《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

「気持ちには応えられないよ」「責任とれよ」 駄目だ こいつ…、話が通じねー。

コスプレ☆アニマル(5) (デザートコミックス)
栄羽 弥(さこう わたり)
コスプレ★アニマル
第05巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★(4点)
 

対決!?リカをめぐるイケメン2人の想いはヒートアップ!!世にいうこれが「モテ期」なんだろうか。……なんて、ひたれない!元(ハジメ)もアラタも、一歩も引く気がないみたい。あたしの気持ち無視して、勝手に三角関係始めないでよー!! リカ、大混乱の第5巻!!●ナゾに包まれたオーナーの誕生秘話を描きおろし!

簡潔完結感想文

  • 結論を認めない限り三角関係は続く。前巻と変わらない内容もファンなら楽しめるのではないか。
  • 父子家庭、再婚、死別、段々と明らかになる家庭の事情。そして明らかになる『1巻』の再放送。
  • 結末まで見えている漫画で恋愛指南をされても困る。三角関係も漫画も諦めが肝心、なのでは?

正面から断ってもイケメンが私を好きなことを止めない件について、の 5巻。

自分は彼氏一筋とキッパリと言い放っても、相手が諦めない限り、
三角関係は継続するみたいです。

f:id:best_lilium222:20210218170255p:plainf:id:best_lilium222:20210218170252p:plain
諦めることを諦めない。ネバーギブアップ で ネバーエンディングストーリーだよ☆

女性が年下の男性2人から(しかも現役男子高生)言い寄られる
夢のようなシチュエーションに加えて、
その男性同士は親友であり家族も同然なブロマンス的な関係性を見せる。

この構図をハッキリと明示するのが、この『5巻』の役割か。

それとも、ダラダラと結論を出さずに(出ているが)
続けることにしたことを表明したのが『5巻』か。

色々とファンサービスを過剰なぐらいしているが、
長編作品として面白いかと言われたら、肯定できない。

三角関係は既に出涸らしの域に突入していて、
新たな(アラタな)旨味は出てこない。

作者はそれを水分がなくなるまで煮詰めると決めたのだろう。

だって、『5巻』では女性のライバルが現れたけど、
結局、彼氏の元(はじめ)が彼女の リカ を肯定する展開になるだけだもの。

1話にして肉体関係を持ち、
コスプレ趣味の自分の全てを肯定してくれて、
今回、親に挨拶に行った関係が、
今後 壊れるようなことは絶対に断言できるのに、まだまだ続く この漫画。

特に少女漫画における親への挨拶は結婚の前振りなのに…。

あとがきによると、4巻で100万部を突破したらしい この漫画。
もう編集部側が売上か人気の低迷で作者に肩を叩かない限り、
内容に関わらず続けらる体制なんでしょうね。


雑な家庭環境を持ち出して、漫画に奥行きを出そうとするのは少女漫画家の常習手段。

本書でも主要登場人物たちは家庭に問題を抱えている。

リカ は両親が離婚。
父子家庭ではあるが、高校は母の家から通い、現在は1人暮らし。
そして今回、父親の交際相手が登場して、初対面を果たしている。

元は母親と死別、パイロットの父親は留守がちで実質1人暮らしのようなもの。
だからこそ、リカと四六時中イチャイチャできる。
彼の家庭の話は、また次巻。なかなかに酷い話になります…。

アラタの家庭は医者一家。
医者になることを保留していた兄が5年ぶりに帰国。
アラタも一家が暮らすマンションとは違う別邸で1人暮らし状態。

家でイチャつこうが、旅行に行こうが問題ないのは彼らの自由が保障されているから。
複雑な家庭の事情だけど、皆さん自由時間とお金には困っていない。

『1巻』に同時収録されていた読切短編でも父子家庭や再婚話がありましたが、
作者は、家族の欠落について何か思うところがあるのでしょうか。

そして、後半の内容は『1巻』の読切短編の内容でもある。
連載は続けたいが、ネタがないという作者の実情が垣間見られる…。


画としては恋愛指南書みたいになってるのも不満だ。
作者はそういう本が好きなんだろうなぁ、という感じですが。
私が興味があるのは少女漫画で会って、恋愛指南ではないので苦痛に感じる。

f:id:best_lilium222:20210218170157p:plainf:id:best_lilium222:20210218170152p:plain
ある程度の年齢になると人って語りたがるよね。ゲイのオーナーも父の恋人も作者も…。

そして女の子は~、男の子は~、と本書を通して一般論を語っていることに違和感がある。

そういうことを描きたいのなら『1巻』のようにオムニバス形式にして、
様々なカップルの様々な事情を描けばいい。

リカと元から離れずに、恋愛の奥深さを語るのは無理があるだろう。


そういえば、収録2話目の元の誕生日回の結末はどういう意味なんでしょうか。

元は自分がムラムラした学校の図書館で リカ と事に及ぶのが夢だったのでしょうか。
これまで性描写は多かったけれど、公共の場所などでは致さなかった2人。

でも今回、不法侵入に図書館での性行為と、これまでとはテイストの違うことをしている。
それが元の誕生日だったから何か意味があるのかと思いきや、特に読み取れず。

意味のない発情漫画ではない健全さがあると思っていただけに ちょっと残念な描写だった。


あと、ちょっとずつ男性陣の下半身の描写(というと語弊があるが)が雑になっている気がする。

パンツスタイルの脚が長すぎたり、裾が太過ぎたり(ダボダボ)、
流して描いているような部分が気になった。

いつもは丁寧だからこそ、かえって気になる。