《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

羽柴、部活はじめるってよ。もう物語には深く関わらないってよ…。

f:id:best_lilium222:20201202103340p:plain
末次由紀(すえつぐゆき)
エデンの花(えでんのはな)
第08巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

「時緒さんと恋をすることを考えたりしないの?」
由鷹の一言が、みどりの心を激しく震わす。”兄妹”という言葉で打ち消してきた時緒への想い。だが、その想いがみどりの中であふれだしたとき、3人の関係が揺らぎはじめる??。
愛しい人との和らいだ時間が、抗えない流れに飲み込まれていく。
運命の愛の伝説、激動の第8章。

簡潔完結感想文

  • 文化祭当日。彼氏と楽しく回るはずが、お兄ちゃんが現れ、なぜだか彼氏とお別れ…。
  • 三角関係から 羽柴 out の 紫 in。おれ、勉強と部活に忙しいんで、漫画には出ません。
  • 過去の真実。秘密を守るための婚約、そしてみどり の恋を一筋縄ではいかせぬ重い十字架。

つの星が輝きを失っても、別の星が輝きを放ち、恋の大三角が保たれる 8巻。

作品全体が主人公・みどり と 時緒を近づけさせない大きな装置となり始めている本書。

彼らが一直線に相手に向かわないように、障害物や偽りの標識を設置することで、
彼らをあらぬ方向に導き続けている。

この手法を良く換言すれば、ドラマチックなんだろうけれど、
悪い言い方をすれば、大時代的というか、大映チック・韓流チックと言うか、
とにかく主人公に悲劇を積み重ねるだけ重ねて、一番遠回りする方法を選ばせている気がしてくる。

この手の物語が好きな人は一定以上いるだろうが、
私は『8巻』で みどり に課せられた十字架が余りにも重すぎて辟易してしまった。

こんな原罪を抱えたまま みどり は幸せになれるのだろうか。
みどり を追い詰めすぎて自死させそうなほど重い内容に、読者の私が耐えられそうにない…。


『8巻』はこれまで準備してきた文化祭の当日の出来事。

それは恋人の羽柴(はしば)との文化祭デートが約束されることから始まったはずなのだが、
文化祭の後片付けまで、みどり の心は大きく揺れ動くことになる。

その原因となったのは、当の羽柴が原因。

これまでも自分の自信のなさから みどり の愛を試したり、疑ったりした羽柴だが、
文化祭の当日に学校に来訪した みどり の兄・時緒(ときお)の姿を見つけ、
羽柴は みどり に これまで押し込めていた疑問を投げかけてしまう。

f:id:best_lilium222:20201202154313p:plainf:id:best_lilium222:20201202154306p:plain
お兄ちゃんを一人の男として見ること。それは みどり にとって開けてはいけない玉手箱。

これ、まるで羽柴は みどり が時緒と交際することを望んでいるような発言ですね。

もちろんこれは、羽柴本人が言っている通り、
時緒との関係を、みどり が逃げずに考えた上で自分との交際を続けて欲しいという願いなんでしょうけど。
ずっと他の男の影に怯えながらの交際はストレスが溜まるだろう。

これは羽柴にとっては最後の大博打だろう。


人に指摘されるほど気持ちが傾いていたことを思い知らされる みどり。

ただ血が繋がっていないとはいえ約束された関係性が保証された兄妹とは違い、
男と女として存在する自分たちという考えは足元が覚束ない感覚がある。

だが、羽柴の代わりに文化祭が開催される学校を時緒とまわっていると、
徐々に気持ちが時緒に傾いていくことを実感する。

何か安定していた精神・関係性のバランスが壊れる予感がします。


こからが意外な展開。

文化祭の暗幕を片付けるため脚立に昇っていた羽柴が転倒。
その彼のもとに駆け寄る みどりは…。

いつもの小競り合いの末、羽柴との絆が戻るといういつものパターンかと思わせて…。

みどり は膝をついて頭を下げる。
兄との関係を断ち切れない、と紫に土下座して以来、2回目ですね。

いつも みどり は大事なことに気づくのが少し遅いのです。
気づいた時には大事だと思っていた人も傷つけている…。


そうして、みどりの中の躊躇と罪悪感を伴う兄への恋情が生まれ始めた。

が、みどりとの会話中、彼女を実の妹だと思い続けている時緒は、
兄としての役目を果たすと、今度は時緒の方が予防線を張ってくる。

もしかしたら一番大事な人ではなかった恋人と同時に、
一番大事な兄ではない人も失くす恐怖に襲われる みどり だった…。

一連の心理的葛藤は理解できるんです。
ただ3歩進んで2歩下がるというか、薄皮を一枚一枚丁寧にめくるというか、
遅々として進まない進行に苛立つことも確かなのだ。


緒のアメリカ出張を前に、帰国したら話したいことがあると告げる みどり。
どんな結果になろうとも、前へ進むと思われた関係だったが…。

そうしてアメリカで再会する時緒と紫(ゆかり)。

久々の登場の紫だが、初手から強烈な一言を発する。

「時緒には みどりちゃんに知られたくないことが たくさんあったのね」

みどりと血縁関係がないことを知らない時緒だが、
なにやら、みどりが知らないことを時雄は知っているらしい。

続いて再会した育ての親のおじさん(血縁はない)もまた、とんでもない一言を発する。

いわく、みどりは「親殺しの娘」。

あの両親が死亡した火事はみどりが原因⁉
どれだけ重い十字架を背負わせるのでしょうか。
これなら近親相姦の方が良かったと思ってしまうが…。

そうした感情から みどり と時緒を遠ざけたい おじさん。
彼が提示する、時緒が日本で働き続けるための条件は紫と婚約すること。

みどり に 一番ではなかった恋人・羽柴がいて、お別れしたかと思ったら、
今度は時緒に婚約者という形で紫がくっつくことに。

さすがに脅迫めいた交換条件に激怒する時緒。

しかし、おじさんの庇護を出るつもりはないらしい。
彼の能力ならば、どこでも仕事にはありつけそうだが、
時緒にはおじさんに育ててもらった恩があって、
これもまた一定以上の恩返しが出来ないと離れられないんでしょうね。
そういうところもまた「ロボット」なのだと思う。
少しだけ融通が利かない、人のように不器用なロボットである。


また、おじは親友でもあった時緒の父のように、
早まった洗濯をし、そして命を落とすようなそんな未来を二度と見たくないのだろう。
手段は別にして、それもまた親心ではあるが…。


柴と別れて以降、学校を休んでいた みどりは1週間ぶりの登校。

そこには、別れても変わらぬ心の優しさを持った彼がいた。

別れを切り出した自分にも関わらず、休み中のノートを手配するなど羽柴の心遣いにみどりは感謝を伝える。
「ありがとう、がんばるから」
これは みどり からの さよなら の言葉なのかもしれない。

驚くことに羽柴は、みどりが休んでいる間にバスケ部に入部していた。

これは、羽柴の自由時間を奪わせ、
放課後などにみどりとは会話をさせないぞ、という暗示か。
これにて羽柴くん、お役御免。

優し過ぎる人は当て馬になってしまうのが、少女漫画の慣例ですが、
当て馬だけど性行為まで進展したのは前代未聞のことではないでしょうか。

まぁ、他の男を忘れるための行為だったりするんですが…。

そして羽柴くんは『ちはやふる』の新(あらた)に転生するのでしょうか…(笑)


メリカでの火事の真相がある程度明らかになってから語られるのは、
現在の家に引っ越すにあたっての時緒が提示した条件について。

「窓の多い 隣に接してない一戸建て」

これが時緒の願い、そして絶対に高層マンションにしないこと。

なぜならマンションは火事で煙に巻き込まれた時に逃げ場がないから。
あの日、煙に巻かれ、窓から転落した父のように…。


これまで何度も印象的だった「窓」のシーンだが、

時緒がみどりを迎えにきた時、
そして羽柴がみどりを連れ去る時も窓から脱出していた。

それもこれも2階という低層階だから出来ることなのか。

時緒は外から目撃していた、あの日の火事。
もし一軒家だったら時緒の父は躊躇なく飛び降りて、怪我はあれど、死ぬことはなかったかもしれない。

彼が家を選ぶ条件は、みどり のためだけじゃなく、
自分の記憶・後悔・トラウマを想起させない目的もあったかもしれない。

一方、その話を聞いたみどりは何かを思い出しかける。

f:id:best_lilium222:20201202154330p:plainf:id:best_lilium222:20201202154321p:plain
『8巻』では何回か瞳孔が開いている みどり。自身の秘密を知った時、彼女はどうなってしまうのか。

暗いところ、暑いところが嫌いな自分。その原因は…。
暗い展開が続きそうですね。


そして日本に帰ってくる時緒。
だが、その横には婚約者として紫がいた…。

男2女1から男1女2の新たな三角関係に移行していきます。

みどり が時緒と安らげるエデンにたどり着く道のりは果てしなく遠い。