《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

主人公カップルのイチャイチャは オマケです。偉い人も それは分かっとるんです!

好きっていいなよ。(7) (デザートコミックス)
葉月かなえ(はづき かなえ)
好きっていいなよ。(すきっていいなよ。)
第07巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

明日のあたしはどんな顔してるんだろう……? ――黒沢大和(くろさわやまと)とつきあって1年が経った橘(たちばな)めい。大和の友達・海(かい)から突然告白されて戸惑うものの、むしろ一段と大和との絆が深まることに。逆に、めいを陥れようとしていためぐみは次第に孤立し始めていた。そして1年記念の1泊旅行でめいは大和と……? 大人気、リアル初恋ストーリー!!

簡潔完結感想文

  • 遊園地お泊りデートも夏祭り浴衣デートも主人公カップルのための装置。実質の主人公は別の人…。
  • 愛され主人公よりも努力している読モの めぐみ。本書の半分は彼女で成立していると言ってもいい。
  • イジメ ルーレットの再抽選。悪貨は良貨を駆逐する。崩れない防波堤になるにはどうしたらいい…?

者の描きたいことは既に主人公カップルのことではなくなっている 7巻。

どう考えても『7巻』の主人公も読者モデルの北川(きたがわ)めぐみ です。

この主人公の すげ替え問題に関しては『6巻』の感想で、
長々書いているので そちらも参照して頂きたいと思います。

『1巻』1話で めい に幸せが訪れてしまったのは本書の構造的欠陥かもしれません。

本来なら もっと長く めい の受難の日々を描いて大和と結ばれる日が来るのが適当だったが、
読者の興味と惹かせ、連載への満足感を引き出すために、多少強引でも早めに両想いにしてしまったのだろう。

しかも めい は物分かりが良すぎる人に急速に成長し、もはや少しのことでは動じなくなってしまった。

そこで新たなイジメの対象として選ばれたのが、当初はイジメる側だった めぐみ。

日々、人間関係の力学が更新される学校と言う限定された場所や、
更には信憑性すら怪しい噂・罵詈雑言が繰り広げられるネット世界までイジメの空間は広がる。

それに打ってつけなのが有名人、イジメの主導者、裸の王様だった めぐみ なのだ。

劇的に変わる彼女への周囲の評価、そして彼女の覚悟と経験を経て得たもの。
それらが描かれるのが『7巻』だ。

ただ、めぐみ の問題に力を入れ過ぎている。

『1巻』から群像劇の様相は呈していたが、
実質 めぐみ が物語を3巻分ぐらい動かし続けている。

相対的に主人公たちの魅力・興味が逓減(ていげん)していっているのも事実。

そんなことは作者も百も承知のようで…。


者は読者から めい たちを描け、とか違う漫画じゃん!と
ネットで言われないように話の構成をコントロールしている。

『6巻』から続くお泊り遊園地デート回でイチャイチャさせ、
夏祭り回で出店で遊んだり、めい に浴衣を着せて大和を見惚れさせたりしている。

だが、率直に言えば それは めぐみメイン回の比率を下げるために創出された箸休め回である。

凄く練られた話でもないし、作者の主張も弱め。
むしろ、めぐみ がいなかったら、こんな季節のイベントを絡めた毒にも薬にもならない話が続いていたのだろうか。

全体的に、主人公カップルの お話は「ちょっといい話」でしかないのだ。

つくづく めい の牙が早々に抜かれてしまったことが惜しい。
もっと自己主張して、もっと風変わりな人として物語を支えて欲しかった。

大和も人間性の浅さが露呈して久しいし、主人公たちの魅力に乏しい。

めい と めぐみ 2人体制の主人公と言っても過言ではない彼らが、
どちらもシングルマザーに育てられているというのは作者の体験からか。

母たちがいつも娘の恋や仕事を応援してくれているのは、
そうであって欲しかった あの頃の作者の願望も少なからず投影しているのだろう。

f:id:best_lilium222:20210111211252p:plainf:id:best_lilium222:20210111211249p:plain
なぜ携帯電話を使わない、とかは禁句。彼にだけ見せる浴衣姿に価値は出るのだから。

人公カップルの高値安定、逆に言えば新たな展望が見えてこないから、
ここはいっそのこと、めい が成長し、大和の薄っぺらい態度を凌駕するだけの精神性を身に着け、

大和には世界を広げてくれたことには感謝してるけど、
恋愛感情は薄れていく、みたいな めい の変化する心と別れが描かれたりしたら面白いのだけど、
一度カップリングされた人たちは別れないのが本書だからなぁ。

主人公たちを結びつけるエピソードが最初っから足りなかったのが残念。


つくづく残念なのは、今回の めぐみ の孤立と再生を めい が演じればよかったのにということ。

めい にも めぐみ における小学生以来の親友・ももちゃん みたいな人が存在して、
高校生活の中で一度は離反するけど、
めい のことを好きになった まだ交際前の大和が両者を取り結ぶ、という展開なら、
めい の再生も、そして大和の めい への本気度も描けたのではないか。

f:id:best_lilium222:20210111211328p:plainf:id:best_lilium222:20210111211325p:plain
大和の久々の活躍シーン。こういう度量と優しさを最初から見せて欲しかったなぁ…。

2人の恋愛をゆっくり丁寧に描いていれば、また違った評価だったんだろうなぁ。
新人漫画家には長期連載への確約がないとはいえ、序盤の展開は雑過ぎる。


しかし この学校、相変わらず治安が悪い。

そして相変わらず説教臭いセリフの連続ではあるが、
本書を読んで、リアルの世界でのイジメの発生を思いとどまってくれる人が
1人でもいるといいな、と願うばかり。

それは大変 勇気のいることだと思うけれど。

好きっていいなよ。(7) (KC デザート)

好きっていいなよ。(7) (KC デザート)