《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ヤマケンくん二重音声。毒舌の悪魔の声と、恐悦の天使の声をお楽しみ下さい。

f:id:best_lilium222:20200319111223j:plain
ろびこ
となりの怪物くん(となりのかいぶつくん)
第7巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

「ずっとずっと感じていたい」……名づけるならきっとこれが恋なのだろう。水谷雫の誕生日でもあるバレンタイン当日。吉田春のおかげで気を遣うばかりだった母に電話できた雫は、自分からハルにキスをして再告白。勉強も恋も頑張るために2倍頑張ると決意する。しかし大島さんもハルに告白、ヤマケンも雫を誘おうとし、事態は急展開!?そして夏目さんが……!?

簡潔完結感想文

  • 1話で2人が失恋。みっちゃんの大人の厳しさ、そして断り方が優しいハル。
  • ハルの居ぬ間に密会のヤマケンくん。心の声を全て雫に聞かせてあげたい。
  • 2年生に進級。クラス替えでまさかの事態。読者としては楽しそうな予感。


怪物が人の心を学び始める7巻。

でも怪物は人にどんなに近づこうとしても結局は怪物であり人ではない、というのが物語の定石。
そんな書名の今後の展開が怖い。
雫とハルに関しては結構幸せムードなのでそれが壊れるのが怖い。


一方で壊れてしまうのは夏目ちゃんの恋と大島さんの恋。
好意を示してから長らく保留されてからの失恋と、示してすぐの失恋、どちらが痛いのだろうか。
好きになってからの期間は大島さんの方が長いですけどね。

みっちゃんは夏目ちゃんに未練が残らないように、わざと厳しい言葉を選んだ、と思おう。
ハルの断り方はとても真摯だなぁ。
本当にハルは人を気遣えるようになった。
人に好かれる喜びも、友達を傷つけた事に対する怒りも、ハルの中にしっかりと生まれている。
もちろん彼の考える範疇の話で、それが一般的な倫理によるかはちょっと違うから問題が起きるのだが。


雫もまた悲しんでいる人に手を差し伸べられる心を持ち始めている。
夏目ちゃんとは本当の友達ですね。
そもそもそんな事より、あの雫から勉強の時間を割いてもらってるって事自体が大事件なんですよね。
今までもこれからも人生が勉強と同義だった人から初歩的な事から教えてもらうなんて贅沢だという事を夏目ちゃんは気づいているだろうか。


今巻収録3話目「その27」はヤマケンくんの心の声を副音声に二重音声でお送りします、といった感じのお話。
まずサブタイトルがいいですよね「ハル休み」
1年生から2年生に進級する前の春休み、そしてハルが実家に帰って雫の周辺にいないハル休み。

思っている事と口から出る言葉が全然違う、簡単に言えばツンデレなんでしょうけど、プライドを捨てられない予定外の恋は面白い。
ヤマケンくんの場合は振られても表面上はそんなにダメージなく生きていけると思うので、失恋反省会としても楽しく読める。

f:id:best_lilium222:20200630213937p:plainf:id:best_lilium222:20200630213933p:plain
そのプライドで身を滅ぼし始めているヤマケンくん。自己嫌悪が募りそうだ。
ここでプライドを捨てて本心を言えば雫の心は1ミリは動いたはず、とか、ハルに見つかる前に行動しなきゃいけなかった、とかヤマケンの二重音声に加えて、私の読者のツッコミを交えて読むと本当に楽しい。
本当にモブからよく這い上がってきましたね。
それに引き換え、他のヤマケンの同級生たちは3バカトリオのままですね。
登場回数の割に名前は憶えられないし、発言は下品だし、同じモブ出身でも人気は雲泥の差となりました。


同じ回で雫は母から携帯電話を贈られる。
母の数少ない功績だ。
私は雫が携帯に表示されている自分の番号をハルに見せながら「ハル 覚えて!」という雫がとてもかわいく思えた。
一番にハルに教えたいという高揚感と、ハルなら11桁の数字ぐらい覚えられるだろうという信頼感。
キスよりもどんな行為よりも雫の好意が良く表れてるんじゃないかと思えたほど。対するハルの笑顔もいい。


そしていよいよ2年生に進級。
1年生の間だけでも色々な事がありました。
これと言って明確なゴールが見当たらない本書ですが、3年生の卒業まで描かれるのでしょうか。
恋愛としてはゴールのような気もするし、どこに向かうのでしょうか。
雫の勉強が大学合格という実を結ぶまで?
まぁ日常が楽しい漫画なので、さして事件は必要ないのですが。

f:id:best_lilium222:20200630213622p:plainf:id:best_lilium222:20200630213618p:plain
書名が微妙に変更「となりの(クラスの)怪物くん」。怪物くんの前途は八方塞がり?
魔のクラス替えではハルよりも夏目ちゃんが救済されてよかった。
このまま一人だけクラスが別になってしまったら弱り目に祟り目で、夏目ちゃんが登校拒否になりかねない。
それを心配した夏目ちゃんの隣の席の男子生徒が家に訪問する事から始まる「となりの魔性さん」連載スタート。
噂を聞き付けた男子生徒が次々に自宅を訪れるから遂には本当に引きこもってしまう鬱展開…。

『前巻』のハルの下柳くんたちとの交流はクラス替え前の下準備だったんですかね。
告白を断って気まずい関係の大島とハルは同じクラスになってしまうが、大島は友達としてハルとの関係を再構築しようとする。
ハルの新しいクラス初めての友達は大島さん。
お母さんやお姉さんっぽい役割になってしまうけど、大島さん頑張れ!