《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

恋愛大相撲 ひるなか場所、仕切り直しの『4巻』。見合って 見つめ合って。

f:id:best_lilium222:20201113142748j:plain
やまもり 三香(やまもり みか)
ひるなかの流星(ひるなかのりゅうせい)
第04巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

夏休み、獅子尾への想いを吹っ切ろうとしているすずめ。ところが、ひょんな流れで2人だけで水族館に行くことに! 楽しみながらも、時々思わせぶりな態度の獅子尾にすずめはとまどいます。学校が始まってからも、やっぱり獅子尾は今までとちょっと違って…!?

簡潔完結感想文

  • 夏休みその1。自分がフッた男の子の家を訪問してしまうハプニング。玉の輿チャンス?
  • 夏休みその2。自分をフッた男の人と2人きりでお出掛けする一日。恋の夏休みデビュー?
  • 新学期。髪を切って若返った先生は何だか高校生の男の子みたい。黒白王子、相並び立つ。

しさと 気まずさと 心変わりと の4巻。

出会い → 告白 → 失恋、と1巻ずつ速いペースで物語が展開してきた『ひるなか』。
『4巻』はリセットの巻となっております。

ふりふられ、の関係で決まづくなった現状を打破し、
もう一度自然体で恋をしてみようという心境にまで心が回復する。

新学期、新キャラ、新境地、そして新しい髪型。
いつだって歩き続ける青春の日々が再び始まります。


に恋が燃え上がるどころか、夏休みを前に消沈してしまった それぞれの恋。

特に夏祭りでは、すずめ・馬村(まむら)・獅子尾(ししお)・つぼみ、
と四者四様に失恋を再確認するという怒涛の展開を見せた。

そんな中、唯一無傷のゆゆか は馬村と2人きりになるが…。

意外にも一番 乙女チックにウジウジしているのが ゆゆか ですね。
失恋しない代わりに、前進もしない。
ゆゆかに与えられた役割は、空回りと行き詰まり だろうか。


んな夏祭りも終わってしばらく経った夜、
近所のスーパーで財布を忘れた紳士と知り合った すずめは、
お金を返してもらうため、その紳士の家に上がり込むのだが…。

まぁ、普通に考えたら男の人の家に上がり込むのは無理のある展開。
すずめ は田舎の子なんで、知らないオジさんについていってはいけません、と教わらなかったのかな(偏見)

まぁ、このワザとらしさも その後の展開のため。
実はこの紳士、馬村の父親で、家は馬村の自宅だったのだ。

f:id:best_lilium222:20201113174716p:plainf:id:best_lilium222:20201113174710p:plain
イケメンのオジさんをスーパーでナンパして家までお呼ばれして順調だったのに、コブ付きだった。チッ!

おもてなしに、お茶とお菓子を運んだ馬村と、
彼のの好意を知り、それを拒んだ すずめには気まずい状況。

ただ馬村の弟(そっくり)に恋人だと冷やかされた際に、
「こっちでできた 私の最初の友達で
 それってつまり 私にとって すごくすごく特別な友達なんだ」
と説明することで、気まずさは氷解し始める。

今は、そんな関係。

そういえば私の中では、
「少女漫画の中で、相手の家族に会うこと・家を訪問することになったら、
 それは、その人との結婚の暗喩である」という説が固められつつあるのだが、
今回のすずめは両方一気にクリアしている。
馬村の両親は離婚しており 父親に育てられているので、ご挨拶も完了となる。

そして父・弟ともに すずめのことを気に入ったようで、早くも嫁入りに問題はなくなった。
(ちなみに馬村は3兄弟の真ん中。最終巻付近で初めて知る衝撃の事実)

さてさて、この説が否定されるのか、肯定されるのか(結果、知ってるけど)。

これが夏休みの仕切り直しの一番、対 馬村 戦の模様。


く一番、獅子尾 戦をお膳立てしたのは、獅子尾の元カノ・つぼみ。

相変わらず自由に行動し、すずめの心などお構いなしに、
家にも心の中にもズカズカと入ってくる つぼみ。

しかし、つぼみはまた海外での仕事に従事するらしい。
そうして、つぼみは先生への封筒を託され去っていく。

つぼみ は、あの夏祭りで すずめを追いかけるために獅子尾が自分の手を離したことを知っている。
つぼみとしては、わざわざ すずめに封筒を渡したのは、
彼女こそ、獅子尾にとって特別な人になれるかもしれないというバトンの譲渡の意味があったのでしょうか。

少女漫画は時に残酷で、邪魔者や出番の終わった者は
遠方、物語の外に強制的に排除する。
それが少女漫画の鉄の掟です。
もう二度と諭吉のお店で再会することもない。
元カノという存在は そう追いやるのが作者のハラスメントです。


その手紙を私に獅子尾の住所の近くを彷徨う すずめ。

先生は道しるべの光ですから、すずめが迷子になっていたらすぐに現れてくれる(偶然)。

その手紙で、つぼみと やり直さないという選択をしたことを自覚する獅子尾。
そして、そんな自分に助言を残して立ち去る心の広さを見せる 年上の元カノ。

一緒に散歩して立ち寄った公園で、
つぼみとは何でもないこと、そして終わったことをすずめに報告する。

つぼみとの別れも、きずつけた相手だからという、すずめに話す獅子尾だが、
先生の方こそ傷ついていると指摘するすずめ。

獅子尾はすずめに肩を借りて、一つの恋の終わりの痛みを和らげる。

f:id:best_lilium222:20201113183928p:plainf:id:best_lilium222:20201113183922p:plain
きっちりと別れ、最後まで相手を気に掛ける つぼみに対して、傷つくことから逃げただけの自分。

ここは全てが逆転したおかしな場面ですね。

慰めてくれるのは、自分が好意を断った女の子。
慰めてもらうのは、年上で教師の自分で、年下の子に寄りかかっている。

うーーん、獅子尾にはやっぱり年上の彼女がお似合いじゃないですかね。
自分で先導するような恋は獅子尾には10年早い。

また、獅子尾の好みは女性性を感じない、母性溢れる人なんですかね。
なんだか、獅子尾にも親が離婚して母が出て行った馬村みたいなメンタルを感じるのは気のせいか。

獅子尾と馬村は似た者同士なのかもしれない。
夏休み後は髪型も近づいて、白と黒の王子になっている。
歳は9歳違うのにね…。


ぼみからの手紙と一緒に入っていたのは、水族館の優待券。

食すのも見るのも魚介全般が好きらしい、すずめは興味津々で、。
同じクラスの女子3人を加えた計5名で行くはずが…。

今回は ゆゆかの良い裏切りでしたね(悪い裏切りは『1巻』の偽集合場所事件)。

そして、思うに担任教師が女子生徒と2人きりで水族館に行くのも問題行動だが、
独身の男性が女子高生4人を引き連れてるのも、外聞の悪い事件のような気がする。

すずめは 女性版「ギャップ萌え」で獅子尾と馬村を虜にしてますね。

ゆゆか みたいに常時 高レベルでいるよりも、
ここぞ、という場面で変身した方が効果的なのかもしれない。

水族館のイベントで、手を繋ぐことを強制される2人。
またまた、獅子尾関連のイベントはワザとらしいですね。

獅子尾の一番の欠点は髪型、
ではなく中途半端な優しさですよね。
まぁ、それも再三 言っている「ぶりっ子」に近いものがあるかもしれません。

そして獅子尾の「タイバニ」ネタは続く。しつこいねぇ…。


そんな先生との一日を通して、
先生との気まずい関係も解消する。

フラれたのに優しい獅子尾に困惑する すずめに対して、
獅子尾は すずめに対する少し特別な想いを吐露する。

明確な好意ではないけど、楽しいという感情。

フラれている すずめは、その言葉をプラスマイナスゼロと考えているようだが、
獅子尾にとってはすずめへのプラスの感情を自覚させる言葉だったのではないか。

これにて夏休み中に関係は修復し、
予測のつかない学校生活が再開されるのであった…。


んなこんなで新学期は仕切り直し。

馬村は少し身長が伸び、獅子尾の髪型が短くなった休み明け。

私の中で、獅子尾の欠点がなくなりました(水族館の時の髪型は引いた)。

この変化は、
ある意味で失恋を機にという推測も正解でしょうけど、
新しい恋に向かっていく獅子尾の新たなる一歩の意味合いの方が強いか。


2学期のイベントは文化祭。

にしても、この10年ぐらい、少女漫画における文化祭といえば
メイド・執事喫茶か、劇しかありませんね。

そして新学期から、新キャラ。皆川 土牛(みながわ とぎゅう)初登場。
2年生で先輩です。
そして、典型的なチャラ男枠ですね。

どうやら彼は 3学年合同の文化祭劇を通じて ゆゆかのことを気に入ったらしく、
ゆゆかの情報が欲しいとすずめに詰め寄ってきた。

すずめ のピンチの時に、いつも助けてくれるのは先生。
道に迷った時、困った時に助けてくれる獅子尾は先生というより警察官のようだ。

そして警察官は上から落ちてくる物から市民を守るのが使命。
市民を守るためなら「何回」だって怪我するんだから!

髪を切ってからというもの、ちょっとだけ獅子尾からワザとらしさが減じた気がする。

感情を露わにして、すずめに接する姿は馬村に近いものがある。
24歳という年齢を忘れて、同級生のようにすずめにアタフタする獅子尾。
大人の男枠だったはずだが、その個性が無くなったような気がする。
果たしてこの生まれ変わりは獅子尾にとって吉と出るか凶と出るか。


ちなみに新キャラ・土牛は軽薄そうに見えて、
ゆゆかが行き詰まっている原因を分析できる人。

すずめ にとっての先生の位置が、ゆゆか にとって土牛になりそうな予感。

果てして、ゆゆか は馬村に告白することなく、違う方向にシフトしてしまうのか。
再開しそうな、それぞれの恋の気配が気になるところ。

ひるなかの流星 4 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 4 (マーガレットコミックス)