《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

告白シーンの直前の暴行シーン。これに一体 何の意味があるのか。史上最低のヒーロー。

f:id:best_lilium222:20200924163916j:plain
渡辺 あゆ(わたなべ あゆ)
L♥DK(えるでぃーけー)
第06巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

同じ高校の亘(わたる)が引っ越してきて関係がこじれてしまった葵(あおい)と柊聖(しゅうせい)。元に戻りたいと願う葵だけど、柊聖の態度は変わらず冷たくて……。一方亘は、これ以上柊聖が葵を傷つけるなら、自分の部屋に葵を「連れて帰る」と宣言……!? とまどい揺れる、ひとつ屋根の下・青春ラブストーリー! 柊聖のセクシーコスプレが満載の、「スペシャル番外編」も同時収録!!

簡潔完結感想文

  • 恋愛が袋小路に迷い込んだから相手を押し倒し暴行するヒーロー。本書を好きになれない宣言。
  • そんな最低な場面から続く告白シーン。その直前の20ページが全部 無ければ良かったのに…。
  • 同居も実は家賃折半が目的。いわば金づる。そのために心を誘惑していたホスト 久我山(嘘)

一世一代の告白シーンの前の展開が酷すぎる 6巻。

恋心を自覚してどんどん好きになる主人公の葵(あおい)に対して、
恋心を自覚してからどんどん及び腰になる柊聖(しゅうせい)。

惹かれ合うはずの2人がなぜか上手くいかない。
その原因は全て男の方にあるのだが…。


れまでの2人の同居は男女の友情だから上手くいっていた面が大きい。
気の置けない同居人として暮らしていれば全てが上手くいっていた。

だが、恋心を自覚した途端、ギクシャクする2人の関係。

なぜなら柊聖の過去には何かがあって、
それ故に柊聖は恋愛から自分を遠ざける姿勢を見せていた。
だがそして何も知らない葵は、柊聖からの繰り返される拒絶に傷ついてしまう…。

柊聖は自分の気持ちは一切伝えずに、それでも葵に分かって欲しい、
かまってヒロイン爆誕ですよ(©『おっさんずラブ』)


上手くいきそうな気配を見せるほど、実は恋愛成就からは遠のいているという構図は客観的には面白い。

ただ、柊聖の全てが思わせぶりでフラストレーションも溜まる。
そして柊聖が辛い恋愛や死というキーワードを背負っている人には見えないのも読者としては困惑する。

あれだけスキンシップとイジワルを繰り返していた柊聖が実は恋愛に憶病だということが発覚し、
突然のセンチメンタリズムを発動する描写には違和感を覚える。

自分だけが不幸であるかのように、
柊聖がこの世で一番 辛い過去を背負っているかのような悲劇のヒーロー的な描写が作風に合わない。

人気が上昇し連載は続行され、狭いワンルームどころか、
広大な土地を与えられた作者が、そこをトラウマで埋め尽くそうとしているのが残念だ。


『6巻』で最も、もしかしたら全巻通じて最も残念なのは柊聖の暴行シーン。

恋心を自覚しながらも自重する柊聖。
そんな彼を尻目に、同じ学校の3年生 三条(さんじょう)が葵に近づこうとしている。

自分とは反対に葵との距離を縮めていく三条の姿に密かに心を揺さぶられる柊聖。
葵はそんな柊聖の気持ちなど推察できるはずもなく、
倦怠期のような関係性を打破するために柊聖に本音を伝える。

寂しさを募らせた葵が柊聖と三条を比べるような発言をしてしまい、
部屋から出て行こうとすると、柊聖はそんな彼女の背中を抱きしめるのだった…。


ここまではいいでしょう。だが問題はこの後だ。

柊聖は葵を押し倒し、彼女との間に出来た隙間を肉体で埋めようとする。
『5巻』のキャンプで酒に酔った勢いで葵が言った「なにされてもいい」という言葉を言質に、
葵に男を教えてやろうとする柊聖。
だが、腕の中で見たのは葵の涙。
そこに葵の一番求めていた柊聖の愛はなかったから…。

f:id:best_lilium222:20200924182429p:plainf:id:best_lilium222:20200924182423p:plain
乱暴な行為をしました。でも一番 可哀想なのは 僕ちゃんなのです。だから許して下さい。

最っ低 野郎ですよね。
これは未遂であっても立派な性的暴行ですよ。
小学館の「少コミ」の漫画かと思っちゃいましたよ。

しかもその理由が2人の関係が上手くいかないから、
他の男のもとに走りそうになったから、それを性的暴行で制止しようとした。

読者的には2人は既に両想いかもしれないが、2人にその認識はない。
これは恋人同士の プレイの一環ではないのだ。
合意のないまま相手を暴行するレイプの一種だろう。

これは しちゃ駄目。
これもまた胸キュン至上主義の一環なのかもしれませんが、
作品を一気に崩壊させました。

100年の恋も冷めます。
本気でこの行為の意味が分からないし、この後も変わらず柊聖をヒーローに据えること自体が行為の正当化に見えてしまう。

この行為を三条がやるなら分かる(誤解を与えるようなネタバレをすれば、実際やるし)。
だがヒーローは駄目。
ドSなイジワルはいいが、暴行は駄目。

これまでも少々 冷ややかな目で読んでいた本書だが、一層その価値を下げた。


題はまだまだ続く。

自分の暴走を自覚し、今度は柊聖が頭を冷やしに家を出るという。
「置いていくのね さよならも言わずに 再び会うまでの 約束もしないで『潮騒のメモリー』」
玄関の扉を閉めて出て行ってしまう柊聖。

だが、帰宅の約束の有無よりも問題なのは謝罪することなく家を出て行ったことだろう。
葵の恐怖にお構いなしに、自分の都合ばかりを優先する幼稚な柊聖…。


驚くべき展開はまだ続く。
最低の行為をして勝手に出て行く柊聖を葵は追いかける。
雨の中 柊聖に追いすがり、抱きしめて告白をする葵。

f:id:best_lilium222:20200924184643p:plainf:id:best_lilium222:20200924184637p:plain
涙の告白場面。だが相手は少女漫画史上最低のクズに成り果てた男だった…。

んー、告白を単独で見たら良い場面でしょう。
事前の柊聖のバックハグから葵のバックハグへの連携も上手い。

だが、その間に暴行未遂があるのだ。
これは暴行未遂の直後なのだ。
泣くほど嫌な思いをした後で、その男に追いすがるって どうなの⁉

この2巻ぐらいずっと雰囲気が暗かったですが、
葵の初めての告白、ずっと引っ張ってきた告白までこんな暗澹たる気持ちになるとは思いませんでした。


さて、暴行未遂は一旦置いておいて、
柊聖は、この告白で初めて葵の気持ちを察したのでしょうか。

「鈍感」な柊聖ならばあり得る。目を見開いてるし。
柊聖の中では想いが叶った瞬間ではあるが、
すがる手を振り払わなければならない苦渋の選択をする時でもあった。

本気にさせておいて、追いすがったら、のらりくらりと かわす。
柊聖のやってることマジ ホストですね(@学園祭)。

葵はその柊聖の手にこもった優しさ一縷の望みを託すが、
柊聖のもとへ行った際に目撃したのは、柊聖と元カノの抱擁だった…。


聖の元カノで、今は実兄の嫁となった桜月(さつき)が再登場。

彼女は何か問題を抱えているらしく、柊聖に泣きついてきた様子。

桜月は言葉の端々からいけ好かない女性ではあるが、
今となっては柊聖の評価も地に落ちたので、お似合いとすら思う。

この桜月のことを柊聖の姉・絵里(えり)はどう思っているんでしょうかね。
兄弟の過去の因縁を知っているのでしょうか。

そういう描写が一切ないのも作品に立体感を生まない原因だと思う。

どの関係性も ただの線なんですよね。
当事者同士以外の第三者も含めた微妙な関係性や空気が描けていない。

だから登場人物が どんなに増えても世界観に広がりが見えない。
広大な敷地に建てられた豪邸の中はいつも物寂しい。

L DK(6) (講談社コミックス別冊フレンド)

L DK(6) (講談社コミックス別冊フレンド)

  • 作者:渡辺 あゆ
  • 発売日: 2011/04/13
  • メディア: ウェア&シューズ