《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ひるなかの流星が落下した地球には、両想いという概念が消失しました。全員、失恋!

f:id:best_lilium222:20201111141712j:plain
やまもり 三香(やまもり みか)
ひるなかの流星(ひるなかのりゅうせい)
第03巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

保健室で獅子尾が眠っているのを見て、すずめは思わず「すき」と言います。しかし獅子尾は起きていた!? すずめの恋心を知った馬村、獅子尾の元カノ・つぼみも絡んできて、恋はさらに複雑に!!

簡潔完結感想文

  • 獅子尾あざとい説 再浮上。好きって言わせるためなら、狸寝入りもするんだからねッ!
  • 恋のライバルと勝負するのは、色気や体型じゃない。彼を想う強さ、それだけなんだ。
  • 片想い漫画が失恋漫画にシフト。広がったはずの世界は八方塞がり。昼中の恋は暗中模索。

場人物(ほぼ)全員、失恋 の3巻。

『2巻』では登場人物 全員 片想いだったはずなのに、展開が早い。
少女漫画なのに不幸の連続だ。

…といっても、強い風にも折れない心を持った登場人物たちなので、
雰囲気は軽やかな印象をなくさない。

作中の季節がいつでも、一定の快適な湿度が保たれている感じがする。

陰険な場面でも 嫉妬でも、それほど深いにはならないのは、
この登場人物たちの湿度調整機能が優秀だからかもしれない。


では誰と誰が結ばれるのか予測が出来なくなった。

本書の面白いところは、ヒーロー(相手役)が誰だか いまいち分からないところだと思う。

普通に考えれば初登場時から主人公・すずめ と縁が深い、
担任教師・獅子尾なんだろうけど、
年齢差もあるし、獅子尾の立場もあるし、なかなか一筋縄ではいかない。

その上、獅子尾が すずめの告白に対して、まさかの対応。

獅子尾の描写からいって、脈が完全に断たれたわけじゃなさそうだが、
それぞれに抱える葛藤から簡単に動き出しそうもない。

以前も書いたかもしれませんが、
連載や単行本をリアルタイムで追っていて楽しい漫画ですよね。

こうくるか! こうなるか! と読者の意表を突く物語を用意してくれている。

綺麗な線を引く画力も魅力だが、
私は、このように展開で読者サービスをしてくれる作者の心意気が好きだ。

さて『4巻』では、誰か一人ぐらい恋が報われるのか。
どんな展開を用意してくれるのか、楽しみである。


…と、感想文が終わってしまった。
まぁ、最近 文章が自分でも長いことを自覚してるので、
本来このくらいに纏めたほうがいいのかな、とも思いますが…(反省)。

 
まずは『2巻』の感想文でツッコんだところが、
全て補完されていて驚いた。
まんまと作者の手の上で踊らされていた訳ですが。

何といっても『2巻』のラストで すずめが先生が寝ていると思い告白した件。
あの保健室での一件は、獅子尾の狸寝入りだったことが後々 判明。

驚くことに獅子尾は告白以前の、
すずめ が獅子尾のうなじのホクロを押したところから起きていた。

f:id:best_lilium222:20201111200051p:plainf:id:best_lilium222:20201111200047p:plain
竹を割ったような性格の元カノと比較すると、計算高い獅子尾の行動。彼は女優よ!

…ん、とすると…、と思って読み返してみたら、
その後にある獅子尾の寝言も当然、わざと。

やっぱり、やっぱり あざといわよ、この子!

もしや性格の裏表の激しい ゆゆかと同じポジションの人なのではないか。

あっ、そういえば『1巻』で すずめが ゆゆかの罠にはまった時も、
同じタイプの人間だから ゆゆかの反抗内容と その動機が即座に分かったのかもしれない。

異性の前では ぶりっ子しちゃうわけねぇ。
と、獅子尾のことを冷ややかに見始めてきた私です。

もしや15歳の女子生徒に24歳の教師が特別な気持ちを持ち始めているのも、
自分のことをまだ24歳だと思っていないからなのかもしれない。

いつまでも若いと思っている かまとと男、それが獅子尾の正体だッ!


そして後日、すずめの保健室来訪の時点から自分が起きていたことが
獅子尾が口を滑らせたことでバレてしまうのも、計算に違いない。
天然 + 小悪魔の相乗効果を狙っての行動だろう。

もうダメだ、獅子尾の行動の全てが演技に思えてしまう(笑)


もう一つは、すずめの「することリスト」が誰かに見られるのでは、という懸念。
それは、ゆゆか が すずめの部屋を初訪問した時に見られそうになった。
木っ端微塵に破り捨てていたのでセーフ。

このように、すずめ の悩みや葛藤は表に出やすい、
というのが、物語をスムーズに進める要因になっている。

隠しておきたいことがあるのに、隠せない性格。
それがまた、新たな悩みの種になってしまうのだが…。


校以後、どんどんと広がった世界が、八方塞がりになっていくのが『3巻』。
それは主に恋の悩みに起因するもの。

まずは すずめの獅子尾への想い。
前述の通り、一人呟いた告白が(あざとい男)獅子尾に聞かれていたため、
すずめ は1学期の終業式の日に、獅子尾に改めて真正面から告白をする。

結果は撃沈。
東京に来て2-3か月(?)、すずめの初恋はこうして終わった。

この告白の裏で、ずっと すずめの心の中にあったのは、
獅子尾の元カノで、最近 突然 彼の前に現れ始めた・つぼみという女性。

現在29-30歳の彼女。
すずめの倍ほど生きている彼女の言葉は鋭く真実を突く。

つぼみへの対抗心だけじゃなく、
つぼみの言葉を追い風にして獅子尾に告白した部分もある すずめ。

つぼみの存在が獅子尾の前から消えれば、少しは可能性が残されているだろうか…。


ぼみは強い人として描かれてますが、
決して嫌な女としては描かれてませんね。

物言いがハッキリしているので気持ちがいい。

獅子尾への好意や、元サヤに戻ることを望んでいることも明け透けに話してくれる。

f:id:best_lilium222:20201111200113p:plainf:id:best_lilium222:20201111200109p:plain
ウジウジと悩む自分を照らす光。星は人の数だけ瞬いている。それがライバルであっても。

もちろん、すずめが身構えること、少なからずショックを受けることを見越しての発言もあるが、
そんな言葉で傷ついて、剣を鞘に収めるような人とは、はなから勝負にならないと考えているだろう。
そして すずめはちゃんと前に進んでいたし。


すずめが絶対に敵わない点、色気や経験を持ち出さないのは作者の配慮かな。

獅子尾の部屋に勝手に入れる特権を持っている つぼみは決して「女」を出さない。
かつて別れた時のように自然体で、でも魅力的に獅子尾に接する。

これは彼女のビジュアルにも表れている。

色気で獅子尾を籠絡しようとすような人にするならば、髪は長く体型もグラマラスにしただろう。
つぼみが「裏ゆゆか」みたいに罠をはめて、ライバルを蹴落とすような人なら、
こんなに さっぱりとした容姿にはならなかったはず。

現時点の すずめ では決して勝てない部分を強調したキャラデザになっていたはずだ。

しかしそれをしないことで、
飽くまで、想いの強さで勝負できるフェアーな環境を整えてあげている。


それでいて、つぼみ と獅子尾の関係は やはり大人の関係で、
獅子尾の年齢と経験を重ねた人生が表れている。

獅子尾もまた、終わった(と思われた)恋から、
どう次の一歩を踏み出すのか、ということが問われている。

新たな三角関係と思われた、すずめ → 獅子尾 ← つぼみ の関係も、
『3巻』終了時点では、誰の恋も実らずに終了。
つぼみの出方が気になります。


さて、話を戻すと終業式の日、
獅子尾にフラれた後に すずめが最初に会った人物は、
クラスメイトの馬村(まむら)だった。

彼との会話中、改めて獅子尾にフラれたことを実感し涙を流す すずめ。
そんな彼女の姿を見て、馬村は再び自分から すずめに触れるのだった…。

獅子尾にフラれたということは、すずめは獅子尾を告白したということ。
告白したということは好きだったということ。
そして、それは自分のことは好きではないという残酷な真実。

涙を流している すずめを見ても慰める以外の手段を持たない馬村の悲哀よ。
それでも自分の気持ちを願望を伝える馬村は強いのかもしれない。


更に話は連鎖し、嘘のつけない すずめは、心理状態の全てが態度に出る。
(どう態度に出るのか、それはいつも彼女の傍にいる友達しか見抜けない)

ゆゆかに隠しごとを見抜かれた すずめは、馬村からの告白を
彼のことを好きな ゆゆかにしなければならなかった。

すずめは本当に八方塞がりになってしまった。
『3巻』での彼女の運勢は最悪だろう。

だが、その険悪な状況も、ゆゆかの心の強さによって救われる。
本当に、本書は重くならなくて助かります。

恋愛関係の悩みは尽きなくても、
対人関係の悩みがほとんどないことに読者としても救われる。

どんな場面でも他人を責めるのではなく、自分の気持ちと向き合う、
その基本姿勢が本当に気持ちのいい作品です。


夏祭りの夜、出会った4人(すずめ・馬村・獅子尾・つぼみ)。
彼らが4人が4人とも恋が終わったことを再認識させられるという展開には唖然。
残された恋の希望は ゆゆか か。
これは次巻に持ち越し。

誰も幸せにならない。
こんな少女漫画があっていいのだろうか。
だけど面白い。

ひるなかの流星 3 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 3 (マーガレットコミックス)