《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

文化祭で観劇した「ロミオとジュリエット」。まさか これ、2人の行く末の暗示⁉

f:id:best_lilium222:20201114141518j:plain
やまもり 三香(やまもり みか)
ひるなかの流星(ひるなかのりゅうせい)
第05巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

ついに文化祭スタート! すずめのことを気にかけているようだった獅子尾が、なんだか急にそっけなくなり、馬村とも不穏な様子。これ以上期待しないように、すずめは獅子尾を避けようとします。すると突然、獅子尾が本音を言ってきて…。 【同時収録】クッキーガール クリームボーイ

簡潔完結感想文

  • 文化祭開幕。負け戦だと分かっていても挑む恋。執事にメイドに姫にアライグマ。コスプレ祭。
  • 文化祭閉幕。結果は終わった恋が1つ、始まった恋が2つ。自制心を失った先生は免職一直線⁉
  • 獅子尾の誕生日。先生の喜ぶ顔が見たくて初バイトを頑張るが、逆に不興を買ってしまい…。

台の上では完璧な仮面を着ける ゆゆか と、教師という仮面が剥がれてくる獅子尾 の5巻。

『4巻』では準備段階だった文化祭が いよいよ開幕。
この文化祭で、それぞれの恋が また一歩 進みました。

連載で読んでいたら、そろそろ完結が近いのかと勘違いしそうな内容です。

幸福な状態が長く続いて欲しいが、
それでは漫画としての起伏が乏しくなってしまう。

いよいよ展開が予測不可能になってきた。
毎回ちゃんと楽しませてくれる内容に感謝 感謝です。


『5巻』から獅子尾(ししお)と馬村(まむら)の教師と生徒のバトルが本格的に勃発しています。

一度は主人公の すずめにフラれながらも、
彼女と関わり続けることを再度 選んだ馬村。
そんな態度の違いが、獅子尾への強い当たりとなって出ているのかもしれない。

f:id:best_lilium222:20201114175657p:plainf:id:best_lilium222:20201114175650p:plain
ここにも担任と生徒という関係を超えた者たちが! 今日から俺たちは恋のライバルだぜッ!

そして獅子尾もまた馬村の挑発に応戦する始末。
本気の想いを秘めた男たちの戦いの火蓋が切って落とされました。

これはまた奇妙な三角関係になりましたね。
だって、すずめ と獅子尾は既に両想いと言っていいわけで…。

それでも諦めない馬村の今後の挑戦に期待しましょう。


んな馬村の真摯な態度が見られるのが、ゆゆか の告白シーン。

結果は案の定、玉砕。
馬村が誰を好きなのか知った上での告白。
それでも逃げずに告白した ゆゆか の勇気に乾杯。

周囲の人間が同じ巻で告白したり、失恋したりする中、
一人だけテンポの違う ゆゆか。

これによって、馬村と付き合う可能性もあるのかな、と思ったりもしたが結果は同じ。

そして ゆゆか には悪いが、今回の告白で重要なのは馬村の断りの台詞だろう。

「ごめん 他に好きな奴がいます ごめんなさい」

馬村にしては、言葉を重ねた誠実な対応。
そして その内容から、馬村が変わらない気持ちを持っていることが判明する。

一度フラれたからと言って気持ちが変わるわけではない。
馬村は すずめ と獅子尾が良い雰囲気になったとしても諦めずに、
好きという気持ちを育みそうですね。


そんなことのあった ゆゆかの馬村への告白。
その前に、ゆゆか が馬村を呼び出すメールを送信するか手を震わせて逡巡してる際に、
それを見ていた土牛(とぎゅう)先輩が、発表当日を迎えた劇に緊張しているのかと思って、ゆゆか に言った言葉、

「失敗したからって しぬわけじゃないし もちょっと気楽にいこーよ」
「フォローいたしますよ」

という言葉は、「失敗」→「失恋」に置き換えられますね。

この言葉によって、ゆゆかは心を決めて、メールを送信。
そして告白して失恋。
涙を流した際には、土牛にフォローもしてもらってる。


そういえば、この2人が演じたのが「ロミオとジュリエット」。
すずめ も周囲の目を気にして着ぐるみに入る獅子尾と2人で見たのだが、
「ロミジュリ」といえば許されざる仲の2人の悲恋。

って、これは周囲の反対があって悲劇が生まれる
2人のこれからを暗示しているのだろうか、と気になって仕方がない。

周囲の反対を押し切るだけの真実の愛がそこにあれば あるいは…。
これからは2人の試練が続くのだろうか。


んな土牛(とぎゅう)先輩と ゆゆか は、
後夜祭にて2人揃って、本年度のミス&ミスターに選出される。

選ばれたステージの上で土牛は ゆゆか に本気になったと告げる。

って、今までは ちょっかい出してただけなんですね。
ここもまた失恋騒動によって連鎖的に起きる恋。
さて、土牛先輩はどこまでその本気度を示すことが出来るでしょうか。

一方で、ゆゆか には馬村と幸せになってもらいたいという思いもあるので、
望みは薄いけれど諦めないでほしいなぁ、とも思いますが。

ちなみに物語の性質上、獅子尾(と馬村)が格好良く見えなきゃならないので仕方ないが、
土牛先輩は、2年連続でミスターに選ばれるほど格好良いとは思えない。
タレ目だからでしょうか(実物は甘い顔なんだろうけど)。
あと顔が大きそうですよね、彼。


ゆか と土牛に一騒動あった後夜祭でのステージを、すずめ は見ていなかった。

というのも後夜祭へ向かう すずめを獅子尾が手を取り呼び止めたから。

獅子尾もまた一歩前に踏み出しました。
すずめに好意を示したのだ。

(完)

という感じですね。

獅子尾の告白は好きという言葉を使わず、
それでも すずめが誤解したりしないよう注意を払って言葉を紡ぐ。

「きっと君は 俺にとっての 昼中の流星なんだ」

これは良い言葉ですね。
「月が綺麗ですね」が「I LOVE YOU」だったりする世界観と似ている気がする。


そうして晴れて気持ちが通じた2人は、
早速、学校内でイチャイチャしだしている。

すずめ にも、獅子尾の元カノ・つぼみに感じた嫉妬とは違う、
独占欲や焼きもち と言った感情が生まれる。

f:id:best_lilium222:20201114175727p:plainf:id:best_lilium222:20201114175721p:plain
毎日 新しい思いが生まれる、それが恋。自分の知らない自分に出会う日々が始まります。

そんな中で判明するのが、もうすぐ獅子尾の誕生日だということ。

すずめ は先生にプレゼントを渡すために、
叔父・諭吉(ゆきち)のカフェで初バイトを経験し、
生傷ばかりこしらえるのだが、それを先生に目撃され…。

この場面、すずめを注意する獅子尾の口調は冷淡ですよね。

そこにこもっている気持ちは100%すずめを想うものであるのに、
言い方や順番に愛がない。

獅子尾は年長者の割にリードや配慮がない。
これは彼の大きな欠点だと思います。
一度、関係性が悪くなると修復できない関係になりそうだなぁ…。

ただこれも、両想いならではのすれ違い。
早くも交際編に突入している様子。

出来れば、いつでも流星が見えるように空はずっと晴れていて欲しいのですが…。


にしても恋愛初心者、しかもいきなり年上の教師と付き合って、
勘違いや遠慮ばっかりしている すずめには ゆゆかが 居て良かったですね。

しかも ゆゆかも失恋直後であり、
その上、ゆゆかが好きな彼はすずめのことが好きだと知ってもなお、すずめに助言をしている。
良い子だなぁ。
土牛先輩じゃないけど、最初からキャラは立っていましたが、
徐々に本当に好きになっていく人ですね、ゆゆかは。


「クッキーガール クリームボーイ」…
ある日 突然、高校2年生の藤 明日香(ふじ あすか)は
同じ高校の英語科1年生直木 茜(なおき せん)に告白された。
咄嗟に断ってしまった明日香だが、その日以来、彼との交流が続き…。

告白されて断ったことが縁で、初めてその人を知り、惹かれていく。
あぁ、こんな恋が降ってきたらいいなぁと思う一編。

ただ、話の流れがあまりにもスムーズ過ぎて引っ掛かりがないかな。
直木の方がハイスペックだというのは分かったが、
明日香の方に特徴が見当たらない。

ひるなかの流星 5 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 5 (マーガレットコミックス)