の前に、純系花人の始祖である女神フローラが現れ、悲恋に終わる純系花人の恋を いつか実らせてくれる娘の誕生を願う。夢の通りであるとすると、もも は なな の子供であり、もも の恋の成就は純系花人の悲願であるのか。つまり悲しみの連鎖を終わらせる意味でも もも の恋は重要で、純系花人最新の この恋は花人史上初の大恋愛、という位置づけなのだろう。だが上記の通り、もも という人間の軽さが この恋愛から重みを消していく…。


な は新しい命がお腹に宿っていることを予感していたため、もも を生んだはずである。だが今の彼女は、もも を生んだことなどの記憶は喪失している。

長男を生んでからは香りも消えていった。「花人の香りは気持ちが満たされると消える」と蘭丸は推察する。では香りが消えた花人は ただの人なのだろうか。そして逆に人は花人になれるのだろうか。そういう世界観を少しずつ滲ませて提示できれば本書の面白さに深みが出たのに、浅い設定と同じことを繰り返すラブコメ要素が それを台無しにする。

もも は母の過去や現状を それとなく知り、母への執着を失くす。母かもしれない人が幸せそうなら、自分の疑問や願望は解消されなくてもいいという。ちなみに なな の現在の配偶者は誰だか分からないまま。息子の名前がアレクだから外国人なのだろうか。
これで もも の両親捜しも終わりでしょうか。でも父も まだ生きてはいる可能性はあるのか。身体が不自由かもしれないので、今後 そういうキャラが出ないか注目していこう。


期連載の少女漫画特有の「するする詐欺」を匂わせたところで始まる もも のバイト編。

ファミレスの店舗の正面ガラスを割ってしまった もも は1枚100万円する その弁償のために その店で働く。いつのもように些細な喧嘩して蘭丸と距離はできないが、嘘をついて ぎこちなくなる。蘭丸も何巻前かの約束であるピアスを渡せない状態が続く。今回は蘭丸が学校内の部活動の助っ人を頼まれているから、もも の傍に入れないという展開である。同じ家、同じ学校にいながら すれ違うのは こういう理由を作る必要が あるのだろう。

可愛い制服でお馴染みのファミレスで、超美少女ウェイトレス軍団がいることで有名だそうだ(モデルと なったっぽいお店のように2022年に閉店だろうか…)。ファミレスというよりもメイド喫茶っぽい雰囲気である。今回も意地の悪い同僚たちにやっかまれながら、バイトをするという話になり、前回のモデル業界の裏側と ほぼ同じ内容。テーマとしては、花音(かのん)と入れ替わった芸能界編、モデル業に続いて、容姿が端麗な女性限定の お仕事体験の流れだろうか。

自分だけの美しい花を咲かせるはずが、最近は こんな男に媚びを売るようなコスプレしかしない。

バイト仲間の1人が もも に嫌がらせをするため彼氏・タクローを刺客として送り込むが、逆に もも の色香に惑わされてしまう。もも のピンチをタクローが助けてくれたことで彼を信用して その後に裏切られるのも同じ。

もも がクラブのVIP席でタクローから愛撫されている場面を蘭丸に見られ、蘭丸はブチ切れる。「バカにすんのも いいかげんにしよろ…!!!」「もう… ももりん の言うことは信じられない」というのも納得の展開。いくら花人の香りで発情するからといって自制心が無さすぎる。これでは同じことの繰り返しだ。
タクローが慰めようとすると「バカ…っ!! あたしにとって蘭丸君は そんな軽いもんじゃないんだから…っ!!!」とタクローだけに責任を押しつけて逆ギレ。ヒロインとは自分の責任を認めない生き物のことである。


うして2人の男のもとから去った もも が向かうのは別の男。自分の叔父とイトコである花音(かのん)父子の家を頼る。モデル修行で藤宮(ふじみや)の家に寝泊まりしていたかと思ったら、次は別の男の家。蘭丸に信用してほしかったら、こういう行動こそ慎むべきなのに、男を数珠つなぎにして、家を転々とする尻軽ヒロインは、頭も相当 軽い。

芸能人である花音が もも と買い物に行くためキャンセルしようとした2本の仕事を1日で同時にこなすため、花音と もも が2人1役を演じることになる。
ここからは『3巻』に続いて芸能界編その2である。登場メンバーも同じで人気アイドル・蜂巣(はちす)が花音の正体が女であることを疑っていて、その目から上手く逃れるというもの。
完全に再放送としか思えないが、少しは話に工夫があるのだろうか…。