《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

絶対悪を討つために本来 ライバルの男性2人が結託する展開は、萌えの基本です。

うわさの翠くん!!(6) (フラワーコミックス)
池山田 剛(いけやまだ ごう)
うわさの翠くん!!(うわさのみどりくん!!)
第06巻評価:★★☆(5点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

翠を守るために開鳴高校との試合にわざと負けた司(つかさ)。心配した翠は司の元へ。眠ってしまった翠を青葉荘に送り届けた司はカズマに「次の試合、神保から翠を守れ」と告げて…!?

簡潔完結感想文

  • 司の言う言う詐欺。トラウマある人特有の言いかけて止めるを繰り返す かまってちゃん。
  • バトンタッチ儀式。お姫様抱っこの翠を受け渡し。彼女を守るために努力を重ねるカズマ。
  • 君を守るため、そのためにフィールドにいるんだ。その為なら怪我で意識を失くしても…。

けてしまった戦いと、負けられない戦いが交差する 6巻。

2人の男性が、次の戦いのためにパワーアップする修行の巻。

その1人、司(つかさ)は、彼が大事に想う翠が女性であることを知った神保(じんぼ)の脅迫によって、
八百長試合をせざるを得ずインターハイ予選で敗北してしまった。

彼はエースであること、勝利し続けることが存在理由だったため、
司は敗北によって学校に居られないと退学を申し出る…。

それは学校の理事長との契約の破棄でもあった。

どうやら司は生活の保証などと引き換えに、
どんな手を使ってもサッカーでの勝利を義務付けられていたらしい。

ここにも司を悪の道に引きずり込む人がいましたね。
金持ちが名声を得るための道具として司は飼い慣らされていたのだ。

だが翠との再会は司の更生の光となり、司は彼女にフェアプレイを約束した。
そして、今回の敗北もまた翠を守るためであった。

理事長との約束を違えた司は学校の退学を望むほど、
翠に捧げた信念を徹底的に守ろうとする。
これは司の更生完了の最後の一歩かもしれません。

今回の司の退学騒動で司の学校はチームとしての結束と、更なる飛躍を誓う。
常勝の学校にとっては予選での敗北は痛手だが、チームを鍛え上げる契機となったようだ。

この辺はスポーツ漫画らしい展開で本当に良いですね。

何度も言いますが、これでもっと試合の描写にリアリティがあれば、
恋愛とスポーツの高い次元での融合を果たした漫画になったのに…。


して、パワーアップを誓うのは翠の高校も同じ。

特に翠は、司のリベンジも込めて並々ならぬ闘志で試合に臨む。

だが、そんな翠よりも高い付加を自分に課すのが、もう一人の主役男性・カズマ。

彼は、次の対戦相手の神保が、翠の秘密を握っていると司から忠告を受けていた。
神保に負けないスキルを身に付けるため、翠にも秘密で特訓を開始する。

ここでは翠という姫を守るための騎士(ナイト)たちが一時的に志を同じにする。

負けることが翠を守ることだった司、
チームメイトとしてフィールド内で神保の毒牙から彼女を守ろうと誓うカズマ。

2人の翠への真剣な気持ちも いよいよ隠すことなく表れ、そして拮抗していく。

翠は知る由もないが、男性がライバル心を克服して、
情報を共有、そして共闘したからこそ彼女はフィールドに立ち続けられているのだ。

この場面、眠った翠を いわゆる「お姫様抱っこ」している司から、
カズマがその姿勢のまま翠を受け取る場面が全てを象徴していますね。

なんだかんだ言って翠は愛されヒロインなんですよね。

f:id:best_lilium222:20210310181206p:plainf:id:best_lilium222:20210310181203p:plain
(右)胸倉を掴んだだけで謎の血しぶき演出。そして翠は足を支えてもらえてないが…。

また、カズマの特訓が、翠の怪我の完治のための休息と重なっている構成が憎い。

男は黙って修行、である。
カズマのこういう実直さは本当に素晴らしいですね。

そして司との対比も素晴らしい。
この練習でカズマは、自分には司や翠ほどの天性の才能やセンスもないと自己分析している。

カズマはなりたい自分になるために、例えなれなくても、努力を惜しまない天才である。
それでも努力をし続けるのは、翠を想う力が誰にも負けないから。

弱いことを認める痛みは、強くなるために必要、と『4巻』で品川(しながわ)先輩も言っていたが、
カズマは少しずつ強くなっている。

そんなカズマの人知れず重ねる努力を翠が見ることで、
カズマもまた彼女にとって尊敬する人となる。


しかし品川先輩は、どんな秘密も筒抜けですね。
これは司の学校の後輩・潤(じゅん)と同じ物語を全て見通すポジションだろうか。

重要な役を担ってそうで何もないのも同じ。
単純に彼らは相手を人として信頼しているということか。


うして本書最大の卑劣漢・神保との戦いの火蓋は切られた。

神保は翠の性別と怪我、2つの急所を知っている。
翠は試合開始と共に神保に急所を指摘され委縮してしまう。

執拗に翠を狙う神保。
そんな神保の攻撃から翠を守るカズマだったが、ボールが直撃し怪我を負う

カズマが翠を守る直前まで、
司と戦いたい翠の願いを叶えさせたいと思っており、
自分の名誉や怪我などは一切考えないのがカズマらしい愚直さですね。

f:id:best_lilium222:20210310181140p:plainf:id:best_lilium222:20210310181138p:plain
オレの想いと君の願いは交差していなくても、君の願いだけでも叶えたいから…。

怪我の場所は またもや おでこの右側、まぶた付近からの出血。
これは『2巻』で司にやられた場所とほぼ同じ。
不良だった かつての司と、現役の不良の卑劣さをダブらせる演出なのか??


残念なのは対神保のカズマの特訓の成果が、試合中に発揮されなかったこと。
カズマの努力は描けたが、神保に一泡吹かせて欲しかったかな。


にしても、相変わらず試合中にイチャついたり、
ロッカールームは男女の交わりの場になったりしている本書。

今回の試合では、一人でゴール前に走っているカズマが
急にジャンピングボレーシュートを放ったのには唖然とした。
自分でボールを浮かして、そこにボレーをしたの??
ちょっと意味の分からない展開が多い。


そして翠のあざとさが全開ですね。

パフェに入っていたアルコールで酔って(酔ったふり疑惑すら浮かぶ)、
呂律の回らない甘ったるい声で司に本音を話したり、
カズマの前で服を脱ぎだしたりと、男心を弄(もてあそ)ぶことにかけては超一流。

そして翌日は登った木に引っ掛かって降りれなくなる天然っぷりを発揮。

スポーツ少年の一面がない、単なる愛され女性だったら読者から嫌われまくったでしょうね。


再度、気になったのは相変わらず胸倉を掴んだり、
ボールを取り返すだけの場面で飛び散る血しぶきのような演出。

特訓時、品川先輩からカズマがボールを取る場面で血しぶき演出が出てくるから、
品川先輩が怪我しちゃったのかと思ったよ…。
紛らわしい。