《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

少女漫画 感想リスト(ライト版) 著者名順

著者名順
※ 感想は、リンク先のページから お読みいただけます。
※書名の前に がある漫画は 特にお薦めです。
※↓の 各行ボタンを押すとダイレクトに その行の著者に たどり着きます。

あ行    か行    さ行   た行
な行    は行    ま行   や・ら・わ行

あ行
青木 琴美あおき ことみ
・僕は妹に恋をする 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・僕の初恋をキミに捧ぐ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

赤瓦 もどむあかがわら       
・兄友 基本データ
www.wwwbestlilium.com
ラブ・ミー・ぽんぽこ! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

アサダ ニッキ
青春しょんぼりクラブ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
星上くんはどうかしている 基本データwww.wwwbestlilium.com

アルコ・河原 和音かわはら かずね(共著)
俺物語!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

いくえみ 綾       りょう
プリンシパル 基本データ
www.wwwbestlilium.com

池山田 剛いけやまだ ごう
・うわさの翠くん!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

和泉 かねよしいずみ       
・ダウト!! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

岩本 ナオいわもと     
町でうわさの天狗の子 基本データ
www.wwwbestlilium.com

宇佐美 真紀うさみ まき
・恋*音 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ココロ・ボタン 基本データ
www.wwwbestlilium.com

大詩 りえおおうた    
・猫田のことが気になって仕方ない。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

小畑 友紀おばた ゆうき
僕等がいた 基本データ
www.wwwbestlilium.com

か行
北川 夕夏きたがわ ゆか
・影野だって青春したい 基本データ
www.wwwbestlilium.com

桐島 りらきりしま     
・世界の端っことあんずジャム 基本データ
www.wwwbestlilium.com

金田一 蓮十郎きんだいち れんじゅうろう
ライアー×ライアー 基本データ
www.wwwbestlilium.com

くまがい 杏子        きょうこ
・放課後オレンジ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

呉 由姫 くれ ゆき(原案:ルビー・バーティー
金色のコルダ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

幸田 もも子 こうだ ももこ
ヒロイン失格 基本データ
www.wwwbestlilium.com

小玉 ユキこだま ゆき
坂道のアポロン 基本データ
www.wwwbestlilium.com
月影ベイベ 基本データwww.wwwbestlilium.com

小村 あゆみこむら    
・ミックスベジタブル 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・神様のえこひいき 基本データ
www.wwwbestlilium.com

紺野 りさこんの    
・胸が鳴るのは君のせい 基本データ
www.wwwbestlilium.com
さ行
酒井 まゆさかい    
・ロッキン★ヘブン 基本データ
www.wwwbestlilium.com

咲坂 伊緒さきさか いお
ストロボ・エッジ 基本データwww.wwwbestlilium.com
アオハライド 基本データ
www.wwwbestlilium.com

栄羽 弥さこう  わたり
・コスプレ★アニマル 基本データ
www.wwwbestlilium.com

佐藤 ざくりさとう      
・おバカちゃん、恋語りき 基本データ
www.wwwbestlilium.com

椎名 軽穂しいな かるほ
君に届け 基本データ
www.wwwbestlilium.com

師走 ゆきしわす   
高嶺と花 基本データ
www.wwwbestlilium.com

末次 由紀すえつぐ ゆき
・Only You ー翔べない翼ー 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・エデンの花 基本データ
www.wwwbestlilium.com

杉山 美和子すぎやま みわこ
・花にけだもの 基本データ
www.wwwbestlilium.com

清野 静流せいの しずる
・純愛特攻隊長!+ 本気 基本データ
www.wwwbestlilium.com

た行
タアモ
たいようのいえ 基本データwww.wwwbestlilium.com
・地球のおわりは恋のはじまり 基本データ
www.wwwbestlilium.com

高須賀 由枝たかすか ゆえ
グッドモーニング・コール 基本データ
www.wwwbestlilium.com

田中 メカたなか    
キスよりも早く 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ぢゅん子ぢゅんこ
私がモテてどうすんだ 基本データ
www.wwwbestlilium.com

椿 いづみつばき いづみ
親指からロマンス 基本データ
www.wwwbestlilium.com
桃森 ミヨシとうもり みよし
ハツカレ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
悪魔とラブソング 基本データ
www.wwwbestlilium.com

時計野 はりとけいの   
・お兄ちゃんと一緒 基本データ
www.wwwbestlilium.com

な行
ななじ 眺      ながむ
・パフェちっく! 基本データ
www.wwwbestlilium.com

那波 マオななみ   
3D彼女 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南波 あつこなんば      
スプラウト 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・隣のあたし 基本データ
www.wwwbestlilium.com

は行
葉月 かなえはづき     
好きっていいなよ。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

八田 鮎子はった あゆこ
オオカミ少女と黒王子 基本データ
www.wwwbestlilium.com

葉鳥 ビスコはとり      
桜蘭高校ホスト部 基本データ
www.wwwbestlilium.com

春田 ななはるた    
・スターダスト★ウインク 基本データ
www.wwwbestlilium.com

晴海 ひつじはるみ      
・斎王寺兄弟に困らされるのも悪くない 基本データ
www.wwwbestlilium.com

樋野 まつりひの     
とらわれの身の上 基本データ
www.wwwbestlilium.com
めるぷり 基本データ
www.wwwbestlilium.com

平間 要ひらま かなめ
ぽちゃまに 基本データ
www.wwwbestlilium.com

福山 リョウコふくやま       
悩殺ジャンキー 基本データ
www.wwwbestlilium.com
モノクロ少年少女 基本データ
www.wwwbestlilium.com

藤沢 志月ふじさわ しづき
・キミのとなりで青春中。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

星森 ゆきもほしもり      
ういらぶ。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ま行
みきもと 凜     りん
近キョリ恋愛 基本データ
www.wwwbestlilium.com
きょうのキラ君 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水野 十子みずの とおこ(原案:ルビー・バーティー
遙かなる時空の中で 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水瀬 藍みなせ あい
・なみだうさぎ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ハチミツにはつこい 基本データ
www.wwwbestlilium.com

水波 風南みなみ かなん
・レンアイ至上主義 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南 塔子みなみ とうこ
・360°マテリアル 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・ReReハロ 基本データ
www.wwwbestlilium.com
・テリトリーMの住人 基本データ
www.wwwbestlilium.com

南 マキみなみ     
・S・A(スペシャル・エー) 基本データ
www.wwwbestlilium.com

森下 suuもりした すう
・日々蝶々 基本データ
www.wwwbestlilium.com

や・ら・わ行
山田 デイジーやまだ     
・初恋はじめました。 基本データ
www.wwwbestlilium.com

山田 南平やまだ なんぺい
・空色海岸 基本データ
www.wwwbestlilium.com

やまもり 三香やまもり みか
ひるなかの流星 基本データ
www.wwwbestlilium.com
椿町ロンリープラネット 基本データ
www.wwwbestlilium.com

吉住 渉よしずみ わたる
ミントな僕ら 基本データ
www.wwwbestlilium.com
ちとせetc. 基本データ
www.wwwbestlilium.com

ろびこ
となりの怪物くん 基本データ
www.wwwbestlilium.com
僕と君の大切な話 基本データ
www.wwwbestlilium.com

渡辺 あゆわたなべ あゆ
・L♥DK L・DK(エルディーケー) 基本データ
www.wwwbestlilium.com

友情・努力・勝利、の努力の部分が抜けているから、結果だけ見せられても ポカーン。

GET LOVE!!(7) (フラワーコミックス)
池山田 剛(いけやまだ ごう)
GET LOVE!! ~フィールドの王子さま~
第07巻評価:★★★(6点)
 総合評価:★★★(6点)
 

新キャプテンになった相楽(さがら)。お祝いの宴会の翌日、相楽が目覚めると隣にハダカの美樹が!まさか酔った勢いで××しちゃった!?超男前な相楽のプロポーズにドキドキ。ラブ&感動いっぱいのクライマックス!●収録作品/「GETLOVE!!~フィ―ルドの王子さま」~/GAME.26~28番外編/「CHRISTMAS!!」/「VALENTINE!!」/「GETWEDDING!!」

簡潔完結感想文

  • エースの遅刻は相手校へのハンデ。小中学生向け漫画に敗北の2文字はない。
  • マドンナの美樹 動揺に、相楽も部員から愛されている。でも、これでいいの…?
  • 1年後、5年後、時間跳躍がいっぱい。経歴だけは華やかになっていくけど…。

放送が意図的なのか、アイデアの枯渇なのかで評価が違う 最終7巻。

本書は徹底的にヒロインの美樹(みき)が、サッカー部のマドンナとして、
イケメン部員から ちやほやされる物語であった。
それが読者の承認欲求を満たすシステムである。

そして最終巻で実はヒーローの相楽(さがら)も男マドンナだということが判明する(私がようやく理解した)。
部員たちは、彼らカップル2人の行動や決断に絶対に文句を言わない。

それが本書に良い雰囲気を醸し出しているのは分かるが、
最終巻の展開は、疑問を持たざるを得ない。

相楽の行動は確かに格好良い。
彼が迷いなく告げる自分の中の結論は、美樹にとって この上なく嬉しいものだろう。

だが その際の相楽の独断や暴走の何もかもを部員たちが許す雰囲気は違和感が残る。
個人競技でなら責任の取り方があるのは分かるが、
チーム競技であるサッカーで、こんなことをしたら他の部員たちの将来や夢を潰すことになるだろう。

これまではバカップルの行動も生温かく見れていたが、
カップルが絶対に否定されない、異論を一切許さない雰囲気は気持ち悪く感じた。

作者の中で、相楽には まだ1年あって、2年生時にこういう結末を迎えても、
まだ作者が描く幸せなゴールには差し支えないという相楽中心主義があるような気がしてならない。

また、この相楽の行動や話の結末が『2巻』の1話目と同じなのも気になるところ。
私は作者を信頼しているので(短期)連載の始まった話と、
ラストの展開をダブらせるという手法を採ったとは思うが、
同じことを全然 意味合いの違う試合(練習試合と地区大会決勝)でやってしまうのは短慮ではないか。
しかも乱闘シーンは『2巻』の時の方が勢いがあったのも残念だった。


た本編最終回の展開も、作者の構成に疑問を感じた。
本書は決してスポーツ漫画ではないのに、スポーツ漫画のテンプレ展開を強引にやろうとする力技だけが目立った。

ご自身で仰っている通り、作者は少年漫画のヒーロー(と作風)が好きなのだろう。
そんな少年漫画のテンプレ展開を、最終回では駆け足でやっているから説得力に欠ける。

この『7巻』では相楽が2年生と3年生の時の2つの大会が描かれている。
ネタバレになるが作者としては3年生のラストチャンスで相楽とチームが栄光を掴む、
という少年誌風の大団円がやりたかったのだろう。

だが、スポーツ漫画に特化している訳ではない本書では その過程がまるでない。
特に相楽が3年生の新チームは その布陣や戦力、チームが強くなる描写がないままで、
「1年後」というモノローグだけで「全国大会」の決勝戦まで進んでしまっている。

愛読者には見逃せない場面ばかりが続く「1年後」。作者は相楽がゴールすれば それでいいのだろう。

2年生の時に地区大会で優勝しているから、重複を避けるためにも、
3年生はその先の全国大会を描く、という考え方なのかもしれないが、
レギュラーメンバーが変わった1年後に、何の苦労も描かれずに決勝戦までスキップし、
そこで優勝しました、と言われても何の感動もない。

これまで愛読してきた少年漫画の展開を少女漫画に上手く融合させている部分の方が多かったが、
ラストの展開は、その融合が裏目に出たような気がしてならない。

これなら2年生時の地区大会優勝から駒を進めて、全国大会でも優勝する方が何倍も良かった。
せっかくレギュラーメンバーをたくさん出してきたのに、
優勝を誰がいるのか分からない顔ぶれで叶えてしまうのは落胆しかない。

確かに主人公が最終学年の3年生で優勝するのは少年漫画ではよくあるが、
それなら1年間 チームの結束力が増すエピソードを用意しなければならない。

作者の望むゴールのために、ドタバタと駆け足で駆け抜けた印象ばかりが残る。
描きたいことを描けて作者は本望だろうが、自己満足という言葉が脳裏を横切ってしまった…。


2年生の地区大会決勝戦当日、子どもを助けるために身を挺した相楽は気を失う。
目覚めたのは病院だが、テレビ中継で試合が始まっている。
会場に急ぐ相楽を意外な人が手助けするのだが…。
ここも相楽は男も惚れる男という場面だろう。

ここ、意外な人すぎて誰だか判別がつかなかったので 何の感慨も湧かなかった。
再読している今回は、あぁ前半で出てきた あの人かと分かるが、
似たようなキャラばかりの本書では、ポカンとするばかりの再登場だった。


会場に現れない相楽を、前半終了時に美樹が探しに出てしまうが、
ハーフタイムこそマネージャーの仕事がいっぱいあるのでは、と思ってしまう。
少女漫画とはいえ、こういう責任放棄の身勝手な行動が好きになれない。


場に到着した相楽は後半から出場。
相楽が遅刻するのは名門校・城南(じょうなん)へのハンデでしょうね。
最強の相楽ー穂高ラインが完成してしまった この学校に隙はない。
その証拠に後半開始15秒で得点している。

焦りから城南は汚い手段に出る。
作者お得意の悪役のラフプレー。
穂高の古傷 右脚を狙うが、それを相楽が身を挺して守る。
今日の相楽は満身創痍である。
誰が本物のヒーローであるかを再確認して、試合は終了する。

この場面、縁起でもないことを言えば、精密な検査をしなかった相楽が、
試合後に頭痛に悩まされ、そのまま…という展開も可能だっただろう。
読者から非難轟々だろうけど。


かし城南の生徒たちは負けた腹いせに美樹を拉致監禁してしまう。
集団で美樹を囲い、彼女に乱暴を働こうとする。
本書の2作後の『うわさの翠くん!!』でも競技場ではハレンチな行為が続出したが、それは第1長編からの慣例らしい。
こういう描写がサッカー競技の誇りを汚すということになると思うのだが…。

この拉致は勿論、ピンチの演出。
サッカーの活躍ではない、彼女を助けに来るヒーローの活躍を描きたいのだろう。

だが相楽が先に相手校選手に暴力を振るったため、
それを城南は、全国大会への道が閉ざされる脅迫材料にする。

しかし相楽はその言動に反抗しない。
それで美樹を守れないのなら、進んで権利を放棄するという。
相楽はサッカーが大好きだが、美樹以上に大切なものはない。

やがて双方の部員が入り交じっての大乱闘となり、この件は警察沙汰になってしまう。
だが どこまでも優しいチームメイトは相楽の全ての行動を許す。

この騒動は、結果的にサッカー部に停部が下されることになった。
それにより決まっていたはずの全国大会にも出場できなかったようだ。

ここまでの騒動が、上記の通り、相楽中心主義に思えて疑問に思う部分。
全体主義というか批判は一切ないこと自体が気持ち悪い。

良い話すぎて得体のしれない気持ち悪さが生まれてしまった。行きたかったな、このチームで全国大会…。

かし暴力事件で停部となっても、飲酒は止めない部員たち。
ここも大いに疑問。
作者の、高校生たちの飲酒に対する変な こだわりはなんなんでしょうね。
酒で動かした話が結構あるから、純情な2人を動かす便利な道具なのでしょうね。
でも暴力事件の後でも飲酒するのは反省がないという感じを受ける。

相楽の飲酒シーンは初めてでしょうか。
頭からビールを被った相楽は、おもむろに服を脱ぎ、美樹を抱きしめて離さない。

目が覚めた時は「朝チュン」状態で、昨夜の記憶が全くない。
酔って一線を越えてしまったと思った相楽は、美樹の家に赴き、
「守山(もりやま・美樹の名字)をオレにくださいっ」と彼女の家族に結婚の許可を求めていった。

この騒動はサッカー部の伝説級の笑い話となるが、相楽の気持ちは本気であった。
酔って美樹を傷物にしたことで、彼は自分の人生を美樹に捧げる覚悟が生まれた。
暴力事件といい、極端だが、相楽の結論は明快で良いですね。

そして時間跳躍で1年後、3年生となった相楽は全国大会決勝を迎えていた。
この時は相楽の2歳年下の弟・ヒカリが入部している。
そして相楽はこの1年で背が伸びて美樹よりも大きくなっていることにも注目。

3年生の描写はちょっと駆け足だが、その辺のフォローは番外編でされている。

「CHRISTMAS!!」…
美樹とのクリスマスのためにケーキ屋でバイトしていた相楽。
そこで美樹もバイトを始めると…。
美樹がマドンナだってだけの話です。
見ようによっては部員から巻き上げた金で、2人だけのクリスマスを楽しんでいるようにも見える。

「VALENTINE!!」…
バレンタインに部員たちにチョコを渡す美樹はセクハラを受ける、という話?

「GET WEDDING!!」…
相楽が美樹よりも背が大きくなった高校3年生以降のお話。
ここは読者が読みたかった部分であり、痒い所に手が届いている。

メインは3年生での3回目最後の文化祭の話である。
美樹と相楽が出場するカップル選手権の模様を描く。
いつぞやの体育祭の競技と同じように相楽は出たがらないが(『2巻』)、
サッカー部員の誘導にまんまと引っ掛かり出場することになった。

だが美樹は優勝を意気込むばかりで空回りして、競技で散々 失敗してしまう。
背が伸びるに比例して、学校でも有数の有名人となった相楽の彼女として恥ずかしく思う。

そんな彼女をフォローする相楽の言動は3年間の集大成といった感じ。
背が小さくても大きくても、相楽の精神的な格好良さは変わらない。

そして文化祭での擬似結婚式から5年後、2人は本当に結婚式を挙げる。
夫婦となって、同姓になったため相楽は美樹を名前で呼ぶ。
恥ずかしくて名前を呼べなかった相楽が、いよいよ美樹の名前を呼ぶ場面をここで持ってくるとは。
じっくり練っただけあって、とても良いシーンである。

大人になった相楽は、いつぞやの美樹の夢(『3巻』短期連載最終回)
までは大きくないが美樹より身長が高い(高校3年生バージョンと変わらない?)。

男性の方が背が小さい少女漫画でも最後は逆転するのは よくある話。
特に小中学生向けの作品ではヒーローの最後の覚醒や時間経過の表現として描かれることが多い。
以前 読んだ同じ掲載誌「少女コミックSho-Comi」の とある作品もラストでグッと背が伸びていたなぁ。

5年後の相楽は「穂高とコンビでJリーグのスター選手」。
美樹の究極の青田買いに成功した、といったところか。
彼女自身は看護師になり、一男一女に恵まれる1コマで物語は終わる。
もしや数度にわたるナースのコスプレもこのための伏線だったのか⁉
まぁ 美樹はずっと聖母として描かれているので看護師も納得の進路かな。

2人の間に生まれた息子は2作後の長編『うわさの翠くん!!』で登場する。
読者サービスのようなキャラなので そこまで目立った活躍はなかったような(記憶にない)。

メイン読者は小中学生だから過激な描写には走れないが、妄想や作中作ならグレーゾーン。

GET LOVE!!(6) (フラワーコミックス)
池山田 剛(いけやまだ ごう)
GET LOVE!! ~フィールドの王子さま~
第06巻評価:★★★(6点)
 総合評価:★★★(6点)
 

サッカー部夏合宿も終わり、相楽(さがら)の誕生日がやってきた。相楽からお泊まり旅行に誘われた美樹(みき)は、「いよいよ…」とHな妄想でいっぱいになっちゃって?美樹と相楽の愛が最高に熱い夏山遭難・里帰り編の他、穂高告白編、あの伝説のぶっとびよみきり「妄想乙女」等収録。●収録作品/「GETLOVE!!~フィールドの王子さま~」GAME.22~25/「妄想乙女」

簡潔完結感想文

  • 少女漫画の山といえば遭難。お約束の展開から逃れようとして逃れられない2人が面白い。
  • お盆に田舎に帰る。巻末の展開といい、どうも名作漫画のパク…、オマージュな既視感。
  • 新学期。最強の新入部員が加入しクライマックスへ。女性を物として扱う展開がお好き?

女に妄想させておけばページは埋まる、の 6巻。

本編も、巻末の読切短編も作中作が過激だった。
これは作者がギリギリの線を狙ったのかな、と思う。
2004年前後の、過激でなければ生き残れなかっただろう「少女漫画」戦線で、
読者のことを考え、メインキャラを傷物・見世物にするわけにはいかない中で生み出した妥協案が、作中作ではないか。

読者は編集者のニーズに応えつつ、内容で勝負するという作者の矜持は最後まで保っている。
これをプロと言わずして何と言うのか。

作者の第一長編となった本書だが、
読切短編から始まって、短期連載・長期連載と作品の描き方が変わっていく中で、
その僥倖を活用すべく、柔軟に対応して内容を拡げていったこと、
そしてエロのラインを不用意に下劣にしないことなど、作者の対応力が光っている。

初めて連載を持った作家さんが まず超えるべきハードルは長編化で作品の質を維持できるか、だろう。
私はこういう新人作家さんならではの連載への情熱・熱量や成長を感じられる部分が大好きだ。
これまで読んできた作品の中でも、
長編化の機会を上手く活用できた人、できなかった人は明確に分かれており、
それが人気作家と それ以外の差であると思う。
毎度、結果を残さなければならない厳しい世界の中を生きているんだなぁ、と改めて漫画家さんを尊敬する。


巻に引き続き夏休みの合宿回。
サッカー部一行はランニングで山の上に来た。
だが少女漫画の山は遭難が鉄則。
やはり美樹と相楽は遭難してしまうが…。

どうせ遭難してしまうのが少女漫画の宿命なら、それまでにどれだけオリジナリティを出せるかが勝負。

そこからは お約束を絶対にしてしまうラブコメ、の始まりです。
お約束というのは定番になり得るだけの面白さやドキドキがあることを再確認する。

遭難は美樹が川に落ちるのを相楽が助けたことから始まる。
そうして体温の低下を濡れた服を脱ぎ2人で温め合う、というお約束になるのだが、
2人は恥じらいを優先してしまう。

やがて相楽が熱を出して、美樹が看病する。
ここで美樹が恥じらいを捨て相楽の服を脱がすことで、
相楽がどれだけ身を挺して自分を守っていたかを理解する、という水面下の相楽の努力が分かる仕組みが良い。

遭難回のマンネリを逆手に取りつつ、笑いと愛に転換していく技量が素晴らしい。


いてはお盆に田舎に帰る相楽一家に同行する美樹を描く。

こうして親族一同に挨拶したということは少女漫画では結婚一直線ですね。

それなのに どうして美樹が家族との帰省を「エッチのお誘い」と取るのかは謎です。
作中作で過激なシーンを描いたり、女性側の赤裸々な悩みを ぶしつけに描いたりする点は、やはり品を感じない。
エロ関連のシーンを入れることでページを埋めようとしているように見える。

そもそも相楽の父親と会うだけで緊張のシーンだと思うが、その場面はスルー。
ことごとく「大人」を排除した作品だと思わされる。

ちなみに「少女漫画あるある」としては、
少女漫画に出てくる車、上手に描けている方が少ない、ですかね。
作家やアシスタントの方々も少女漫画では車を上手く描くのは特に必要のないスキルなんでしょうね。

父親は登場しない代わりに、今は亡き相楽の母との対面シーンがある。
墓前で嘘はつけない、も少女漫画、というか人間のルールです。

相楽が母に伝える一言一句が、美樹と読者の胸に刺さる。


うして夏休み編が終わって、新学期。
そこから穂高がサッカー部に正式入部することになる。
穂高の加入によって、チーム全体、そして相楽のスキルアップとなる。
いよいよサッカー漫画として大詰めを迎えようとしている。

穂高も部員たちに歓迎され、1回戦は快勝。
そこに立ちはだかるのが、穂高を追放した学校・城南(じょうなん)大付属のサッカー部員たち。

出ました、性格悪い方のサッカープレイヤー。
元チームメイトは、穂高の過去を暴き、彼の行動は自分たちへの復讐だと吹き込む。

それを聞いた美樹は、穂高の怪我の真相に衝撃を受け、相楽は そんなことができる人間を信じられない。
彼は相手の襟を掴み、今にも殴りかかりそうになるが、実際に殴ったのは美樹。

そして美樹は相手校の選手と口論となり、いつの間にか城南との勝負で美樹のカラダが優勝賞品と化してしまう。

これは美樹の貞操の危機が相楽の潜在能力を引き出すためと分かっているが、
やはりオヤジ的な発想と思えてしまう。
美樹が自分を商品とされることに生理的に嫌悪していないように見えるのがダメなのか。

とはいえ、こうして城南との因縁ができて、負けられない理由も出来た。
穂高もこれで復讐ではなく美樹のためと心を切り替えるキッカケとなっただろう。
相楽も穂高も一心不乱に試合に集中できたとは言えるのだけど。

そういえば美樹って、大抵の初対面の人から容姿を一目で認められてますよね。
作中では美樹の美人設定を強く押し出している訳ではないが、
こういう反応から美樹の容姿は かなり良いことが伝わってくる。

著しい論理の飛躍が見られるが、勢いで読者が納得すれば それでいい。男は全員ケダモノだもの。

して負けられない相楽たちは無事 決勝戦に進出する。
この頃には穂高も部員たちを全面的に信頼している。
彼を更生させたのは相楽たち、本気でサッカーを好きな部員だろう。

そして穂高は相楽のことも認めている。
一度 大きな過ちを犯した自分は、男として相楽に絶対に勝てないと思い知っている。
だから決勝を前に美樹と決別の抱擁をしてもらった。

この三角関係(にもなってないけど)は、割とあっさりと終わりましたね。
これでは先輩方の茶々とあまり変わらない。
もっと穂高にしかできないトリックプレーが見られると思ったのに。

こうして万全な体制が整ったサッカー部だったが、
試合当日の朝、相楽は階段から落ちそうな子供を助けるために自分が犠牲になってしまう。

なんだか、あだち充さん『タッチ』を読んでいる気分。
というか全体的に(おそらく)作者世代の名作に影響を受けているんじゃないかと感じる。
まぁ、そうやって漫画文化が継承・発展していくんでしょうけど。

すごい場面で終わって、以下 次巻。

「妄想乙女 モウソウバージン」…
女子高生漫画家の藤波(ふじなみちひろちひろ は、
青年誌に豪田剛(ごうだつよし)の名で「エッチなまんが」を連載している。
彼女の創作力は、キスもしていない彼氏・泉(いずみ)くん との妄想。
漫画家であることも、モデルにしていることも秘密の交際は やがて破綻して…。

まさに作品自体が妄想で出来ていると言える。

泉くんがツンデレ的に優しいのは分かるが、
彼が ちひろ をどうして好きなのかが割愛されているから、
単に何をしても許されるヒロインになっているのが残念。
ページ数的に厳しいとは思うが、もうちょっと泉への描写が欲しかったところ。

そして担当編集者は色々な意味でアウト。
未成年じゃなくても、担当者に手を出す時点でプロではない。
これは作者の願望まじりの妄想⁉、とか考えるのは作者に失礼か。