《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

小説あるある。中巻の存在を知らず上下巻で満足。LDKあるある。玲苑編 読まなくてOK。

f:id:best_lilium222:20201004151910j:plain
渡辺 あゆ(わたなべ あゆ)
L♥DK(えるでぃーけー)
第19巻評価:★★(4点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

葵(あおい)と柊聖(しゅうせい)のラブ・同居に、柊聖のいとこ・玲苑(れおん)も加わって「3人同居」中! 葵への恋心を自覚した玲苑は限界寸前! それなのに玲苑は葵と自分のマンションで過ごすことになっちゃった! 夜遅く…目の前には無防備に眠る葵がいて…。玲苑がついに動き出して、3人の関係に大きな変化が!! ドキドキが止まらない、ひとつ屋根の下、青春ラブストーリー!!

簡潔完結感想文

  • 大事な場面はカット割りを変えて しつこいぐらいに何度も繰り返すバラエティ仕様の設計。
  • 今巻に内容なんてありません。作品と作者の出涸らし感に怒りを通り越して悲しくなる一冊。
  • 柊聖は何フェチ? と聞かれたら手フェチかもしれない。彼女の手に触れたものを俺は許さない。

苑(れおん)が柊聖のライバルになることを決意して決意して決意する 19巻。

本当に『19巻』の内容はそれだけです。
ドキドキが止まらない? いやいや、ドキドキが起こらないの間違いでしょ。

プリンを食べるくだりに12ページ、
取れかかったボタンを付けるくだりに12ページ、
2人きりの部屋でイチャイチャするくだりに16ページ。

ガッカリだぜ!

本気で漫画を破り捨てたくなる衝動に駆られました。
そして、こんな内容のない漫画を買い集めてきたのか、という後悔が過去にまで さかのぼります。

今回、葵が柊聖のバイト先で飲食業の就業体験をしていましたが、
それになぞらえて言うのならば、出涸らしの茶を客に出さないでほしいわ!
と憤慨してお店に文句を言いたいところである。

絞り出しても味が出ない出涸らしになってしまった作者も悪いが、
このクオリティの連載を継続させる編集者側も悪い。
プロならば、その作家に見合った最適な長さを厳しく判断してほしい。

前半は悪くないのに、後半に間延びや空疎を感じると、全体としての評価も下がってしまう。
一作品として、徹頭徹尾お薦めです、という作品を生み出して欲しいものだ。


数的には2日ぶりに再開される「3人暮らし」。

だが、主人公の葵(あおい)と玲苑(れおん)が2人だけで過ごした台風の晩とは意味合いが違う同居生活になる。

これまでは玲苑が憧れる柊聖(しゅうせい)の彼女に
葵が相応しいかを見極めるという大義名分があっての同居だったが、
玲苑が葵の長所の発見どころか、葵に恋をしてしまったために、
葵をめぐる明確な三角関係の3人暮らしになった。

f:id:best_lilium222:20201004210053p:plainf:id:best_lilium222:20201004205955p:plain
挑発されて乱されて、玲苑は挑戦者として あのアパートに変えることを決意する。

女性読者にとっては、自分のことを好きな男の子たちに囲まれて暮らすなんて贅沢!というところでしょうか。

まぁ、多くの読者にとって玲苑は柊聖という彼氏との生活に割り込んでくるなと思われてそうですが。

そうなのだ。以前も書いたが、これが葵と柊聖が交際前なら、
狭い空間でのドキドキの恋のトライアングルが成立しただろう。

だが、彼とのラブ同居に入ってくる人など邪魔者でしかない。

玲苑の好意に全く気付かない鈍感さのためか、
そして柊聖の彼女に相応しい葵像のためなのか、
葵は玲苑を決して邪険に扱わない聖母になられてしまいました。

以前の葵なら、2人きりになれないストレスを玲苑にぶつけまくっていただろう。
物語のためとはいえ、彼女が同居を拒否しないことが不自然でならない。
この現実感の薄い空疎さがまた読者の没入感を奪うのではないか。


そんな3人の緊張感を演出するためなのか、
プリンで12ページ、ボタン付けで12ページ割かれている。

f:id:best_lilium222:20201004204946p:plainf:id:best_lilium222:20201004204939p:plain
本書では手を握ることは重要な意味を持つ。だから12ページ消費しても当然なんです!

再生速度は読者の脳内で決めるから、作者が引き延ばす必要なんてまるでないのに。


ページの割り当てといえば、もっと割くべきページはあるだろうと思う。

玲苑のクラスメイトで、彼に好意を隠さない ゆかり。
玲苑が彼女を利用する展開を用意するならば、
彼女が文化祭以降ずっと玲苑に話しかける様子を入れて欲しかったものだ。

どうにもこの作者は話題の中心の人物しか動かさない、動かせない。
登場人物は無駄に多いのだから、他の者たちが動くことで多重的に奏でられる音があるだろうに。
同じような音の繰り返しだから読者は退屈するのだ。


聖側にある静かな焦燥や嫉妬。

柊聖の中で葵は、何があっても自分の手を離さないでいてくれる人。
両想いになった時、葵はそう言って柊聖の手を握ってくれた。

だから柊聖がつい目で追ってしまうのは、葵の手が触れる相手のこと。

文化祭の頃から、葵の手に一番触っているのは玲苑なのではないか。

偽装交際のために学校内を回る時、意気投合した時、
助けてもらった時、袖のボタンを付けてもらう時、
自分のためにあると思っていた手が、誰かに奪われるかもしれない。

そんな焦りもあって柊聖は禁を破って、葵の身体をより深く求めようとする。
(結果的には、ただの次号への煽りでしかなかったのですが…)


一方、玲苑も今度こそ自分の手で葵を奪くことを決意し、
臆病者の自分にグッドバイすることを誓うのだった…。

で、『19巻』は終わりです。
本当に、玲苑が決意して決意して決意するだけの 19巻。
LDK」で一番最低の巻はどれかと問われたら、この巻を挙げるかもしれない。


編に内容が無ければ感想も浮かびませんので、しばし妄想を。

もし葵が玲苑に奪われたら柊聖はどうなってしまったのでしょうか。
今度こそ女性を愛することが出来なくなったかもしれません。

また荒れていた中学生時代に逆戻りするかもしれない。
本当に、その場限りの愛を売るホストになったかもしれない。

となると葵との将来、家族まで夢見ている柊聖を裏切ることは絶対に出来ない。
葵に課せられた愛は重いですね。

これが少女漫画内の「真実の愛」だからいいものの、現実では困りものです。

なんといっても、自分が次の恋に進めないのですから。

本心では別れたいのに、別れたら恋人が破滅することを理解して別れられない。
同情によってダラダラと関係を継続することは、実は自分の損にしかならない。

って、まるで本書を見切れず、ダラダラと読み続ける本書と読者との関係みたいですね(毒舌)。

学園の王子様の異名とは違って、柊聖は結構な地雷男かもしれません。
厄介な人に将来を背負われてしまいましたね >葵。

L DK(19) (講談社コミックス別冊フレンド)

L DK(19) (講談社コミックス別冊フレンド)

  • 作者:渡辺 あゆ
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: コミック