《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

少女漫画あるある。少女漫画に登場する 弟のいる 姉、だいたい口が悪い。すぐ下ネタを言う。

f:id:best_lilium222:20200925162032j:plain
渡辺 あゆ(わたなべ あゆ)
L♥DK(えるでぃーけー)
第07巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

同居解消!? でも、柊聖(しゅうせい)が意外なやさしさを見せる!? 美少年とひとつ屋根の下SEXYラブ! --柊聖に想いを伝えたけれど届かなかった葵(あおい)。さらに柊聖が元カノ・桜月(さつき)と抱き合うところを目撃してしまう。そんな葵の傷ついた心が亘(わたる)のまっすぐな想いに触れ、心揺れるけれど……!? ドキドキが止まらない、ひとつ屋根の下青春ラブストーリー。

簡潔完結感想文

  • ヒーローの退場でライバルの独擅場。誠実な人柄とヒロインの泣き場所の確保、欠点はどこ⁉
  • 心優しき三条は柊聖の過去を知り不戦敗を選ぶ。決してヒーローの勝ちではないことに留意。
  • 作者の操り人形でしかないヒーローと悪女。無表情な顔がお似合いに見えなくもない(皮肉)

2人の男を比べる主人公と比べられる男たち。ヒーローの柊聖に いいとこなしの 7巻。

今更ながら葵(あおい)の男との同居の連続記録は途切れてるんですね。

柊聖(しゅうせい)の部屋が修繕されて同居解消の時も、すぐに犬系男子を家に引き入れてましたもんね。
まぁ、今回も誰かしら男がそばにいる現状は変わりませんが…。

こうやって書き出すと葵が とんだビッチに見えてくるぜ…。


『6巻』で遂に柊聖に告白した葵。
が、柊聖にすがりついた手は優しく振り払われてしまう…。

逆境にめげないのが葵の長所だとは思いますが、作為的で下品な逆境の連続に辟易する。

特に告白の直前で柊聖に押し倒され、性的暴行寸前という場面は唾棄すべき展開だ。

どんな言い訳をしても柊聖が少女漫画史上最低のヒーローになってしまった。
作者もどんな意図で柊聖にあんな行動を取らせたのか。
まさか、あれが胸キュンシーンになるとでも思ったのだろうか。

仲良く同居していた2人に出来た距離を埋めようと近寄る度、手酷く傷つけられる葵。
そんな彼女の傷心を癒してくれるのは、アパートの下の階の住人・三条(さんじょう)だった…。


女漫画としては凡庸な展開で、少女漫画だからこそ、この後の展開も予想がつく。

そして残念ながら三条の役割は「年上の良き理解者」。それ以上でもそれ以下でもない。

ただ直前にフラれるにしても、葵にとって三条が心が揺らぐ存在になるまで地位を高めなくてはならない。
なので『7巻』は まるまる三条の長所を描くことに使われている。
相変わらずページの使い方が贅沢である。
厳しい意見を言えば、話の密度を濃くする練習をして欲しいものだ…。


学園祭でホストクラブを出店した三条たちのクラス。

そこに来店する正体不明の美女(柊聖の姉・絵里(えり)。
彼女は葵が仲良くする三条の内面を見定めるために彼を指名した。

絵里についた三条は彼女からの同伴の誘惑にも
「僕 いま好きな人がいるので そういったことは遠慮しておきます」
と返答する生真面目さを見せる。

f:id:best_lilium222:20200925193029p:plainf:id:best_lilium222:20200925193021p:plain
年上のお姉さんの誘惑に簡単に惑わされたりしません。柊聖とは違うんですッ!!

続いて絵里が仕掛ける王様ゲームでの指令、葵との2人で行うポッキーゲームでも
葵の不安に配慮してわざと、ポッキーを折る優しさを見せる。

機会があっても唇を奪わないのは誠実さの証なのだ。
それは暴行未遂犯の柊聖も同じ。
奪ったのは後述の、クズな あの男だけなのだ。

にしても学園祭でホストクラブにポッキーゲーム
高校の風紀を乱すとして厳格に処分されるような気もするが…。


ただ、どこまでも誠実であろうとして葵だけではなく柊聖の気持ちを知ってしまったのは彼の戦略上のミスだろうか。

絵里が柊聖の姉と知って、惹かれ合いながらも上手くいかない葵と柊聖の原因を探ろうとする。
そこで柊聖の過去を知ってしまい、彼の行動に理解が及んでしまった三条。

柊聖の気持ちなどお構いなしに、葵に強引に迫ることが出来れば結末は違ったかもしれないが、
彼には広い視野も、他者への共感力も備わってしまっていた。

それは『7巻』のラストで柊聖への未練を断ち切ろうと、葵が三条に身体を差し出そうとした時も同じ。

それが葵の やけっぱちな行動だと分かる理性が情動を上回ってしまうのだ。
そんな葵を優しく諭し、彼女から本心を引き出す三条。
自分が傷つくと分かっていても、どこまでも葵を優先する彼の姿勢は素晴らしい。
思い通りにならないからって暴行未遂する誰かさんとは大違いだ。

お子様な柊聖と比べ大変 成熟した人間なのに、なぜか恋愛で不利になる三条。

ここでは、ヒーローとライバルの逆転現象を見るようだ。
恋愛に少々の波乱を巻き起こすだけのはずが、大きな嵐になってしまった。

そこで連想したのは南塔子さん の『360°マテリアル』
あの作品も、作者の力量不足からか本来の意図以上にライバルの価値が高まり過ぎたように思えた。


て、男子高校生たちとは違い軽率に葵の唇を奪ったのは柊聖の兄・草樹(そうじゅ)。
それは彼の不誠実の証なのかもしれない。

更に驚くことに結婚相手の桜月(さつき)とは入籍していなかったことが判明。

桜月は柊聖の元カノであり、柊聖が家を出る契機となった草樹と桜月の結婚。
それが嘘だったと分かった時の柊聖の衝撃はいかほどか。
(この大事な場面でも柊聖側の心理描写を排除しているのが悔やまれる。)

桜月は柊聖を義弟としてではなく元カレとして扱って、
語源の通り、元の鞘に収まろうとしていたのだろうか。

桜月の心理描写も排除しているから、彼女の真意が分からないのが難点。
精神的に強いのか弱いのか判断しかねる桜月は、宇宙人のようにも見える。
思考パターンが人間とは異なっているのではないかという恐怖が湧いてくる。

ある意味で作者の望むように行動をインプットされたロボットなのでしょうが。

初登場の時も書きましたが、外見的にも内面的にも魅力が無く、
この女性と付き合っていたことが、柊聖の経歴にプラスになることも無いのが残念。
葵の嫉妬や焦燥の対象になることがない。
ただただ不気味なのだ。

読者としても男を渡り歩いているだけにしか見えない女性に湧く感情もない。
兄も兄なら、この女も下衆な女なので、一刻も早く退場して欲しいとは願うが。


路を考えなくてはいけない3年生の三条が、
得意の料理の道に行かないと宣言する。
「100パーセント 趣味のままでいたい」という。

ネタバレになりますが、これは未来の葵とは逆ですね。
葵はちょっと料理が得意だからと進路を決めていましたね。
残念ながら行き詰まるのは家庭料理とプロの料理を混同している葵タイプの人間だと思います。

そういえば三条と星空を見にツーリングに行った葵が星空を見て、

「6等星も見えるーー!!」

と言っていたのにはズッコケました。

f:id:best_lilium222:20200925193339p:plainf:id:best_lilium222:20200925193333p:plain
満天の星空から6等星を見つけるように、輝きを失った6等星の柊聖だって見分けられるよ。

6等星を見分けられる葵。
君は何者だ…。
天文学者になれ。

L DK(7) (講談社コミックス別冊フレンド)

L DK(7) (講談社コミックス別冊フレンド)

  • 作者:渡辺 あゆ
  • 発売日: 2011/08/11
  • メディア: コミック