《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

読者としては 恋愛関係は そんなに気になってない としか言いようがない。

f:id:best_lilium222:20200701122836j:plain
大詩 りえ(おおうた りえ)
猫田のことが気になって仕方ない。(ねこたのことがきになってしかたない。)
第8巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

顔が猫にしか見えない同級生・猫田のことが気になって仕方ない、みっきーこと未希子。本当の顔が知りたくていろんな作戦を試してみたけど、ずっと謎は解けないまま。そんなとき、同級生の千砂が猫田のことを好きだと分かり…。変わりゆく関係、変わらない想い。急展開の第8巻!

簡潔完結感想文

  • 自分が猫田のことを好きなのでは?と聞かれ、自然に振舞えなくなってしまい…。
  • 入江再臨。別々の中学に進学した入江は みっきー以上の女性はいないと思い…。
  • いわゆるミスコンに猫田が出場。みっきーは推薦文を書くため猫田のことを考える。

「好き」という感情はとっても面倒くさい 8巻。

今回の感想文は『猫田』後半に対する不満が多めです。ご容赦ください。

「好き」に振り回されるのは主人公・みっきー(未希子・みきこ)だけじゃなく、本書にとっても同じであった。
この『8巻』にして初めて『猫田』で停滞という言葉を連想しました。
もしくは周回という言葉でもいいかも。

掲載誌も「りぼん」だし、恋愛問題にシフトするのは火を見るよりも明らかでしたが、
あまりにも みっきーが猫田をどう思っているかの話題に終始してしまって辟易とする思いがした。
しかも最後まで「好き」に近づかないからヤキモキする。

片想いが長いとか、強力なライバルがいるとか、そういう漫画ではないので、
恋愛関係を持ち込んでも、結末は一つしかあり得ませんからね。

みっきーの中の感情を実に丁寧に描いているのは分かるのですが、
小学校時代から みっきーに好意を抱く入江(いりえ)という燃料を再投下しても、
1年前と同じようなことが繰り返されてしまっていて残念な感じがした。

これまで破竹の勢いで「りぼん」の中で異彩を放っていただろう『猫田』が
「りぼん」色に染まってしまい、個性が無くなってきたような…。
もしかしたら本書と主人公の悩みはシンクロしてるのかもしれませんね。
心身の変化で、どう逃れても女の子、恋という枠に囚われていく窮屈さ。

まぁ猫田という特殊性から出発した物語だが、この恋はありふれた恋、
そして、彼女にとって かけがえのない恋という結論に達するのならそれはそれでありなのだが。

f:id:best_lilium222:20200701223702p:plain
『8巻』を通じて猫田への感情を問い続けられる みっきー。
自分が女であることに加えて、
猫田と自分は男女だからと、好きという感情が絡みついてくることが嫌な みっきー。

猫田が好きだと自覚した千砂(チサ)は猫田に告白めいた言葉を使ってしまい悩み、
みっきーは入江に再度告白され、交際を申し込まれる。

入江の件は確かに再放送ではあるけれど、みっきーの受け取り方の違いはよく分かった。
皆、好きには真摯に向き合っていることを実感した1年間だったのだろう。

もっとも、入江の再登場自体は作者の読者サービスの可能性も高いですね。
入江の番外編をちょっと描いたら反響が凄かったと あとがき に書いてあったような…。

ただ春菜(はるな)といい入江といい、進路が別になっても自然に話せる関係は読者も嬉しいですね。

f:id:best_lilium222:20200701223418p:plainf:id:best_lilium222:20200701223415p:plain
押し付けるだけが愛じゃない。猫田は みっきーの性格も踏まえて動かない。
そういえば中学校に入ってからというもの、
小学校時代は大々的に行われていた学校イベントがなくなってしまいましたね。

『8巻』でも中学校初の文化祭は開催されているのですが、
メインの話題は、ミスコン的な「ビジュアルコンテスト」通称「ビジュコン」に猫田が参加するお話だけ。

このビジュコンへの推薦人として猫田が指名したのが みっきーで、
推薦文を書くために、改めて みっきーにとっての猫田像を浮かび上がらせるという手法が採られている。
それは分かるのだが、それもこれも結局は恋愛絡みのお話。

もっと学校が楽しそうに見えた小学校時代のような お祭り騒ぎがなくなってしまっている。

クラスの出し物はあったかどうかも分からないぐらいノータッチだし、
元々、活動的ではないからと入部した家庭科部はお菓子を売っているだけで地味。

みっきーの好奇心が猫田から離れる瞬間があったからこそ、
猫田問題に戻った時に「待ってました!」と声を掛けることが出来たのに、
『8巻』というか遠足以降は猫田以上の問題が噴出しておりません。

小学生の読者に中学がどんなところなのかワクワクさせるような見どころが欲しかったですね。

入部した部活動の描写も週一回しかないからか限定的だし(新キャラといえば部長さんぐらい)、
教師陣の造形もギャグに走ってしまい、最後まで違和感を拭えなかった。

千砂ぐらいしか新キャラを投入していないが、
小学校の最上級生から中学校の最下級生になった際の、先輩後輩のちょっとした緊張感とかも欲しかった。
まぁ、みっきーの場合、空気を読まずに先輩と対立しかねないのが怖いですが…。
とにかく学校生活に輝きがないのが残念ですね。

f:id:best_lilium222:20200701223533p:plain
今の自分が言える最大限のこと。けど みっきーを混乱させて困った事態に…。
猫田も思わず告白めいたことを言い出しました。
伝わってないみたいですが…。

ビジュアルコンテストを巡る、みっきーと猫田の関係性のお話も十分にドキドキするのですが、
そろそろ みっきーの鈍感さも限界が近づいている気もします。
これは天然が売りのテレビタレントのキャラが不自然になってきた感じに似ているかもしれません。
猫田の特殊性・目新しさ にもすっかり慣れてしまい、みっきーの天然売りも限界が近い。
恋愛を中心にすると他の漫画と肩を並べて、いまいち存在感が示せない。
読者の注目はもうお話の閉じ方だけという先細りに陥っている気がします。

これは何度も言うようですが、恋愛にシフトする期間が長すぎるのも原因ではないかと思う。


さて今巻では中盤とラストの2回で人田状態に戻った猫田。
うーん、回を重ねるほどますます発動条件が分からなくなりますね。
本当に共通点がないような気がする。
その中では、やっぱり「友だち説」が有力ですかね。