《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

民主的な選挙を経たという大義名分を得ることによって確立される政治的支配体制。

スターダスト★ウインク 9 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
春田 なな(はるた なな)
スターダスト★ウインク
第09巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★(4点)
 

新越高校1年5組担任の安元です。2学期になって、都倉日向くんがうちのクラスに転校してきました。早くクラスになれて欲しいので、文化祭の実行委員に任命したんです。そうしたら、永瀬颯くんがもう1人の委員に古城杏菜さんを推薦してくれました。3人は仲のいい幼なじみですね。

簡潔完結感想文

  • 花火大回。交際相手の体温を感じながら眺める花火。でも直後に違う男のことで頭がいっぱい!
  • 文化祭準備回。幼なじみポジションを謳歌することが我が青春の謳歌に繋がる。みんなの杏菜だお。
  • リセット回。もう1人の幼なじみに好意を寄せる人が出たので排除します。颯も日向も杏菜のもの!

もかも満たされても、自分を好きな男を繋ぎ止めておきたい独占禁止法 の9巻。

物語としての核、問題の焦点が分かりづらい本書ですが、
更に訳が分からない様相を見せております。

交際直後という幸せのピークに、こんなに気持ちが揺らいじゃ、
先は長くないね、と思わせる主人公・杏菜(あんな)の心持ち。

いよいよ杏菜の本気度が試される。

幼なじみの颯(そう)に恋人が発覚したら勢いで先輩と付き合い、
颯に好きと言われたら颯と付き合い、
同じく幼なじみの日向(ひなた)に「かわいい」と言われただけで
日向を好きになった単細胞の杏菜。

そして日向にまとわりつくマリちゃん先生を敵視して、
彼女から日向を奪還しようと燃えていた。

そのミッションを完遂してしまった杏菜の次の標的は??

今度は颯といい感じの雰囲気を醸し出す女性が現れたらどうなる?
彼氏持ちの身でありながら、その女性から颯を奪還しようとするのか…⁉


私は『8巻』のラストページが私の中でかなりお気に入りだったので、
あそこで終わっても良かったのではないかなぁ…。

確かに、あのままでは颯の立ち位置が不安定で、
何かしらの決着を付けたかったのは分かるが、
この展開で『8巻』ラスト以上のカタルシスを得られる気が全くしない。


変わらずの不安定さを見せる杏菜ですが、漫画的には交際編突入といった感じでしょうか。

東京の高校を退学処分になった日向は、杏菜・颯が通う地元の高校の編入試験を受ける。
そして3人が一緒のクラスになる奇跡。

遠距離恋愛かと思ったら同じ学校、同じクラスになるという万事塞翁が馬といった感じの ご都合主義。


そういえば試験といえば、颯は高校入学は推薦だったけど、
杏菜の一般受験の日は日向が東京に旅立つ日でもありましたね。

そして中学3年生の時、日向を誘惑するマリちゃん先生のことなど
喧嘩別れした花火大会(『3巻』)から1年ですね。

2つの出来事が重なって、日向が帰ってきたこと、
2人が交際していることを実感させる構成は好きですね。

f:id:best_lilium222:20201231221239p:plainf:id:best_lilium222:20201231221235p:plain
こんなにも幸せだけど満足はしていない。2人の 幼なじみ から同等に愛されないと!

浴衣で花火大会デートをしたり、
颯と3人で再び学校に登校することが出来たり、
(これ結構 重要なイベントですよね。中3の1学期以来?
 杏菜がその感動よりも、男子2人に注目が集まることに
 疎外感を感じつつ満足げにヒロインしてるのに腹が立つ)

2人で文化祭の実行委員に任命されたり、
文化祭の出し物の劇で 幼なじみ3人が主役級の配役をすることになったり、
と学校生活も恋愛も充実した日々を送っている杏菜。


…のはずが、その裏で黒い感情が渦巻くのが杏菜さんの本領発揮。

高校から知り合った、同じ写真部の絢音(あやね)が、
颯への好意を改めて表明したから穏やかじゃない。

例え、日向との交際に一点の曇りもなくても、
独占欲モンスターの杏菜さんは颯の恋愛事情にも気を揉んでしまう。

杏菜って、将来的に不倫するタイプかもしれませんね。
どんだけ満たされていても、自分を女として見てくれる人に惹かれる。

相手のアプローチを拒絶しないし、
ましてや相手の心が自分から離れていくことなど許せない。
自分を好きな彼を誰かが好意を寄せることも同様。

世界の中心は自分でなければ心が休まらないのだ。

もしかしたら「りぼん」という低年齢層向けの少女漫画の中で、
ドロドロの不倫劇が描かれているのかもしれない。

恋の駆け引きの中に自分の価値を実感しちゃう人なのかも‥。

杏菜の望む愛される自分像は、文化祭で演じる「白雪姫」の配役決定への流れに見られる気がする。

男女逆転劇になったので配役は白雪姫役・颯、
王妃(継母)役・日向、王子役・杏菜となった。

f:id:best_lilium222:20201231221200p:plainf:id:best_lilium222:20201231221156p:plain
おっと、思わず ほくそえんじゃったわ。アホの子の振りして敵を作らない、これが私の処世術よ。

配役決定はクラスの投票によって決められた。
クラスどころか学校の2大イケメンが重要な配役についたのは当然として、
杏菜が選ばれる過程に、杏菜の役得ポジションが如実に現れている。

クラスの女子 曰く、王子役は「イケメンとイチャイチャできる おいしい役」
それを「多数のライバルたちと役を醜く奪い合うより 古城さん(杏菜)みたいに
颯に対して煩悩とか下心ない子に やってもらった方が平和じゃん」「不戦協定」だそうだ。


これは杏菜が望む学校内、クラス内でのポジションそのままではないか。

女子生徒にとって無害な自分を演じることが、
翻って颯にも日向にも悪い虫が付かなくなる平和的解決法だと杏菜は悟っているのだろう。

『1巻』からずっと「幼なじみとの恋愛はない」と主張してきた杏菜だが、
彼女の中では同時に、幼なじみの恋愛もない ことにしたい。

3人の世界に誰も立ち入らせないし、3人の世界から誰も抜け出すことを許さない。

アホの振りをして繰り広げられる杏菜の恐怖と専制政治は、音もなく忍び寄っているのだ…。


回の騒動(というか空騒ぎ)も、杏菜が地に足についていれば騒動にもならないことである。

杏菜より高次の思考能力を持つ絢音に簡単に心を揺さぶられているが、
問題の解決は簡単で、杏菜が颯に対して どういうスタンスを採るか、
この一点を決めれば何も問題は起きない。

それをまるで絢音による嫌がらせ発言で心を乱される、
みたいな描写にしていることに牽強付会さを感じる。

絢音に悪意が無いわけではないが、杏菜側が無配慮なのも明白。

どちらも正しくない物語を読ませられるのは苦痛である。

杏菜は、幼なじみに割って入る邪魔者を排除するために闘争心を燃え上がらせるロボットなの?
ここには胸キュンの恋愛など どこにもない。


本当にこの漫画はどう楽しんでいいのかが分からない。
まさか、杏菜の空回りっぷりを楽しむ?

それが読者の喜びに繋がらないことを、
作者が一番理解していると思うのだが…。