《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

ミステリ同様、新顔イケメンに同行すると次々と恋愛事件が起こるのが本書のお約束。

コスプレ☆アニマル(12) (デザートコミックス)
栄羽 弥(さこう わたり)
コスプレ★アニマル
第12巻評価:★☆(3点)
  総合評価:★★(4点)
 

アラタ卒業問題もどうにか決着。本格的に受験勉強突入の前に、フェリーチェのリニューアルオープンパーティーが♪ 男子の衣装のアレコレにうっとりしていたリカも、控え室にウェディングドレスを発見! 思わず着てみてウットリ……そこへ入ってきた、かっこいいオジさま、え!? 元(ハジメ)のパパだったの? ――このウェディングドレスが元とリカの恋を大きく揺るがすなんて、思ってもみなかったのに……。

簡潔完結感想文

  • 一着のドレスが事件の発端。他人様の土地に勝手にドレスを置く女 vs. ドレスを勝手に着る女。
  • 彼の病気は全て仕組まれたもの。ヒーローを物語から遠ざけ、ヒロインに怪我をさせるために。
  • エロで読者を釣ったのに、後半はシリアスで幻滅させる。エロ少女漫画の宿命は繰り返される。

人公は新しいイケメンが登場したらホイホイと付いていく 12巻。

新顔のイケメンに不自然に介入して厄介ごとに巻き込まれるのが恒例の本書。

何かに似てると思ったら、ミステリの探偵や コナん君一行が
やたらと事件に巻き込まれる様子と一緒ですね。

もう そこまでの過程も何もあったもんじゃありません。
イケメンとハラハラドキドキした事件に出くわせば それでいいのです。

なので疑問が多く湧き上がる不自然な話の運びも仕方がありません。

今回の事件の鍵となる一着のドレスを なぜ子供のバイト先に保管するのかとか、
それを見つけた主人公の リカが無断で着てしまうモラルの無さとか、
着用したら即座に今回のメインイケメン・元(はじめ)の父親が現れるとか、

もうツッコミどころ満載の強引な展開も、一つの様式美だと思えば我慢も出来ます。

f:id:best_lilium222:20210225183512p:plainf:id:best_lilium222:20210225183507p:plain
コスプレ命だから他人様の物も勝手に着ちゃうんだ☆ そんなだから罰が当たったのかな…。

慢が出来ないのは、やたらとシリアスな事件を用意するところ。

イケメン登場人物たちが現役高校生か大学生なので、
作者が用意できる彼らのトラウマは、親絡みのモノばかり。

親の離婚や死別、不遇な子供時代、皆 似たり寄ったりの お話ばかり。

更には『1巻』の感想文でも書きましたが、
作者が後半で披露した話の大部分は『1巻』収録のオムニバス漫画の流用。

今回の元(はじめ)親子の話は まさに同じ(それが判明するのは『13巻』ですが)。

序盤は やたらエロチックな物語を描いていたと思ったら、
後半はトラウマのオンパレード。

エロ重視の内容の漫画はシリアスな事件を描きたがる傾向がある。
こういう事柄を扱えば人間を描けていると思っているのだろうか。

エロで連載を勝ち取ったくせに、人気が安定したら我に返って、
エロを封印してシリアスモードに持ち込むのがダサい。
例え我に返っても、読者に分からないように、エロに徹してほしいものだ。


回の元(はじめ)親子の話も最終回に向けて用意した お話だろう。
作品の中で明確なクライマックスを創出するために、大きな事件が起こる。

その結果は何回目かの リカの怪我。

リカの怪我が回を重ねる毎に重くなっているのが怖い。
このまま連載が続いていたら リカは完全に死ぬ道しか残されてなかったでしょうね…。


物語は盛り上がっているが、心が動かされるかというと微妙な内容。

上述の通り、リカが元の父親と行動するのは不自然さばかりが目立つし、
父親の介護をしている2人の人間はいつも不注意が過ぎるし、
いつも最後の最後で見せるリカの自己犠牲は不用意なものだし、

何もかもがチグハグな印象ばかり。

リカの行動は本書で最大のお節介なんだろうけど、
燃え盛る炎に身を投げ出すほどの切羽詰まった理由は伝わらない。

物語としても恋愛としても大きな山に差し掛かった。

ダラダラと長かった登山道もあと僅か。
頂上からの景色は期待せずに、登頂の達成感だけを求めて歩みを進めたい。

そういえば今回の事件のために大学の試験を放り出した リカ。
『11巻』では元の進級危機がありましたが、今後はリカの進級の危機があるのでしょうか。

リカが留年して、元がリカの大学に入学すれば 同じキャンパスで過ごせる可能性もあり⁉


にしても作者は元の父親の病気(脳の出血)を、
スーパーダーリン過ぎて邪魔だった元を物語から遠ざけるだけでなく、
このクライマックスのために周到に用意していたのでしょうか。

重い病気のためのリハビリで元を海外に留めておけるし、
脳の病気のため、父親の記憶や言動がおかしくなるのも不自然さ はない。

物語の後半を支える一石二鳥の病気である。

父親(とリカ)にとっては神様に貧乏くじを引かされたとしか思えないが…。

f:id:best_lilium222:20210225183543p:plainf:id:best_lilium222:20210225183537p:plain
人物の影は ほぼ真下に出来てますが、果たしてこの影の構造物は どこにある設定なのだろうか…。

あと、『12巻』のラストで登場した、
リカ が公園で見た「建物の影が飛行機の形…?」が、全くイメージできないんですけど。

十字の建物があるのか?
太陽という光源は一つなのに、影が重なる珍現象か?
作者に問いただしたいものである。


また、再読すると『14巻』の番外編におけるアラタの話と並行していることが分かる。
というか、今回のオーナーの周辺の描写は初読では意味の分からない描写ばかりである。

もうすぐ高校3年生なので進路を真剣に考えてます。2歳年上のお姉さんとの結婚が第一志望。

コスプレ☆アニマル(11) (デザートコミックス)
栄羽 弥(さこう わたり)
コスプレ★アニマル
第11巻評価:★☆(3点)
  総合評価:★★(4点)
 

えっ!アラタがグレた!? 元(ハジメ)とアラタ(とリカ先生)、青春涙編! 久々の元に触れたくてしょーがないリカ。最強アイテムを身につけ、いざ勝負! 薔薇色の日々……のはずが、元に進級の危機!? アラタが白紙答案!? 悩める子羊たちを助けて! 南せんせー!! リカ、元、アラタの妄想が暴走!

簡潔完結感想文

  • お預けされていたエロシーン連発。本書の神髄はこれしかない。…のに進路問題を描く??
  • 三角関係は終わっても 男の友情は終わらない。思わせぶりなアラタが主役級にカムバック。
  • 進路問題も友情も家族のトラウマも全部 本書には不釣り合い。エロくないなら意味がない!

子高校生たち の明日はどっちだ。本書の方向性はこっちなのか? の 11巻。

『10巻』にて半年間の遠距離恋愛や、
本書2度目の どうしようもない三角関係も終わり、
通常通り ラブラブモードに突入した主人公・リカと男子高校生の元(はじめ)。

高校生の半年という永遠にも近い時間を乗り越えた元。
もはや恋愛面のゴールは1つしかなくなる。

永遠の愛、少女漫画におけるそれは結婚である。

…はぁ、出会い系で出会って1話で性行為に及んだ2人が、
高校生の内から結婚を意識し始めましたよ。

もう、ここしか発展性のある関係が見当たらないんでしょうね。

本書は悪い意味で恋愛インフレが起きすぎていて、
結婚を ほのめかされても心が少しも動きません。

全部が机上の空論というか夢物語というか、
イケメンに囲まれ口説かれるワンパターンな展開も含めて羨ましいという気持ちすら起きない。

物語の前半はキャラにも お話にも勢いがあったけれど、
後半戦は浅い物語を真面目な言葉で修飾した空虚さが目立つ。

まさか本書のような読者の多くがエロを期待している漫画で、
進路の悩み相談が出てくるとは思わなかった。

↑ の あらすじ にある「青春涙編」なんてものは誰も望んでいない。

作者にはエロで売れたことを自覚し続けて欲しい。
『11巻』の1話目で、ずっと お預けされていた原点に戻ったかと思ったのに…。


婚を考える元(はじめ)に現実の壁が襲う。

それが進級問題。
半年間アメリカに追放されていたため、出席日数が足りず留年の危機。
だが、学校側から1週間後の試験において上位30%に入れば進級が認められる条件が出される。

そんな元を助けようとするのが教育学部在籍の リカ。

この教師志望という設定は唯一、リカの性格の根源を支える設定になっている。
が、教師志望だからといって面倒見が良いとか(イケメン限定?)、
勉強を教えられるとかは、根拠が薄弱というか職業への偏見が入っている。

そして、いくら元の高校が超難関校設定ではないとはいえ、
元の地頭は、リカよりも良いと思われる。

というか、本書で頭の良さの順序とか考えたくない。
やっぱり本書みたいな内容と勉強や進路の問題はミスマッチである。


かし進路の問題は続き、元の次は彼の親友・アラタである

f:id:best_lilium222:20210224180257p:plainf:id:best_lilium222:20210224180251p:plain
男同士の取っ組み合い は本気の証。前巻でも見たし 『4巻』でも見た。ワンパターン?

かつて三角関係を何巻にも亘ってダラダラと(一方的に)続けてきたアラタ。
今回も、深刻なようで浅薄な、思わせぶりな悩みで後半2話を使っている。

『10巻』で大暴れした古賀(こが)がお払い箱になってモブに戻り、
高校3年生になる機会に、元と共に主役級にカムバックしたしたアラタ。

作者としてもお気に入りのキャラなんでしょうね。
半年間、左遷されていた元よりもアラタの方が登場話数は多いかもしれませんね。


ここでは元とアラタの深い友情を描きたいんでしょうけど、やっぱり浅い。

泥臭い友情のようで表層的な部分を言葉でなぞっているだけだし、
彼らの過去を色々付け足しても、深みには繋がらならなかった。

前述の通り、煽情的なエロで読者を呼び込んだ漫画に、
深みを付け足そうとしても無理がある。

作中で大人びた高校生を描きたいのか、
それとも年相応に描きたいのか、定まっていない感じがする。

作者が描きたいのは格好いい(もしくは格好つけた)男子高校生の姿だろう。


してリカの年上設定が やっぱり邪魔な気がする。

長編少女漫画の後半では、女性主人公が「聖母」になるというのが私の持論なのですが、
リカは聖母になりそうでならない中途半端な人。

本書ではリカが元(やアラタ)を包み込む抱擁力があるというよりは、
元が無限のパワーでリカの三角関係や浮気疑惑を許容する展開が多い。
(というか問題の解決は このパワーが大半である)

教師ヅラするように年上の部分を使いつつも、
結局、現役高校生にも劣る精神年齢しかないのがチグハグだ。

リカは典型的な、無条件に愛されるヒロインである。


もしかしたらリカの役割は怪我するヒロイン、だろうか。

今回も また怪我しています。
リカ は無茶なことをして、怪我をして、男性から手当てされる人に成り果ててます。

f:id:best_lilium222:20210224180409p:plainf:id:best_lilium222:20210224180404p:plain
無謀なことして両手に花。これぞ理想のヒロイン像。ちなみに医者(志望)なので救命措置も完璧。

怪我をすると大きなイベントになりますし、
リカの自己犠牲の精神の表れにもなるし、
怪我することで庇護されて、愛を確かめられるから、展開が楽ですよね。

それは、この後の最終盤でも使われる手法です。
なんかもう、なにもかもがワンパターンだ。