《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

もしかしたら ドSの女王・杏菜に 心を踏みにじられる ドMの王子・颯の物語なのかも…。

f:id:best_lilium222:20201226171709j:plain
春田 なな(はるた なな)
スターダスト★ウインク
第04巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★(4点)
 

瑠衣です。杏菜の幼なじみ事情にツッコミを入れつつ見守ってる者です。もうすぐ中学も卒業なのに、杏菜は都倉日向とケンカしたままみたい。都倉日向は県外の高校に行くらしいし、幼なじみ3人組もついに解散かな?

簡潔完結感想文

  • 中学の卒業式。受験勉強中の何も起きない時期を上手に処理した話の展開に感心する。
  • 別れ。生まれてからずっと一緒にいた人との別れ。前面に出すのは好意じゃなく厚意。
  • 高校の入学式。颯に生き別れた兄弟⁉ それって新ヒナタのこと⁉ 顔 似すぎ問題発生。

寿(ことぶき)限り無しで寿限無(じゅげむ)、不愉快さ限り無しで杏菜と読む 4巻。

私だって主人公・杏菜(あんな)の悪口に終始したくはないんです。
『3巻』までの感想文も、ほぼ杏菜への悪口だし…。

一縷の望みとしては、これは杏菜の成長物語で、
数々の人の心を踏みにじる言動を通して、
自己の欠点に気づいていくかもしれない、という希望的観測がありました。

そして実際、『4巻』では高校に入学する前後の幼なじみ体制の崩壊と、
好きな日向との別れが杏菜を少し大人にしたのかな、と思った場面が幾つかあった。

でも最後まで読んだら、それらが全て吹っ飛ぶような破壊力のあるバカを発揮していて、
また杏菜に幻滅せざるを得なかったのです…。

辛い恋愛をして傷つく少女漫画はいっぱいありますが、
こんなにも人の心を平気で傷つける少女漫画を私は知らない。


んな中でも感心したのが、
中学3年生の受験生の追い込みシーズンのスキップの仕方。

自分が想いを寄せる日向(ひなた)が接近する
美術部顧問のマリちゃん先生を巡る言い争いがあった夏祭りの夜。

そしてその一件以来、日向と距離を置くようになった杏菜

それは日向だけじゃなく、彼と同じ幼なじみの颯(そう)とも疎遠になることを意味し、
あれだけ他の女子生徒たちからの熱視線と嫉妬の中でも止めなかった3人一緒の登校も終わってしまう。

『1巻』では「日課だし今さら変えられない」とか言ってたくせに、
自分の都合が悪くなると、あっという間に主義を変える杏菜なのです。
おっと、また悪口になってしまいましたね。

この夏休み中の喧嘩は、恋愛問題の一時棚上げを意味し、
中学3年生の受験勉強シーズンを上手く乗り切る手法として使われています。

それぞれの夢に向かって集中できる環境が整ったとも言えます。

ここまで杏菜が吹っ切れる人だとは思いませんでしたね。
じゃあ、今まで杏菜が喚き散らしていた些事は何だったんだ、という気もしますが…。


んな経緯もあり『4巻』は中学校の卒業式の前日から始まる。

地元の高校を一般受験する杏菜は卒業式の翌日が受験日。

本書のモデルとなっている新潟県はそういう日程なんですかね。
落ち着かない卒業式になりそうだ。

颯は推薦で学校が決まっており、日向も東京の高校に合格済み。
そんな話も杏菜の耳には入らない。
現実には親から嫌でも聞かされそうだけど。

卒業式、それは中学生活の最後の登校日。

3人一緒の進路を選ばなかったので、これが人生で最後の機会かもしれない。
前日には颯が気を遣って杏菜に3人での登校を約束させるが…。

はい、上手くいきません。
杏菜の寝坊によって、一緒の登校は出来ず。

更には卒業式を経ることで、日向と「このまま終りなんて やだ」と思いは募ったものの、
日向に話しかけようと近づくと彼の隣には女教師・マリちゃんが目に入る。
そして日向も その場から立ち去ったことから杏菜は意気消沈してしまう。

これは杏菜に まともな会話の機会を与えないようにする苦肉の策なんだろうけど、
杏菜の自業自得、そして最後のチャンスも棒に振る 相変わらずの自己憐憫にウンザリする。

何十ページか ぶりに行動に出た杏菜なのに、すぐに回れ右をする展開の連続。
杏菜によくやった、頑張ったね、と応援した気持ちも削がれるんですよね。


翌日の受験日は、日向の東京への出発の日でもあった。
なんとか颯の強引さに助けられ、杏菜は日向に送別の言葉を送ることが出来た。

自分一人では出来なかったことを、颯がアシストしていることに杏菜は気づけるだろうか。
また3人に戻りたい お節介を焼く彼の優しさを当然だと思ってはいないか…。


して日向がいない、颯と2人だけの高校生活が始まる。

颯が推薦入学を果たした学校は、杏菜が一般受験した高校だったのだ!

…というか、そのレベルの高校に推薦入学する意義が颯にはあるのだろうか。
合格率は90%らしいし、颯なら適当に勉強しているだけで入れると思うが。

高校入学で何が起きるかと言うと、新しい環境と新しい出会い。

新しい出会いとして知り合うのは、女性2人男性1人の幼なじみ3人組。

その中の1人はヒナタという名前の男子生徒。
エッ⁉ ヒナタという名前の颯にそっくりな人がいる!

ちょっとこれは私には判別が付きませんわ…。
ビジュアルは颯寄り、中身は日向よりの陽多(ひなた)。

後半の巻になって陽多の顔に個性が出てきましたが(眉が太くなったり)、
初登場時は全く描き分けが出来てませんね。

なんで こんなに無駄にイケメンに描いてしまったのでしょうか。
もっさり感が陽多の持ち味だというのに。

f:id:best_lilium222:20201226201929p:plainf:id:best_lilium222:20201226201924p:plain
(左)新キャラの陽多(右)王子・颯。血のつながった双子の兄弟? えっ、それは別の話⁉

新環境ということで、杏菜の背景を知らない人が出てくる。

なので高校に入学したその日に、クラスメイトの男子生徒からメアドを聞かれる杏菜。

なるほど杏菜は女子生徒たちの視線を迷惑がっていたが、
男子生徒にとっては、学校の2大イケメンに囲まれた杏菜は難攻不落の人だったのかもしれない。

それが高校生になって、初対面の人からは お近づきになりたい ぐらいには杏菜は可愛いのだろう。

そこに割って入るのが颯。
颯は日向にならともかく、他の男に杏菜を取られたくない様子。
日向も遠くに行ってしまったので、ここからは颯のターンですかね。


そういえば1人で登校するようになった中学3年生の2学期以降、
杏菜は誰かに告白されたりしなかったのだろうか。


校の受験日が誕生日だった杏菜。
日向から3人の絵を貰った杏菜ですが、颯からはネックレスを貰ったらしい。

そして、高校の入学式にそれを付けていく杏菜。
杏菜のことでしょうから、幼なじみだから貰って当然、
そこに他意はないとか本気で思ってるんでしょうね。

「男の子から女の子にアクセ贈るのって独占欲の現れ」というのは的確な指摘だろう。

f:id:best_lilium222:20201226202027p:plainf:id:best_lilium222:20201226202024p:plain
私、自分が好きな男の子のことは気になるけど、自分を好きな男など気にも留めないんだよね (^_-)-☆

颯が独占欲を含めてネックレスを贈ったことに対して、
考え無しに身に着けた自分が悪いのに、その返却を巡って颯と言い争いの喧嘩になる。

その仕返しにとばかりに、クラス内で大声で颯への悪口と、
恋人ではないということを発表する杏菜。

「精神的に子供な男」と罵倒する、精神的に子供な女。
お似合いじゃないっすか。ハァ…。


がしばらく経つと、いつのものように仲直り出来るのが幼なじみの良いところ。
そこには日向の助言があるというのも良いですね。

ただ、それを許さない、陽多と同じ新・幼なじみ3人組の1人菜花(なのか)がいて…。

菜花はもう一人の幼なじみ・絢音(あやね)と、
中学時代、絢音の元カレであった颯を元サヤに戻らせようと画策していた。

なかなか首を縦に振らない杏菜に、
菜花はでっち上げの嘘話を杏菜に吹き込み、信じさせようとするのだが…。

ハイ、杏菜さん 信じました。
生まれてこの方、一緒にいる、誰よりも知り尽くしている颯に まつわる嘘を信じました。

信じられません!
信じられないほどのバカです!

それもこれも、杏菜の恋を遠回りさせるため、というのは分かっていますが、
幼なじみという背景や歴史・想いを無視する杏菜には嫌悪感しかありません。

更には話を妄信し、絢音と颯を再び結ぶために、自分が恋の仲介役を買って出る始末。

ネックレスに込められた意味を早くも忘却している様子。
また同じことの繰り返し、学習しない。

ねぇ、何度 颯を傷つければ気が済むの?
どうして他者にも心があることを忘れてしまうの?

単純な学力的バカよりも、人の心を踏みにじるバカの方が10000倍 不快です。

これでは何十ページ、何百ページ、話を重ねても無駄。

だって嘘 信じるんだもん。
本当のことは信じないのに。

常々、少女漫画には話を延命させるための「リセット機能」が備わっていると思っている私ですが、
こんなにリセット機能を連発する漫画を見たことがありません。

ねぇ杏菜、あんた この漫画で何回 人を傷つけたの?