《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

怪我の功名。足がよろめいて近づく顔と顔。虫歯が見るためと近づける顔と顔。

f:id:best_lilium222:20200529134320p:plain
時計野 はり(とけいの はり)
お兄ちゃんと一緒(おにいちゃんといっしょ)
第5巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

高校生になった桜。サッカー部の合宿に遊園地デートと青春イベント目白押し! …なのだけれど桜ラブなお兄ちゃんズが黙っているハズもなく——!? 正お兄ちゃんとの恋の行方も見逃せない!! 描きおろしも大充実。

簡潔完結感想文

  • サッカー部合宿のお手伝いに行く桜。当然、お兄ちゃんと一緒。そこで鈴木くんが…。
  • サッカー部の面々からお礼も兼ねての遊園地招待。妹の恋は「お兄ちゃん」の心配事。
  • なかなか素直になれない桜のバレンタインデー。特別なんかじゃないんだからねッ!!


高校に入学したら女の子も立派なレディ。変化の5巻。

本当に作風に変化が起きていて、1/4ページの柱と呼ばれる場所での作者コメントによると、
どうやら この5巻からは「『お兄ちゃんと一緒』はファミリーコメディからブラザーラブコメディに変わった」らしい。

ということで恋愛解禁です。
桜(さくら)と正(まさし)の源氏物語風、妹(兄)から恋人への変化が描かれ始めます。
私としては最終巻まで恋愛はなくても良かったかなーと思ったりもします。
それだけ巻き起こる出来事だけで楽しいのです。


少女漫画における恋愛とは告白、そしてキス。
ジャンルの変化を意識してか本書にはどちらも揃っております。

f:id:best_lilium222:20200529184811p:plainf:id:best_lilium222:20200529184815p:plainf:id:best_lilium222:20200529191739p:plain
キスまで3秒前。3 2 1(笑)
ただ、桜と正の恋愛は境界線が分かりにくくて困ります。
どちらも素直になれないので、好きという気持ちは抱えているけれど、それをなかなか相手に伝えません。
伝えたとしても、妹(兄)として、という逃げ道を作ってしまい、なかなか仲は進展しない。
『少女漫画分析』の企画で告白のタイミングを調べている私としては非常に困る。
一応、本書の「告白回」は5巻収録の20話としましたが、正式なものとして扱っていいか迷います。
「告白」や「両想い」はちゃんと物語を読み込めば、然るべきタイミングがあるのでしょうが、読み取れる自信がありません。
いかんせんコメディですから、真正面に恋愛が扱われていないので難しいです。


本格的に動き出すのは恋愛だけじゃなくサッカー部の面々も同じ。
人手不足と策謀によって再び桜はサッカー部の合宿に参加することになる。
「ケモノのような高校生男子の群れと泊まりだなんて 襲われに行くよーなもの」と反対した(暇な)お兄さんたちも参加する夏合宿が前半のお話。

恋愛解禁で動き出したのは、ヘタレで有名な鈴木(すずき)くん。
合宿初日で足に怪我をして焦りばかり募らせる鈴木を桜は励ます。
その言葉に胸を焦がした鈴木はついに桜に…。
出来ませよね。告白なんかしたら死刑に処されるでしょうから、しなくて正解です。


一方でサッカー部内での恋愛なども解禁。
その中心にいるのが男女の双子の小塚兄妹。
遊園地回やバレンタイン回では妹の音々(ねね)が先輩のキャプテンに想いを寄せる描写が盛り込まれたり、
それを見て兄の鳴々(なな)が「お兄ちゃん」として複雑な思いを抱えたりなど小塚兄妹、大活躍。
そして更には妹小塚だけでなく、兄小塚まで恋愛に参戦して…。

f:id:best_lilium222:20200529184821p:plain
飄々とした小塚先輩の中の真実
小塚先輩、最終盤では桜への想いを隠していませんが、結構早い段階でも桜への執着を見せていたんですね。


今回の合宿の手伝いのお礼も兼ねた遊園地での一日のお話、
初読の時は妹・音々と、ちょんまげ(サッカー部キャプテン)の恋を後押しする隠れ蓑として、兄小塚が遊園地のダブルデートを企画したという視点でしか読んでませんでした。
が、読了してから再読してみると、音々こそが隠れ蓑で、本心は ちびサン(桜)との時間を過ごすことを少なからず目的にしているのかなとも読めますね。
ここは小塚家の「お兄ちゃん」によるシスコンのお話だとばかり思っていましたが、ちびサンへの恋情の一歩目でもあるんですね。

ただ何かと理由をつけて桜と繋いでいた手を、双子ならではの第六感で妹の危機を察知して躊躇なく手を解いていることから、まだまだ小塚先輩の中では 妹 > 桜の構図が読み取れます。
お兄ちゃんが妹離れを決めた時、最終決戦の火蓋が落とされます…(予告)

パラレルワールドという設定で桜 × 小塚の恋愛短編も読んでみたいなー。
というぐらい、やっぱり立場的においしい小塚先輩が好きです(私も恋愛解禁(笑))


バレンタイン回では、外出していた正以外の3人の兄弟の成果が気になりますね。
学校の先生である次男・隆は数こそ多いが本命は少なめだろう。
「バイト先で女どもにもらった」という三男・剛は、本当にただの戦利品扱い。
そして両手に抱えきれない大きさの箱1つだけの四男・武は本命っぽいですね。
交際女性の影を一切見せない兄弟ですが、隆と武は隠れて交際していても不思議ではありません。
まぁ、本命っぽいチョコを躊躇なく桜に渡しているのを見る限り、武も交際の可能性は低そうですが。

剛に関しては、今巻収録の海の家の備品倉庫に閉じ込められた回など、桜への恋情が描かれそうなところでも描かれないのが少し残念。
4兄弟 + α(鈴木くんを除く)の中から誰を選ぶという乙女ゲーム的展開をしないのであれば、
せめて剛だけは本気で桜を好きになってしまい、正と正面切って争うという展開も見てみたかったなぁ。