《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

オレのことを穴があくほど見てくる 転校生のことが段々と気になって仕方ない。

f:id:best_lilium222:20200704154756j:plain
大詩 りえ(おおうた りえ)
猫田のことが気になって仕方ない。(ねこたのことがきになってしかたない。)
第10巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

素顔が見えないままでも、猫田に気持ちを伝えると決めたみっきー。猫田の答えは? そして…!! 誰も知らないクライマックスへ、感涙の完結巻!!
【収録作品】星屑より愛をこめて

簡潔完結感想文

  • 猫田に気持ちを伝える恐怖。好きな子がいるかも、ましてや本当の顔も知らないのに…。
  • 猫田への告白。どんな顔であっても「猫田」という人が大切だという揺るぎない確信。
  • 番外編 side 猫田。猫田の顔が猫じゃないという違和感。元に戻ってくれとすら願う(笑)

猫顔の猫田と別れるなんて嫌だよーとワガママを言いたくなる最終10巻。

本編は半分以下の約80ページ。
これなら、もたついていた感じが否めない『8巻』『9巻』を少しスリムにしてくれれば良かったのに…、と思わないでもない。
本誌の掲載や単行本化にあたっての諸事情があったのだろうけど、とても面白い物語だけに後半の失速は残念なのだ。

しかし、この『10巻』の中盤には人の顔の人田(ひとだ)状態の猫田(ねこた)目線の物語が収録されていて、
それが十分に面白いから、10巻という区切りの良い数字もいいのかなぁ、なんて移り気に思う私です。


本編のメインは何といっても告白。

みっきーが今、現時点での猫田への気持ちを洗いざらい話しています。
しかも自分の身に降りかかった猫田が猫顔に見える「猫変換(勝手に命名)」のことまで!

f:id:best_lilium222:20200704161845p:plainf:id:best_lilium222:20200704161842p:plain
みっきーの猫田への最初の告白。「猫変換」が起きていることをカミングアウト。
この告白には さすがの猫田も目を白黒させている(笑)
千砂(チサ)という同じ境遇だったクラスメイトには「猫変換」のことを話していますが、
全く知らない人に話すのは初めてなんですね。

あの みっきーが この2年弱、ずっと自分一人の秘密にしていた事実が凄い。
あまりにも非現実的だから口に出すのも恥ずかしかったのだろうか。

そして、みっきーは自分たちの過去(4-5歳の頃)の出会いにも言及する。
猫田の方は全く勘づいてもなかったみたいですね。


この場面で重要なのは、みっきーが思いを伝える段になっても「猫変換」は解除されていないということ。
読者としては当たり前のように猫田をそういう人種だと思っていますが、現実に即せば、かなり勇気がいることである。

いつもお面を被っている人にプロポーズが出来るだろうか、
ネット上のアバターだけで恋に落ちるだろうか、
人が書く文章に惚れこんだりするだろうか、

…と、書いてて思いましたけど、一度も接触したことのない人なら出来そうな気がしますね。
特にこのネット社会の中では可能性が高くなっていく。

みっきーの好きとは意味がだいぶ違うが、顔も知らないラジオパーソナリティ・小説家・エッセイスト・ブロガーに、
広義の好意を持った経験は私にもあります。
電脳空間という仮想現実に慣れてくると、意外にハードルは低いかもしれません。

けれど現実社会の中で考えると、それを恋と呼べるのか、気持ちが固まるまでに時間はかかりそうですね。

そうか、今更ながら、
同じように素顔の見えない人への感情、壁を一枚隔てた向こう側にいる人への想い、
それが みっきーの猫田への感情なのかと理解が出来た。

オンラインの恋愛は果たして、明確に恋と呼べるのか。

そう考えると確かに、これは恋なのか、人が恋と呼ぶものなのか分からなくなりますね。
一番近くて一番遠い人への想いの正体。
好きなのに自分だけが素顔を見られない恐怖。

もしかしたら本書はネットや仮想空間時代の恋愛を先取りしているのかもしれない。

f:id:best_lilium222:20200704162105p:plainf:id:best_lilium222:20200704162102p:plain
大切な人に大切だと思われる至上の喜び。みっきー2回目の涙は嬉し涙。
みっきーの告白は好きという言葉が使われていません。
多分、それが みっきーの現時点での心境なのだろう。

今の自分の気持ちが好きだとか恋だとか言うのか判断は付かないけれど、
誰よりも猫田が大事だという気持ちは絶対である。

ただ猫田の受け止め方に一瞬、不安になったように応えてほしいという気持ちはあった。
だから猫田が好きだと言ってくれた時には喜びと安心が押し寄せている。
そして、気持ちが満たされた時、猫田はもう「ふつー」の顔した猫田になっていた…。


ちなみに私としては猫田よりも最後まで登場しなかった みっきーの父親が気になって仕方ない。
↓の「番外編」では、猫田父まで登場したというのに…。


「猫田のことが気になって仕方ない。 番外編」…
小学6年生で みっきーと同じクラスになってからの4年余りの日々を猫田目線で…。

猫田はスマートに生きているように見えて、みっきーが転校する前後には息苦しい日々もあったんですね。
猫田もまた みっきーと出会って、興味を持って、毎日が少し彩られたのかもしれません。

猫田の素顔は割としっくりきますね。
予想の範囲内というか、作者の画力や画風からするとこんな感じだろうというか。

ただ猫顔の猫田も大好きなので、いっそ そのままでも良かったかも…。

ラストは中学3年生の時点になっている。
めでたく「かっぷる」になっており、学校の敷地内だろうにキスを交わす二人。
何だか急に生々しく思えてきた。猫顔の猫田、帰ってきておくれー(笑)


初出のエピソードとしては小学6年生の頃に、猫田と千砂は一度出会ってるんですね。

そこでハッとしたのですが、みっきーと千砂の「猫変換」って多分、微妙に違うんですよね。
同じ「猫変換」だからと一括してしまってますが、彼女たちが見る猫田の猫顔、
その顔が同じとは限らないんですよね。

みっきーの猫変換は4-5歳の頃に見た公園の猫、
千砂の猫はスーパーの前で会った猫。
その猫をベースにして猫田の顔の辺りに勝手に変換がされている。

それは、その人にもう一度会いたいという願いが生んだ「猫変換」。

または2人が出会ったのは同じ「猫のまほう」を扱える猫という考え方もできますね。
もしくは猫田自身が無自覚の まほうつかい という可能性もある。
考え方はまだまだ色々ありそうだ。

「猫変換」の原因は千砂の例と合わせると解明に近づける。
ただ解除、それも一時解除の方法は謎のままですね。
「友情説」、大事な人だと思った時に解除されているような気がしますが、
数回に亘る一時解除全てに共通する項目はなかったような…。

ここは、もうちょっとだけ合理的な理由が欲しかったなぁ。


「星屑より愛をこめて」…
とあることがキッカケで天体観測が趣味になった14歳のケンタ。
いつものように河原で望遠鏡を覗いていると天から女の子が降ってきた。
彼女は「織姫」と名乗るのだが…。

この短編の主人公も、かつての みっきーのように人に興味がないタイプ。
だが、織姫とのハチャメチャな出会いと、自分の行動でこの星の命運が変わるセカイ系の事例に巻き込まれ、彼はアクティブに行動するようになる。
主人公に主だった恋愛描写はないが、婚約者がいる人を好きになってしまう禁断の恋とも読めなくもない。
感想を書いている今日は2020年7月4日。あと少しで七夕である。