《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

悲劇のヒロインが弱気だなんて誰が言ったの。薔薇の女王は気高く、そしてワガママなのよッ!

f:id:best_lilium222:20201203111252p:plain
末次由紀(すえつぐゆき)
エデンの花(えでんのはな)
第09巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

時緒(ときお)と紫(ゆかり)が婚約した!!
“みどりの秘密を握る紫を口止めするため”――そんな事情を知らず理由をきくみどりに、時緒は「紫が好きだから。」と答える。
動揺するみどりの胸に募る、時緒への消せない想い。だけど、もう伝えることはできなくて……。
心がすれちがい、痛みを抱えた2人の禁断の恋の行方は!?運命の愛の伝説、第9章。

簡潔完結感想文

  • 兄と その婚約者との同居生活。家の中が未来の義姉に染め直されるような感覚に必死に耐える。
  • 兄からの誕生日プレゼントは大画面テレビ、に映る自分の顔。テレビ中継もされる おまけ付き。
  • 告白。妹ではなく一人の女性として見て欲しかったが、兄は拒否。妹としても遠ざけられて…。

よりも大切な君だからプレゼントを贈るのさ、の 9巻。

いよいよ物語がクライマックスへの盛り上がりを見せていく。

恋愛面では『9巻』は大事なターニングポイント。
なにせ、みどり が兄妹という関係を越えようと、兄の時緒(ときお)に告白する巻である。

残念ながら、本書は最後の最後まで みどりを不幸にするためにあるので、結果は玉砕。
といっても それは表面上の言葉。
兄の時緒もまた妹を妹として見られなくなっていたのだから。

だが、今回も みどり を取り巻く事情から素直に返答できない状況が生まれる。
2人が幸せになることを周囲や状況がまた阻止する。

正直言って、何度目かの相手を思い遣るからこその嘘です。

立て続けに起こる、みどり の過去が呼び起こす事態はサスペンスフルで面白いが、
同じ手法が使われ続けることが飽きを読んでいる。

自分勝手に喚き散らして行動する みどり と、
みどり に隠しごとがあるから本音を話せない時緒という構図は、
ここ数巻に亘って描き続けられていることである。

『9巻』のラストで、いよいよ2人の間に秘密が無くなる予感がしたが、ここまで とても長かった。
決して退屈ではないが、2人の恋が切ないという感情も湧かなかった。

その原因の大半は みどり にあるんじゃないかと思わざるを得ない…。


初から分かっていたことですが、みどり には可愛げというものがない。

『9巻』は、アメリカで育ての おじさん から みどり の秘密をネタに脅され、
時緒が、おじさんの実子・紫(ゆかり)と婚約をしたことを知らされる場面から始まる。

紫は再び、みどり たち若月(わかつき)兄妹と同じ家に住むことになる。
時緒と紫との生活は新婚さんみたいだと思っていたら、後にまんまの台詞が出てきた。

同時に みどり をイビり倒す紫は、嫁と姑のような関係である。

ただし、この嫁はイビり甲斐がない。

姑には極力逆らわないようにするし、
精神的な嫌がらせにも、志の強さで反論してくる。

ここは過去のクラス内での経験が役に立っているのでしょうか。
嫌がらせに対しては みどり も強くなっているのかもしれませんね。

そしてイビリにも耐え、ただ時緒のことを想う みどり。
ただ人知れず涙を流す夜もあるけれど…。

そんな三角関係の頂点にいるのが時緒。

紫には対みどり用の演技はしてくれるけど、心は決してくれない時緒。
厄介な兄妹の態度に紫のストレスは溜まる一方だ。

そして紫と時緒は脅迫者と被害者の関係でもある。
自分が みどり の秘密を握っていることが時緒を操れる条件。

そういうこともあって、紫は みどり に秘密を暴露したりせず、
時緒の要望通りに、みどり の周辺の世話までしてくれている。
悪い人じゃないから。もしかしたら みどりよりも良い人かも…。


んな みどり の悪い面が見えたのは、学校での一場面。

もう彼氏ではなくなった羽柴が登場したシーンでの出来事。
羽柴くん、楽園から永久追放されたと思いましたが出番があって良かったですね。

これまで みどり の秘密の大部分を見聞きしてきた羽柴。
彼女が大事にしていたフォトフレームが紫に壊されたことも知っている。

なので学校内で膝を抱える みどり に新しい物を渡してあげる。

羽柴 曰く「この間 自由が丘で見つけた」らしい。

どんだけ探したんだか…。
男が、偶然見つけたから、と渡してくる物は本当は偶然じゃない説。

健気だねぇ。本当に真のヒロインは君だよ。
彼女の都合でフラれてもまだ、彼女のために平気そうにするなんて…。

一方で、みどり は人間関係がガサツと言うか、無神経と言うか。

落ち込んでいた気持ちは、物を渡されてどっかにいっているし、
羽柴に対する申し訳ない気持ちも自分の中でけりがついたからか湧いてないし。

なんだかんだで結局、みどり の自己中心的なところが見えてしまう。


んな みどり の感情の振り幅の大きさが顕著に表れるのが東京タワーでのシーン。
東京タワーは3回目ですかね。全部、時緒と一緒だ。

その日は、みどりの誕生日。
時緒は仕事の成果を見せることも兼ねて、妹に あるプレゼントをする。

1つ目が腕時計。

だが、これは みどり のお気には召さなかったご様子。
なぜなら、時緒のアメリカでの努力の結晶である借りている時計を返さないといけないから。

2人を結ぶ絆を勝手に解かれた気持ちなのだろう。
みどり の情緒は安定しない。

時緒が用意していた2つ目のプレゼント、
大画面映像での誕生日祝いが映る前の展開がちょっと変。

時計を貰う → 遠回しに時計の返却を求められた… → 誕生日なのに彼氏は? → 別れた
→ 時緒怒る → 羽柴くんは悪くない 

から1コマ後に、みどりの急な逆ギレが始まる。

借りていた時計を押し付けて「なによこんなの」
「ほんとはもう わたしのこと どうでもいいくせに」

ちょっと情緒が不安定すぎないか…。

f:id:best_lilium222:20201203165257p:plainf:id:best_lilium222:20201203165253p:plain
新しい時計を買ってまで貸していた時計を返して欲しかったのに、高価な方を死守しようとする強欲な妹(嘘)

サプライズ前の いざこざの演出と、その後との感情の落差を表すために、
みどりを怒らせたいんだろうけど、ちょっと変だ。

そして、自分の気に入るプレゼントだと怒っていたことなど忘れ、
即座に機嫌を直す現金な みどり なのだった。

そんな時に大画面の稼働を中継していた生放送のテレビクルーが みどり にインタビューを始める。
そこで みどり は全国放送で名を名乗ったことで、新たな事態が引き起こされる…。

そういえば、この大画面でのサプライズプレゼントの後半は、
時緒に対してのサプライズでもあるんですよね。
最年少ということもあり、仕事仲間から愛されてますね。

にしてもテレビを読んで稼働に失敗したら どうするつもりだったんでしょうか。

そして、この巨大画面。
商業主義の象徴みたいで好きになれない。

何よりも東京タワーからの景観の邪魔だ。
近くでピカピカ光る画面など、遠くを見たい人にとっては迷惑千万だ。


…が、そんなことは知らずに、プレゼントに感極まったみどりは時緒に好意を伝える。

時緒が羽柴との交際が終わった原因を聞いたからではあるものの、
って、数分前には逆ギレしてたのに…。
みどり はちょっと怖い。
この情緒不安定さも過去のトラウマから派生するものなんでしょうか。


そして独断で時緒に血が繋がっていないことまで話す始末。

この2つの告白に対して大きなリアクションのない時緒だったが、
みどりから距離を取ると時緒は赤面している…。

彼もまた兄という仮面を外す日が近いと思われた矢先、
随分前に若月家に届いていた地方検察からの手紙を時緒が手にする。

そこには時緒を震え上がらせる情報が。
仕事が忙しかったために見落としていたこと。
そして全国放送に妹の顔を出した…。


時緒はまた みどり に内緒で彼女の周辺の警戒レベルを上げる。

ある日、みどりがバスを降りると時緒の姿があった。
2人での徒歩での帰り道、
季節が変わり、身一つで前の家庭を飛び出してきたみどりには冬服がないことが判明する。

そこで冬服を大量購入。
デート? それとも「妹(まい)フェアレディ」?

だが、帰宅途中、時緒は「妹」であることを強調する。
「好きとか言われても困るんだ」

f:id:best_lilium222:20201203165343p:plainf:id:best_lilium222:20201203165338p:plain
過去の罪から君を守るためなら、俺は何度だって嘘を付くんだ。大事なのものは君のほかに ないから。

更にはみどりに寮のある高校を勧める。

これからは離れて暮らすこと、自分は紫とアメリカに帰ること、
みどりに言えない秘密があるとはいえ、またまた一方的に家族の形態を決める時緒。

もしかしたら冬服の購入は時緒にとって、したかったことの最後の達成かもしれない。


事情を知らないみどりからしてみれば、自分が告白したことで訪れた関係性の崩壊と思ってしまうだろう。

確かに危惧して臆病になったこともありましたが、現実になるとは。
だって、気持ちは通じていることを読者は知っているのだから。

だが、時緒の方も苦悩する。
「言えないことばっかりで 嘘ばっかりだ」。


気まずい雰囲気が流れる家の中で、話し合いをする兄妹。

時緒は血の繋がらないことを知っていた。
それでも努力をして、彼女を迎えられるまでの男になった。

一晩考え、みどりは時緒と暮らすための方策を考える。
気持ちを殺す、他の人を好きになる、だからそばにいさせて。
これは時緒の気持ちそのまんまですね。

同じ気持ちを持ちながら、幸せにはなれない2人。
ただ、時緒には嘘を付いてまで守りたい人がいる。それがみどり。

実際に時緒や みどり の周辺には怪しい影が見え隠れしているのだ…。


どりが転校予定の愛知県の高校の受験日、新幹線のホームで みどりは行かないと言い出す。

ひとりで暮らす。どんな手段や職業であっても。
何もなかったように「妹」でい続けることは出来ない。
それがお兄ちゃんへの最後の「わがまま」。


んーーー、みどりってどうして自分のことしか考えられないんですかね。

彼女の論理も痛いほど分かる。
兄妹の振りをして自分の気持ちを殺すことは、生き地獄だろう。

ただ、それは時緒が耐えてきたこと。
そして、これまでの時緒の努力を無駄にすること。

みどり は時緒の想いを全く考えていない。
若いからという弁護も出来るかもしれないが、
視野が狭すぎる。

与えられたものを簡単に手放してしまう傲慢さを感じる。

私が時緒の周辺にいる人物で、みどりの性格を知っているならば、
時緒のおじさんと同じく、彼女は止めておけ、と忠告したい。

ある意味、紫よりもワガママな女王様のご機嫌を取り続ける人生は疲れるぞ!