《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

悟りを開いて結跏趺坐(けっかふざ)の主人公に代わって、悪役が物語をかき乱す。

好きっていいなよ。(6) (デザートコミックス)
葉月かなえ(はづき かなえ)
好きっていいなよ。(すきっていいなよ。)
第06巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

まえとは違うあたしの声、伝わってるでしょう? ――学校一のモテ男・黒沢大和(くろさわやまと)とつきあい中の橘(たちばな)めい。なかなか自信が持てないでいためいは、めぐみの策もあって大和やみんなとすれ違い、人を失う怖さに足がすくんでしまう。そんなめいは海(かい)の励ましのおかげで、再び積極的になれるのだけど、海から思いもよらない話が……!? 大人気、リアル初恋ストーリー!!

簡潔完結感想文

  • 海。親友に遠慮することなく好意を伝える男気。大和もまた恐れるべき相手ではないのだ。
  • めぐみ。努力は必ず報われる。モデルの地位も女性の幸せもフライングゲットだよッ!
  • 大和。殴りかかったのに殴られる。次の話で何事もないかのように遊園地デート。ダサッ!

クールカーストの身分を自分の努力で変革していく 6巻。

相変わらず転校生の めぐみ、訳あり新入生の海(かい)の話が続く。

めぐみ の暗躍期間も長く、ちょっと冗長かな、と思うところもあるが、
作者としては、早くも物事を悟りきってしまい、
個性がなくなった めい よりも動かしやすい人なんだろうな、と思う。

実際、めぐみ というキャラを登場させなかったら この辺りで本書は息切れしていただろう。
更に後半は、もう別の漫画にすればいいのに、と思うほど めぐみ特集が組まれる。

体感としては半分ぐらいは めぐみ の物語なんじゃないかと思うほど。

めぐみ は 長短 どちらの意味でも向上心をもって動いてくれる人だから、
物語に躍動感を もたらせてくれる。

更に作者が巧みなのは、めぐみ にもイジメられていた過去があると設定したことだろう。

これによって、めぐみ は単に容姿に恵まれた者ではなく、
自己改革を実現したことによって、自分の人生を拓いてきた者になった。

f:id:best_lilium222:20210110185806p:plainf:id:best_lilium222:20210110185802p:plain
広く愛されるために自分を変えた めぐみ。だからこそ ありのまま愛される めい を敵視する。

私が思うに、本来これは めい が行うべき改革だったのではないか。

本来は、めぐみ ほど強烈な手段ではなくても、
めい が過去や周囲の人間と対峙しながら成長する過程として描かれるものだったかもしれない。

でも めい は、早い段階で理想の彼氏を獲得し、
女性としての喜びに耽溺し、そして恋によって意識を変えてしまった。

そして上述の通り、どんどんと悟りを開いて、人に説教する立場にまでなっていってしまった。

そんな めい の急成長は作者自身も誤算だったのではないか。
これでは、これ以上の主人公の成長が見込めない。

ということで、創られたのが下剋上を地でいく女性・めぐみ。

自己プロデュース力の高い彼女に、
努力によって得られる地位と、そこからの風景を見せてもらおうとした。

しかも めぐみ は主人公ではないから、下剋上をする手段も好悪どちらの面も使うことが出来る。

物語としては めい の代打ではあるが、
めぐみ がいたからこそ、思いもよらぬ展開が生まれたのも事実。

これは作者にとって予想外の僥倖だったのではないだろうか。


ぐみ にとって めい は かつての自分の残像なのだろう。

そして 何の努力もせずに、王子様の彼女というステータスだけを得ている許せない存在。

暗い子は愛されない、地味な子は好かれない。
そんな めぐみ が見つけ、脱却した真理を覆すような存在。

だから、これまでの自分の努力が間違っていないことを証明するための象徴として大和が浮かび上がる。

大和は自分に相応しい男、そして努力を否定するような めい の彼氏。
二重の意味で大和の偶像を欲する めぐみ だった。


この前後の巻が面白いのは、めぐみ が憎むべき めい と同じ過去を持っていること、
そして、めい と海もまたイジメという経験が共通していること。

それはすなわち めぐみ と海もまた、=(イコール)で結ばれるという事実。

めぐみ と海は めい を巡って、憎しみと好意という正反対の立場におり、
お互いの行動を監視・牽制する場面が多いが、
実は彼らもまた共通の背景を持つ者同士だという隠れた図式が浮かび上がる。

そして海もまた自分の人生を自分で変革してきた者なのである。

努力家同士だからこそ、認め合う部分もあって、
それでも対立軸があるために、非難し合ってしまう2人。

この2人が分かりあう日が来るのも楽しみですね。


んな努力家の海を牽制する人がもう一人。それが大和である。

『5巻』では、めい の行動に戸惑い、距離を置いてしまったが、
今回は、自分の不安を認め、めいとの距離を縮めようとするのだが、
めい の隣には海がいて…。

大和の お子様伝説 再び、って感じですね。
この段階で大和に夢中な人って どれだけ残っているのでしょうか。

殿上人だったはずの大和は、いつの間にか等身大の高校生になってました。
それは とてもリアルでいいのですが、ちょっと人間的に せせこましいぐらいになってる(苦笑)


更には大和の怒り方は非常に好ましくない。

彼女の横に海がいることを見た途端に、第一声から彼女を責めるような言葉を吐き出す。

既に人間としての器の小ささが露見してますね。

めい にも落ち度はあったかもしれないが、
自分は過去に女性の家に上がり込み、食事をした過去があるということを都合よく忘れているかの言動。

根底は可愛らしい嫉妬かもしれないが、この怒り方は大和に幻滅する。


そして問題はここからである。
大和という人間に大きな疑問符を突きつける展開。

f:id:best_lilium222:20210110185739p:plainf:id:best_lilium222:20210110185736p:plain
自分の欠点を指摘されたら殴りかかる。怒りをコントロールできない幼い人間がここにいる。

『5巻』での大和の冷淡な行動を海に指摘され、
そこから中学時代から変わらない大和の日和見主義を海によって断罪されると…。

八方美人の大和くん、怒りの余り殴りかかります!

この場面、海はもう弱い自分を克服しており、
腕力の面でも大和を超えた という描写なのだろうけど、
大和が殴りかかる心理がよく分からない。

海が大和への感謝の裏にあった本音を語りだしたら、殴りかかる って逆ギレ⁉

中学時代、身体が小さく力が弱かったが故に暴力によってイジメられた海。

そんな海に暴力を振るうという心理が分かりません。

これは『5巻』で大和が混乱して めい を無視し、距離を取った時も思ったこと。

大和というのは理不尽な暴力やイジメを受けた人の気持ちを、
少しも考えられない人なんだな、と改めて思わざるを得ない。

中学時代も、そして『1巻』当時の大和も、結局イジメを看過していた。

大和の実態って八方美人の、空虚な男なのではないだろうか。

これまでも、これからも彼が成長することはないような気がする。

めい は義理人情に厚そうだから、自分から別れるなんて出来ないだろう。

そして大和は自分の浅はかを自覚しないまま、彼女を大事にすることが自分の使命だと思うだろう。

自分が彼女の世界を広げるどころか、彼女を縛り続けていることに気づかないまま。

本書は学校一のモテ男に惚れられるという夢物語どころか、
学校一 成長の見込みのない男に囲われる話かもしれない。