《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

もはやコント。他の子といるお前を見るだけで胸のあたりがいたい。心臓の病気かもしれん…。

f:id:best_lilium222:20200404185542j:plain
遠山 えま(とおやま えま)
わたしに××しなさい!(わたしに しなさい! または わたしにバツバツしなさい!)
第3巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

「ほんとうは わたしのこと好きなんじゃないのか」時雨とのかけひき、晶のピュアな思い。フツーの女子なら即陥落のドキドキに、真剣かつ冷静に悩む雪菜…。少しずつ見えてきた予想外の感情が、ラブ攻略の突破口?そんなとき、時雨の女(?)マミが登場!…三角関係が四角になったらどうなるのっ!?大好評の番外編『雪菜のパン作り』&氷室家と霜月家のヒミツも収録の、ゼッタイみのがせない第3巻!!!

簡潔完結感想文

  • いとこの晶に愛の告白をされた雪菜。果たしてラブは誰でも可能なのか?
  • 晶の宣戦布告の挑発に乗る時雨。そこに宿る独占欲や嫉妬こそラブなのか?
  • 久しぶりに登校するようになった病弱の美少女・マミ。今度は雪菜の心が…。


「ラブ」のすれ違いコントが始まる3巻。

『前巻』の感想で、「告らせたい」漫画じゃないだから、と書きましたが、どうやら「告らせたい」漫画ですね。

作者は「ラブ」問題を早々に解決させないために雪菜に超鈍感、天然設定を加えたようです。
最初っから設定されていたのかもしれませんが、それが顕著になって、お約束のようになってきましたね。

異性に見つめられたり、肉体的に接触した時に湧き上がる熱や感情に名前を付けられないでいる。
さらに後半、時雨が女生徒と親しげに会話している際に、自分の胸がしめつけられるように痛み出したのも、保健室に駆けこんで、心臓の病気かもしれないという。
恋愛経験ゼロだから仕方がない…、のか?
もう理性を超えた本能の部分で分かりそうなものですけどね。

f:id:best_lilium222:20200627234829p:plainf:id:best_lilium222:20200627234826p:plain
3巻の名(迷)シーン。もうギャグ漫画として読むのが正解なのでしょうか。
更には時雨と晶に出すミッション、「二人で わたしを とりあいなさい !! 」という雪菜のセリフには違う意味で失神しそうでしたよ。
このセリフを恥じらいもなく言えるのは女王様が女王様たる所以ですが、何かもう憐れみすら感じます。
何だか裸の女王様という感じですね。
あっ、イヤらしい言葉ではありませんよ。無知で無恥だということです。
人気ケータイ小説家だ、人間観察が趣味で得意だと思っている割に、何も分かっていない。
本当に恋愛に関する知識がゼロという証明をしたいんでしょうけど、アホの子よりになってきているのが不憫だ。
物語としても序盤の息つく間もないバトルの雰囲気は霧散してしまいましたしね…。

そこに「ある」のもを見ないふりをして進む物語は歯痒いというか不自然というか。
私の興味は物語の結末ではなく、どう話を引っ張っていくのかに移行しています。


また性悪でS気質の時雨がヒーローだから、意地悪で意地を張るから話がややこしくなる。
時雨のほうは自分から好きになりたくないから、どうやって相手に好きと言わせるか画策することになりました。
もうミッションとか関係なく、意地の張り合いになってます。

三角関係の一角を担う晶は、今のところ時雨に負けん気を起こさせるための発破といったところでしょうか。
控えめな彼が雪菜に対して言葉以上の行動を取るとは思えませんが、一角としての活躍には期待します。
もしくは急にSに豹変するというのもそれはそれで楽しい。

更にもう一人新キャラとして登場するマミも次巻で本格参戦の予感。
始まりはどうであれ男の子たち2人に言い寄られる夢の展開に少しは現実的なスパイスが加わるか見ものです。

f:id:best_lilium222:20200627234643p:plainf:id:best_lilium222:20200627234645p:plain
またも新キャラのマミ。ライバルの存在で雪菜もラブが分かると思いきや…。
少女漫画で敢えて言うことではないですが、今巻で晶の過去が明らかになったので言及しますが、氷室家や晶の家はどういう生活をしてるんでしょうかね。
まず氷室家。無駄に広そうである。そしていつも父が在宅している気がするが…?
そして両親を亡くしてもなお雪菜とは家を別にする晶。
どちらも資産家なんでしょうか。
そんな両親に恋愛のことを恥じらいもなく相談している雪菜なので、やっぱり鈍感というよりも、無垢(または無知)なのかな。
知らないが故に両親の前で下ネタワードを言えちゃう子供時代の状況に似ているかもしれない。


そして相変わらず、場当たり的にケータイ小説を更新するユピナ先生。
ブログじゃないっつーの。
雪菜はなぜ主戦場をケータイ小説にしたんですかね。
主なターゲット読者である中学生の反応を逐一知れるから?
そしてなぜ雪菜ともあろう人が周囲の声やランキングの順位を気にするのかも謎。

文芸誌で活躍する中学生、または高校生小説家が登場しても面白かったかもしれない。
自分の書いているジャンルが「ライト」なことに気づかされるユピナ先生。
果たして自分が書きたいものは何なのか。
小説家としての苦悩も見せて欲しかったかも。

あとユピナ先生の今後は、守備範囲の狭い少女漫画家と一緒で、読者層の年齢高めな掲載誌移籍すると背伸びして持ち味出せないパターンになると予想します。