《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

胸キュンは予想外の言動から生まれるので、変てこな人との会話はずっと きゅんです!

僕と君の大切な話(3) (デザートコミックス)
ろびこ
僕と君の大切な話(ぼくときみのたいせつなはなし)
第03巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

同じ学年の東くんに片想いしてきた相沢のぞみ。ある日、勇気を出して帰りの駅で告白したものの…。超予想外の返事を皮切りにへんてこな理屈を繰り出し続ける東くん。それにもめげず、会話を続けるうちに少しずつ仲良くなれて、学校の東くんお気に入りの場所でも話すようになったけど? 「となりの怪物くんろびこ最新作!笑いもニヤニヤも止まらない!すれ違う男女の新感覚“トーキング”ラブコメディー第3巻!

簡潔完結感想文

  • 恋愛戦国時代編。とはいえ敗者はいない。上手くいかない恋は秘される運命。
  • 彼の眼鏡は伊達なので、眼鏡を落としても顔は見えていた。また恋に落ちる。
  • 一方通行だった恋心が、東くんに初めて届く。俺たちの恋愛は ここからだッ!

節が移ろうと逢瀬の場所も移ろう、遊牧民族の 3巻。

会話劇のパターンに読者が慣れてきたところで、
新しい刺激を与えて、常に興味を引き続ける手法が素晴らしい。

そういえば『2巻』で文芸部部長の はまりんが漫画の本質について語っていた。
引用すると長くなるので、その場面を貼ります。

f:id:best_lilium222:20210918192425p:plainf:id:best_lilium222:20210918192422p:plain
少女漫画の男性キャラは なぜ中性的なのか、前髪が長いのかという疑問への答えが(右)

「主人公が止まれば途端に物語は停滞する」。
だから少女漫画には新たな恋愛トラブルが必要と彼女は考える。

ただし本書には恋愛トラブルが似合わない。
本書の主人公たち、東(あずま)くん・相沢(あいざわ)さんに想いを寄せる人がいない訳ではないが、
それを火種に利用することはしない。
むしろ燃え上がらないように十全な注意を払って、
燃え尽きることも出来ない侘しさを味わわせている。

仲間内が皆、幸せになるご都合主義のハッピーエンドは用意しないかわりに、
悲しみが色濃く出ないように色合いが調整されていることに気づく。

では本書の東くんたちは成長しないかというと そうではない。
主に2人だけの会話をメインに据えながらも、
会話の場所を変えることで、物語に新鮮味が加わるのだ。

そして2人だけではなく第3者の介入や恋によって物語は動き続ける。

そして肝心の2人の恋も、互いが相手を意識するところまで進んだ。
3巻目で ようやく恋愛漫画のスタートラインに立つことが出来た。

次巻もまた会話の舞台を移すことが予想される。
場面と巻の転換が同時に行われることによって、
読者は心理的な休憩とリセットが自動的に出来るのである。

この心機一転が作品をずっと面白くさせる秘訣なのではないか。


1話から相沢さんの告白で始まった本書だが、ずっと棚上げ状態。
それは東くんが、告白された日に起こった全てを忘れることにしたからであった。

でも考えてみれば、相沢さんは満を持しての告白だったが、
東くんからすれば接点のない人から告白されても、身構えてしまうのも当然。
ましてや身内以外の女性との付き合いを知らない彼だもの。

そして その防衛本能から理論武装した東くんは、
女性から告白自体を悪手と断罪することで話のテーマをすり替えた。
そこから話は変遷してしまい、告白は遠い過去になってしまった。

巻末にある おまけ漫画「告白の刻(とき)~その時 女は~」は そんな結末を迎えた告白を切り出すまでの相沢さんの心境を描いた作品。
この時 彼女は、色々考えすぎてバグった結果、第一声から間違えて、
意を決したはずの告白も はるか後方へ流されてしまった。

でも告白の前に議論があったことが、相沢さんの幸運とも言えるのではないか。
これがなければ対話は成立せずに、次の機会に恵まれなかったはず。
(相沢さんが男性からの告白を一言で終えてしまったように)

もし第一声から告白したら東くんはフリーズしてしまったかもしれないが、
しょうもない疑問を相沢さんが呈したところ、常に対話の用意がある東くんは応じてくれた。


…しかし そんなことを知らない相沢さんからしてみれば彼女の恋心は暖簾に腕押しの日々。
毎日、隣に座ってお昼を共にする この状況は幸せではあるが満たされない思いがある。

だって相沢さんは「目が合うたび結婚だって考えてる!」ほど恐怖のポジティブさを持っているから。
自分の中の大正ロマンの妄想で、肩を震わせて息を乱すなんて、危険な女だ。

しかし東くんにとっては妄想で赤面する相沢さんは「かわいい」。

そうして東くんが相沢さんを大切な人だと自覚することになってから、
いよいよ『1巻』の告白が、相沢さんの親友で東くんを敵視する はまりん によって蒸し返される。
この問題を最適なタイミングで投下する作者に拍手を送りたい。

あの日は心の泉に小さな波紋を起こすだけで、やがてそれも収まり、
それからは明鏡止水の心持ちだった東くんの心。
だが、告白を再認識するにあたって一挙に泥沼と化した。

ここまで2.5巻以上を消費して、1話の会話に戻る。
ようやく僕たちの恋愛は ここからだ!!と物語が始まる。

ここからは相沢さんに替わって、東くんが様子がおかしい人になる。
眼鏡をかけてまで作っているクールキャラが完全に崩壊した。

まぁ、東くんも これまで無自覚に相沢さんに対して身体を近づけたり、
何気ない会話をしたりしていたのだから、同じ苦悩を味わうといい。

恋に敏感になった東くんが、私の好きな赤面する男子、通称・赤メンになったのも私得。
これからは互いに意識して ことあるごとに赤くなる姿が見られるのだろうか。


少女漫画における成長という意味では、
相沢さんが自分へ好意を持っていたという事実を意識しすぎて、
まともに会話すら出来なくなった東くんは自分なりの解決法を見せたことが成長か。

彼女が今、自分を好きかどうかなど意識しないで、
自分に話し掛けてくれる相沢さんと会話をしようと原点に戻る。

そして季節はまた移ろい、冬休みに突入する。
今度は学校の外、休みの日の、完全なプライベートで会う約束をして今回は終わる…。


の巻における相沢さんの心は乱高下。

唯一の接点であるお昼休みの昼食タイムの場所は寒さから逃れるために室内に移った。
しかしそこは文芸部の部室でもあり、2人きりではなくなった。

どうやら相沢さんは場所の移動によって、東くんとの距離が近くなると期待していたみたい。
「上げて落とされた恋心わかってるの⁉ この男 わかってるの…⁉」と心の声で東くんに文句を言う。

更には東くんの告白リセットが発覚し、彼女は失意のどん底

でも共通の友人である環(たまき)が、東くんは相沢さんをどう思ってるの?と
問われた東くんの回答に、どん底からの急上昇。

「僕にとっては なんでも話せる …唯一の女子だ」

今度は落とされてから上げられた恋心。

私は、女性の気持ちを下げてから上げるのが胸キュンの基本構造だと思っているが、
『3巻』の東くんは相沢さんの被害妄想で落ちていく気持ちを、それ以上の返答をすることで掬い上げている。
それが胸キュンに変わっていく。
行き過ぎたキャラの少女漫画ヒーローと違って、
東くんの場合は、罵詈雑言とかドSな態度を全く取らないところが良い。
ま、無神経なところもあるんだけど。

f:id:best_lilium222:20210919170100p:plainf:id:best_lilium222:20210919170057p:plain
これまでの不安を帳消しにしてくれる言動、それが胸キュン。彼女の自己評価が低いのも要因か。

ーパー胸キュンタイムの2回目は、相沢さんが初めて会った時のことを問う場面。

これは告白した駅のホームのことを思い出してもらうための誘導であったが、東くんの答えは意外なものだった。

なんと彼は1年前の廊下での1件を彼は記憶していたのであった(『2巻』)
相沢さんにとって忘れられない日のことを、東くんも覚えていてくれた。
眼鏡を落としても顔を覚えていたのは、伊達眼鏡だからだろう。

自分の一世一代の告白なんて忘れ去られていると悲観した彼女だったが(事実、東くんは記憶を消去していたが)、
それ以上の嬉しい回答を貰って、悲観が一気に吹き飛んだ。

『3巻』の東くんはどこかジゴロである。

ちなみ東くんの期末テストの成績は、死ぬ気で一夜漬けを5夜やって全生徒の半分以下。
まぁコストパフォーマンスとしては悪くないのだろう。

相沢さんは何気に3位。女生徒の中では1番の成績。
これは東と同じく赤点回避に全力を傾ける はまりん の勉強に付き合っていたから。
テスト期間と東くんの混乱期間が重なり、東くんとの接触が無かったことも大きい。
どんなことにも全力投球で、今回は情熱の傾ける先を失ったから、勉強に熱を注いだらしい。

f:id:best_lilium222:20210919170118p:plainf:id:best_lilium222:20210919170113p:plain
女性が喜ぶもの、それはサプライズ。望外の言葉を貰って、また不安は帳消しになる。

の他のキャラの恋心も次々と発覚する。

まずは環。
喜色満面で東に話し掛ける相沢さんを見て彼女の恋心を知る環。
それが分かった瞬間に、自分にとって彼女が特別だと知った。
気付かされた時には、この恋は五里霧中であった。
だから霧に隠して表に出さない。
この作品に恋愛トラブルは不要だしね。

そして はまりんの恋も加速中。
カフェインという あだ名も本名も知らない人のことで思い悩む。

これまで自分と恋愛が重なるとは思っていなかっただけに、
自分の中に生じる変化に気持ちが追い付かず、変な態度ばかり出てしまう。
不器用なこの恋は何とも応援したくなる。

ちなみに はまりん の読書は、ゴリゴリのSF派。

最後に東くんの読んでいた本の書名を。
物語に動きが出てきたからか、本を読むシーン自体が減少傾向。
・『金持ち父さん貧乏父さん』
・『エルマーの冒険』


「ミラクル☆ギフト」…
クリスマス直前にトナカイの赤い鼻を拾った小松くんは、
お礼として彼女をプレゼントするから好きな子を決めてくれと言われるが…。

週刊少年マガジンに読切として掲載された作品。
ちゃんと少年誌風の展開になっているのが凄い。
男子高校生になんて都合の良い展開なんだ(笑)

作者の絵なら どんな雑誌でも通用するだろう。
少女漫画を描き続けて欲しい気持ちもあるが、
もっと作者の想像力を存分に見せつけるような作風を別媒体で読みたい気もする。