《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

振り返れば奴がいる。おれを階段から突き落とした その手を伸ばす奴がいる。

f:id:best_lilium222:20201129215148p:plain
末次由紀(すえつぐゆき)
エデンの花(えでんのはな)
第07巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

「時緒と みどり は兄妹じゃない。」
驚愕の真実を知り、時緒にアメリカへ帰るよう勧めた みどり。だが時緒はそれを拒み、そばにいたいと望んだ。すれ違う想いに、傷つく2人。そして、みどり は惑う心の中で、新たな決心をするが……。”兄妹”という楔を失った2人の行きつく先にあるのは…⁉ 運命の愛の伝説、葛藤の第7章。

簡潔完結感想文

  • 紫 out の 宮田 in。みどり はいじめっ子と仲よくなりがち。彼女もまた口が悪いからか(笑)?
  • 時緒 階段から転落。実は時緒のアメリカ帰国を望む おじさん の計画遅延の陰謀だったりして⁉
  • 羽柴は物理的距離が近くなると想いが強くなる人。時緒は距離が遠くなると想いが強くなる人。

調を崩した時は何を差し置いても兄妹のもとに駆け寄る 7巻。

このところ体調を壊しがちな兄妹。

『5巻』では兄と離れる不安から高熱が出た みどり だったが、
今回は、妹と離れることのないように無茶をして時緒(ときお)が過労で倒れてしまう。

f:id:best_lilium222:20201201133741p:plainf:id:best_lilium222:20201201133737p:plain
この場面だけ切り抜くと、会社の同僚から嫉妬を買った優秀な時緒が突き落されたように見えますね。

体調の悪い妹を看病するために出来る限りのことをしてあげた時緒。
みどり は兄が倒れた一報を受けた後、何もかもを投げ捨てて時緒の居る場所へ向かう。
例え捨てるものが、彼氏と一緒にいられる時間であっても…。

無意識の行動こそ本心で、意識して寄り添う言動は作為である。

彼氏の前でも無意識に、そして無邪気に兄の名前を出す恋人・みどり に対して不信を持ってきた彼氏の羽柴(はしば)。
こちらから求めれば みどり は応えてくれるが、
みどり から心を満たしてくれる自発的な言葉は聞こえない。
いよいよ、何かが壊れ始める軋む音が聞こえてくる…。


直に言えば、内容としては停滞気味ですね。
特にここ2巻は同じことが繰り返されている気持ちになる。

みどり と時緒、接近と離反を繰り返す2つの魂を丁寧に描いているといえばそうなのですが、
恋愛問題としては結末の予想がついている中で、
なかなか進展しない関係性に じれったさ も感じる。

羽柴という恋人がある中での三または四角関係は面白い構図だし、
今回は時緒の生死にも関わるかもしれない事件を起こすなど工夫は見えるのだが。

自分の心から気持ちが溢れ出ないように封じる方向性を、
どうしても「切ない」に変換できない私がいます。


『7巻』はまた、羽柴をじわじわと追い詰める巻でもある。

羽柴は時緒の情報を多く与えられすぎている。

みどり たち若月(わかつき)兄妹に血縁がないことも、
時緒が みどり に付けさせている腕時計が時緒の努力の結晶、自立の印であることも、
そしてアメリカの大学ではスキップ(飛び級)をしたことも知った。

それは時緒の日本に来るため=妹へ会うための たゆまぬ努力。
時緒がどれほど優秀で、どれほどみどりのために動いているかを知ってしまう。

十分に立派な成績(学年1位)で、優しさも兼ね備えている羽柴だが、
時緒に対してはコンプレックスは刺激され続ける。

実質上のライバルが偉大過ぎたことが彼の不幸である。


一方で みどりは、兄に対する想いに揺れ続けていた。

時緒がみどりを想っているのは、みどり が唯一の妹だから。
でも みどり は自分が本当は妹ですらないことを知っている。

その罪悪感の中にみどりはある。
ただ、それでもみどりは、この「兄」と時緒と一緒にいたいと思う。
この募る想いに名前を付けるとしたら、愛だろうか。


だから土下座をしてまで、離れる日のために徐々に兄との距離を広げて欲しいという
時緒を想う紫(ゆかり)の期待に応えられないことを謝るみどり。
紫はみどりに罪悪感を植えつけたはずだが、それを根こそぎ引っこ抜く みどり。
みどりは兄への気持ちを純粋に育て上げるつもりなのだろう。

まぁ、このみどりの思いの往復は何往復目だという感じもしますが…。

そうして事態が膠着したからか、紫は一時物語から離脱。
大学入学のためにアメリカに帰国していく。

時緒を巡って関係性は良好ではなかったが、
トラブルメイカーであり波乱の起点となっていた紫の離脱は残念である。


だ直後から紫の代わりに みどり と多く会話するのが、クラスメイトの宮田(みやた)である。

宮田はかつて みどり を毛嫌いし、彼女を傷つけ続けた女生徒である。

文化祭が近づき、クラス単位での行動が多くなったみどりの学級。
ただ、今まで取り仕切っていた宮田は女子生徒の人望を失っており、自信も失っていた。

そんな彼女を気遣ったのは 彼女の被害者でもあるみどり。
その変化を指摘する羽柴に、羽柴と兄のお陰だというみどり。
ほんと、男性の前で他の男性の名前を迂闊に出すのがみどりの欠点ですね。

そんな羽柴は落第寸前の女子生徒・織田の勉強を見るために文化祭の準備には関わらない。

羽柴という精神的支柱がいない中、みどりは険悪な宮田と他の女子生徒の中に割って入り、
宮田とペアを組んで文化祭の準備を進める。

準備を通じて宮田と忌憚のない発言をラリーし合い、仲を深める みどり の姿があった。
紫といいライバルと小競り合いをしながら仲よくなっていくのが似合いますね。

ちょうど紫がいない時に、かつての敵・宮田と仲よくなるのは偶然ではあるまい。

ちょっと性格が捻じれている人との方がみどりは会話が弾みますね。
みどりも結局、自己中心的で気が強いですから(笑)

宮田が大人しくなった後は、織田が台風の目か。
学校内の羽柴との仲もこじれそうだし、学校外の三角関係は一層激しさを増す…。


んな三角関係の象徴的な事件が時緒の過労による怪我。

その知らせを聞いた みどりは、一緒に帰る予定の羽柴を置いて、一目散に兄のもとに駆け付ける。

また みどりによる失態です。
みどり は純粋に羽柴のことだけを考えたことあるんですかね。

一回だけ行われた性行為も、みどり の男性への恐怖心克服のために思える。
羽柴と直接会えば、みどりの中の好意も育っているように見えるが、
彼と会えない時間に、その気持ちを大切に手入れしているようには思えない。

兄である時緒と離れている時間はあれほど彼を想うのに…。


緒が倒れたのは、自分の限界まで自分を動かし続けたから。

そんな時緒を、彼と一緒に育ってきた正宗(まさむね)は「ロボット」と称する。

『「みどりちゃんのため」がオートマティックでプログラムされ』たロボット。

それは振動で動き続ける、時緒の努力の結晶である腕時計と一緒。

時緒の心臓は、みどり のためだけにビートを刻み続ける。
みどりの居ない世界など、彼にとっては死んだ世界なのだろう。

その証拠に、みどり が無茶して死んだら離れてればよかったと後悔すると心配しても、
「離れてんなら死んだって同じじゃん」と当然のように返す時緒がいる。

…もう重症ですね。
過労で階段から落ちて ぶつけた頭は医学的には何ともなくても、
みどりのことを想い続け13年間で執拗に煮詰めて、脳にこびりついてしまった思考は剥がせません。

これは果たして、時緒にとってのバグなのか。
それとも、この思考言語こそが時緒を動かすプログラムそのものなのか。

解決策は、みどり が子を産むことですかね。
もしみどりの結婚するとなると、時緒は暫く喪失感で動けなくなるだろう。

だが、みどりが子を産み、自分にとっての甥または姪が生まれたら、即座に時緒は甦るだろう。
愛情をスコールのように浴びせて、用もないのに会いに来るだろう。
その子の成長を熱視線で見守り続けながら、独りでいる時緒。
簡単に想像がつきますね…。


どり は時緒の無事を確認して、家に帰って人心地ついてから、
ようやく置き去りにした羽柴に謝罪する。

今回の騒動は羽柴も堪忍袋の緒が切れたようで、第一声から叱責する。

そして羽柴はみどりの中で時緒がいっぱいになっていることを勘づくと、いつも嫌味を言っていますね。
それは彼の小さな反抗で、みどりもその空気を察すると謝る。

でもまた同じことをするのは、頭が時緒でいっぱいになる瞬間が訪れるからなんだけど…。


一方で自分のみどりへの感情が「特別」であるか悩む。
これは幼少期から蓄積された感情なのか、
それともバグか、それとも正常さを保った状態での異常な好意なのか。

f:id:best_lilium222:20201201133837p:plainf:id:best_lilium222:20201201133829p:plain
「きれいな子」という綺麗な言葉を使っているけれど、本当に感じたのは欲情なのではないだろうか。

時緒は自分の中に生まれる一切の想いを殺そうとする。
そうしないと「奪いたくなる」から。

羽柴という恋人を、妹という関係を、
その全てを無視してでも奪いたくなってしまうから…。