《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

振りほどかれた手と 振り払った手、俺はどちらに手を伸ばすべきなのか…。

f:id:best_lilium222:20200622104237j:plain
南波 あつこ(なんば あつこ)
スプラウト
第4巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

草平(そうへい)への気持ちを自覚した実紅(みく)。山での夜、思いきって気持ちを打ち明けるが、彼女がいる草平の反応は……。近くにいるようで、遠い。それぞれの混乱する想いが動きはじめる――。南波あつこが贈る、花ざかりの季節の物語。

簡潔完結感想文

  • キャンプの夜、実紅は草平に告白めいた言葉を言ってしまうのだが…。
  • キャンプ以降、草平の頭の中に浮かぶ2つの顔。草平が掴む手はどっちだ?
  • 草平 緊急搬送。みゆ の不安な気持ちを知った草平は一つの決意をする…。


早くも折り返し地点を通り過ぎる4巻。

うーん、何となく気づいてはいましたが、どうにも内容がない。
いや、ちゃんとイベントは用意されているので、内容はあるか。

正確に言うならば、感情の動きが少ない、
そして物語に深みがない、だろうか。

ここまでは作者の工程表 通りにお話が進んでいるだろう。

『1巻』で、草平(そうへい)を意識し、両親が下宿を始める。
『2巻』で、下宿人が集合し、本当は誰が好きなのか確定する。
『3巻』で、交際相手とお別れをして、正式な片想いが始まる。

そしてこの『4巻』では、草平の中に実紅(みく)の存在が大きくなり始めるという展開が描かれる。

それはちゃんと描かれているのだけれど、物語が展開しても それが彼らの自然な感情の流れというよりどうしても表層的、機械的に進んでいるような気がしてしまう。
以前も書きましたが、登場人物たちに設定以上の描き込みが無さすぎるのだ。

これは好みの問題なのかもしれないが、本書の恋愛は琴線に触れる部分が少ない。
単に奪略系の話だからという訳ではない。
恋人がいる相手を好きだと分かってしまった実紅の切実な感情がどうにも伝わってこないのだ。

情念というほどの おどろおどろしいものではなくても、
好きな人に好きな人がいるという「切ない!」と思わず声を上げてしまう場面が用意されていない。

序盤の緊張感に比べて、どうにも無為に感じられてしまう。


それは多分、現在の実紅の恋愛に目的がないからでもある。

彼女がいる人を好きになったからと言って実紅は悪女になるつもりもないはない。

草平の彼女の みゆ から草平を奪うでもなく、
自分から草平に想いを伝えるだけの勇気も出ない。

片岡先輩との別れは即決したが、今後の自分の方向性は決めかねているようだ。

では、片想いの切なさを描くために、草平を好きだという気持ちを重ねるかというとそういう描写も少ない。
彼の態度に傷ついたり、落ち込んだりはするけど、草平に改めて恋に落ちるような描写はない。

そもそもこの漫画「好き」が降り積もってないんですよね。
草平を直感で好きになるという始まりで、相手に惚れる とか 赤面する場面がない。
こういうところも、設定ありきに思えてしまう点である。
もっと、実紅が草平を好きという気持ちが伝われば、読者もそれを手掛かりに実紅のやるせなさに共感できたはず。
ましてや実紅にとってこの恋は、実質的な初恋なのだから。

恋してて楽しそうじゃないことが、本書最大のマイナスポイントだろう。


さて、文句が続いてしまいましたが、内容としては、
みんなで行ったキャンプの夜、実紅が言った告白めいた言葉が、草平の心に抜けない針のように突き刺さるという場面から。

そこで想起される草平と みゆ との出会い。
草平の みゆ への想いは本当みたいですね。
実紅みたいに流れで付き合うとか、実は訳ありカップルだったということも無さそうです。
ごく普通のカップル。
だからこそ、実紅が間に割って入るのは難しそうですね。

このタイミングで、この回想は、どういう意味を持つのでしょうか。
実紅の言葉に少しでも心が揺れた草平の罪悪感でしょうか。
正気に戻るために、みゆ を好きになった頃の思い出をリプレイしている。

夏の思い出にとお揃いのストラップを購入する下宿1期生たち(実紅も)。

そのストラップを草平は みゆ に触らせない。
多分、手を伸ばした みゆ に気づいていながらも、さり気なく みゆ から遠ざける。

そして、その後、それが実紅とも お揃いであることを知るみゆ。

ここの草平の心の動きは『1巻』の実紅と同じでしょうか。

恋人がいる草平の心に実紅の居場所が出来始めた。

デート中も上の空の草平を見て何かを察する みゆ はデートを切り上げ帰ろうとする。
それを阻止しようと繋いだ草平の手は みゆ から離された。

突然の みゆ の行動に困惑する草平は、帰宅後に話しかけてきた実紅の手を払ってしまう。
自分の頭の中を2人の女性が占めることを実紅に八つ当たりしたことを反省する草平。

そして草平もまた実紅と同じように、自分の中に生まれた疑惑に早期の決着を付けるのだが…。

f:id:best_lilium222:20200622163950p:plainf:id:best_lilium222:20200622163945p:plain
相手に踏み込み過ぎて、振り払われる手。
この手を振り払われた場面、実紅にとって重要みたいですが「凍りついた」っていうほどのことなのか…?
実紅にとっては一大事件として扱われますが、
彼女が過敏に反応するようなことでもないように思える。

これは好意を持った相手に、踏み込んだ結果、拒絶される恐怖ということなんでしょうか。
すると実紅がちゃんと告白するまで、まだまだ時間はかかりそうですね。

f:id:best_lilium222:20200622164105p:plainf:id:best_lilium222:20200622164109p:plain
徐々に明確になっていく三角関係。お前たちが俺の翼だ!
そうして落ち込む実紅はその夜、部屋に来た草平に助けを求められる。
何と草平の体調不良による緊急搬送。
原因は盲腸らしく緊急手術、その後の入院と相成った。

入院中の会話で、計8回の転校経験が草平の人懐っこくて、
その反面ガードが固い理由だということが分かる。

一方、見舞いに来た みゆ との会話では、
みゆの不安が吐露され、草平は彼女に手を伸ばす。

そうして草平は自分の心の在り方を決めるのだった…。