《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

トレース問題で封印された この作品と一部 類似した設定を持つ別作品が気になる。

f:id:best_lilium222:20201128130850p:plain
末次由紀(すえつぐゆき)
エデンの花(えでんのはな)
第05巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

初めてのキスで、また少し心を近づけた由鷹(よしたか)とみどり。ためらいがちに愛を深めていく2人を見守る時緒(ときお)。そんな、やさしい時間(とき)に包まれ、みどりの時緒への感情も微妙に変化しはじめる。そして、時緒の誕生日にみどりは……。絡みあう3人の想いは、どこに行くのか!?幸せのかけらを集め、未来へと夢を紡ぐ運命の愛の伝説、第5章。

簡潔完結感想文

  • お前のしてやりたいことはなるべくしてやりたい©おぎやはぎ世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
  • 時間も場所も超える携帯電話で話したいのは、恋人ではなく一緒に暮らす あの人かもしれない…。
  • 日本に来るために費やす努力と、日本からアメリカに帰らないための試練。全てはお前のために。

えない時間、離れる心を結ぶ携帯電話が一番必要なのは兄と妹、の5巻。

ある「もの」がその巻を象徴することのある本書。
家や時計、写真や「妹的存在」に続いて『5巻』を通じて描かれているのは「携帯電話」でしょうか。


嵐のような沖縄旅行を経て心の距離が一層 近づいた みどり と羽柴(はしば)。

これからは羽柴と頻繁に連絡を取ることを予想した みどり は、
兄・時緒(ときお)に携帯電話を買って欲しいと要望する。

これは みどり からの初めての おねだり。

一緒に住む家も、服も髪型も「妹(まい)フェアレディ」のために用意してきた時緒ですが、
携帯電話は一緒に住む自分と妹の関係には必要性がないからか与えていなかった。

あと、これは時代背景もあると思いますね。
2020年では高校生の携帯電話というかスマホ普及率はかなり高いでしょうが、
雑誌に掲載された2001年前後では、それほどは高くなかったと思われる。

また時緒は みどり が携帯電話を使用する目的が、
恋人の羽柴との連絡のため、と分かりながらも強く反対しなかった。

羽柴との交際が順調だと、それに反比例して時緒との距離が広がるのが この漫画。
沖縄での出来事を通じて、一層 妹離れ・兄離れを加速させていくようだ。


かし、その携帯電話での みどり の初めての通話相手は時緒。

これは一緒に買いに行ったということもあるけれど、
兄と一緒にいる時に、羽柴の顔は脳裏に浮かばない証拠かもしれない。

そんな2人での通話の中で、

「なんでも買ってやれるようにがんばるよ
 おれが生きるって そういうことだ」

という言葉を みどり は時緒から聞く。

f:id:best_lilium222:20201129164029p:plainf:id:best_lilium222:20201129164025p:plain
例え わがまま でも私欲でも、みどり の全てを許容するのが時緒の大きな愛。

こんな冗談のような言葉が冗談に聞こえないのは、
そこに時緒の本心を見たからだろう。

これはまるでプロポーズのような言葉でもある。

13年ぶりに再会した当初は時緒は再会に浮かれているから、
みどりに甘く、彼女のための楽園を用意しているのかと思ったが、
このところの時緒の言葉には時緒側のエゴや願望に湿度を感じる。

みどりに対して「刺さる」言葉を選んで使っているようにも思える。


また、同じように みどり が時緒の本気を感じたのは、
彼女が時緒から借りて、日常的に身につけている腕時計のこと。

街で同じブランドの腕時計を見つけて、その金銭的価値を知った みどり。
そういえば時緒は高価だとは一言も言ってないですね。

きっと時緒にとって大事なのは、その腕時計を妹が身につけていること。
自分の想いがこもった時計が妹を守るという意味合いもありそうです。


して時緒自身も忘れていたが、
携帯電話を買いに行った この日は時緒の20回目の誕生日。
昨日まで10代だったんですね。

もしかして、この回は本人たちは意図しないデート回でもあったのでしょうか。
確かにプロポーズっぽいことまでしてるし、最高の一日ではないか。

時緒の誕生日を知らせたのは、お祝いに駆けつけた紫。

しかし腕に時計を見つけた紫はショックを受ける。
正宗と紫、二階堂家の人々は、その時計を時緒がどれだけ大事に思っているかの来歴を知っている。
みどり が妹であるが故に妹的存在だった自分が越えられなかった一線を越えている現実を目の当たりにする。


そんな紫と時緒は みどり を置いてデートをして、
夜には現在の紫の住まいであるホテルの一室に入る2人。

そこで紫は本当の妹が恋人のようであると涙ながらに訴える。
紫が真剣に時緒を想っているからこそ、
時緒の心の中に誰がいるのかが分かってしまうのですね。


一方、そんな2人のホテルでの一夜の出来事は知らずに、
みどりは兄の誕生日を知り、手作りケーキを作る。

ここでは みどり の乙女が全開ですね。
誰かのために何かをしたい、それは広義の愛には違いない。
羽柴の誕生日がきた時に、みどり は同じ行動を取るだろうか。

そして羽柴には購入した携帯電話から、まだ連絡していない。
様々な初めてにおいて、恋人の顔が浮かばない、残酷な現実がここにはある。


なかなか帰宅しない兄に対して、みどりは携帯電話で連絡を取る。
この日、早くも2回目の連絡。
離れていることで一番 顔が浮かぶ相手なのだろう。

けれど、電話をしても繋がらない。
しかし、この電話は、もしかしたら紫と時緒が一線を越えるのを阻止したかもしれない。

だが、それが時緒から紫へ、せめて一晩一緒にいてという譲歩を引き出してしまう。

紫はなりふり構わないタイプじゃないことが好感を持てる。
相手の気持ちを斟酌して、その上で自分の尊厳を傷つけない範囲で優位な行動を取れる賢い人ですね。


帰宅しない時緒に憤慨し、手作りケーキを捨てる みどり。
みどりは学校以外では、思い通りにならないと極端な行動に走りがちですね。
そんな素直な感情をぶつけられるのは間違いなく家族だからかもしれない…。


朝、時緒が家に帰るとみどりの体調が思わしくない。
これは発作のようなものでしょうか。
また独りになってしまう、大事な人に自分よりも大事な人が出来るかもしれない恐怖。
そんな精神が肉体へ作用したのでしょうか。

f:id:best_lilium222:20201129172147p:plainf:id:best_lilium222:20201129172140p:plain
独りになってしまう恐怖が体調に影響したのなら、おれはお前を絶対一人にしない(プロポーズ。2回目)

仕事に行かなければならない時緒は、羽柴を代理として呼び寄せる。

兄の時緒に選んでもらったことを喜ぶ羽柴だが、
時緒は「うらやましかっただけ」という。

そして寝込むみどりに口づけをしたその口が呼ぶ名前は「お兄ちゃん」。

更にはそこで、みどりが携帯電話を購入したこと、
最初の登録者が時緒であることを知ってしまう。

羽柴へのトリプルパンチですね。
紫と同じように、恋人の自分でも入れない兄妹の絆を嫌でも感じる羽柴。


様々な事実を間接的に知る、というのは精神的に大きく傷つけられますね。

その行動を みどり が無意識に選び取っていることが残酷です。
自分のことを常に意識させ続けないと、彼女の中には いられないのかもしれない。

とはいうものの、それは『4巻』でも繰り返されてきた、
自信がないゆえの、愛の揺れ動きである。

羽柴は自分に出来る時緒に対抗できることは全部やる覚悟で、
しっかりとみどりに向き合っていく。


だが、不安に駆られた羽柴の口から、この場面で初めて、
若月兄妹に本当に血の繋がりがあるのか疑惑が出されます。

これは大変な事態ですね。
血の繋がりがなかった場合、羽柴の負けは確定でしょうか。

みどり自身は最低の義兄と、13年ぶりの兄しか記憶の中にない。
だから兄に対する感情の正常な物差しを持たない。
自分の時緒への感情は、兄へのものか、それいじょうなのか。


みどりの家からの帰り道、時緒と遭遇する羽柴。
そして時緒は羽柴に改めてみどりを頼む。
一人の寂しさからみどりはまた体調を崩すかもしれない。
そうなった時に救いの手が必要だと時緒は考えたのだろう。

というのも、時緒は今後、みどりに関われなくなるかもしれないから。
それは彼のアメリカへの帰国も含めた事態となる…。


宗と紫の父、時緒にとっては育ての父である二階堂家のおじさんが来日中。

彼には、自分の手の中で優秀に成長した時緒をアメリカに連れ戻す魂胆があるらしい。

そのために、時緒が日本に帰る時の同じように、厳しい条件を時緒に課す。

まるで成功しないことを望んでいるかのように。
まるでみどりと時緒を引き離すことに注力するかのように。

そして、おじさんは実子の紫にも、時緒のアメリカに帰らせる方向で物事を進むように仕掛けさせる。

この時、おじさんが紫に話した秘密は何でしょうか。
紫の表情からして相当深刻な内容っぽいですね。


と この場面、既視感があるかと思ったら、

アメリカ(しかも西海岸はカリフォルニア州
・家庭環境から別の家で兄弟同然に育ったという関係性
・事業を手掛けるおじさん
・目をかけられる実子ではない優秀なヒーロー
・おじとその実子によるヒーローの連れ戻し工作、

などなど、共通点が多すぎるのは渡辺あゆ さんの『L♥DK』でした。

そして、驚くことに最終巻の巻末にはSpecial Thanksとして渡辺あゆ さんの名前がありました。
アシスタントを務めたことがあるのでしょうか。

物語の設定は違いますが、ヒーローを取り巻く環境(後付け設定)があまりにもに通っているために、パク……り…? と思ってしまったり。ゲフンゲフン。
まぁ、ベタであり陳腐な設定ではあるのですが、真相は どうなのでしょうか…。


閑話休題
そんな おじの一存で、時緒は東京タワーに向けて光るビッグビジョンを取り付けるプロジェクトに配置される。
しかもおじによって年内(作中は8月かな?)という無理な納期を設定される。

みどりと将来的にも一緒にいるために、
年内は会える時間が僅かになってしまった。

妹と一緒に暮らすための日本の生活で、妹と過ごせない日々が始まってしまう。

ただみどりとの出会いの場所、数少ない家族写真の撮影場所である東京タワー関連の仕事は
時緒にとっては大きなインセンティブですね。


どこにいても繋がるはずの携帯電話は、お兄ちゃんには繋がらない…。