《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

人の恋路を邪魔するわたしは 馬に蹴られて死んでしまいなさい!

f:id:best_lilium222:20200409174234j:plain
遠山 えま(とおやま えま)
わたしに××しなさい!(わたしに しなさい! または わたしにバツバツしなさい!)
第7巻評価:★★★☆(7点)
   総合評価:★★★(6点)
 

まだ、とちゅうじゃないか わたしと、おまえの愛の物語は。
ついにマミが時雨に本気告白。予想外のマミの告白にとまどいを隠せない時雨。そんな時雨の態度に焦れた雪菜はマミにまさかのライバル宣言? おまけにマミの恋を晶が陰で応援して…? 四角関係、大波乱の第7巻。

簡潔完結感想文

  • マミの告白に時雨は戸惑い、雪菜は負けん気をこじらせ、ライバル宣言。
  • マミの本気に自分のラブの弱さを知った雪菜。それを励ますように時雨が…。
  • マミが雪菜とユピナに急接近。小説と学校生活の二重性に気づいた…?


長い長い焦らしプレイの一環かなと思う7巻。

「ラブ」の内容こそ進みは遅いが、全体の構想は強固なものを感じる。
今巻はマミが時雨に告白するという場面から幕を開けるので、そこから巻き起こる騒動だけでも十分に楽しい内容になっている。
そしてついに、雪菜=ユピナ説に晶以外で気づいたかもしれない人がいて…、という「ラブ」以外の展開にも緊張感が生まれている。


もう一つ今巻で感心した点でいえば、雪菜・晶と時雨・マミはそれぞれ互いに幼い頃の約束があって、それが2人の絆でありラブの障害になっている点。
雪菜は晶が両親を失った際にずっとそばにいると約束をしていて、時雨はマミに精神的に不安定な時の乗り越え方を教えて同志になった。
同性であればずっと守られていたかもしれない約束だが、異性であるがゆえに、その人以上に大切な人が現れた時に、その約束に足を取られてしまうという危惧が現実のものになった。
好きになるということは誰かと誰かを区別すること。
それによって傷つけたり傷つけられたりする覚悟も必要なのだ。

f:id:best_lilium222:20200628234624p:plainf:id:best_lilium222:20200628234620p:plain
時雨を好きだと堂々と宣言できるマミの姿に、雪菜は自分の不純さに気づかされる。
マミとの約束の中でも出てきた幼い時雨の処世術でもあった「なににも本気になるな そしたらどんなことにも傷つかない」という言葉。
それがずっと時雨の行動指針であったが、今巻で時雨はそれを捨てる時が来た。
これで時雨の気持ちは確定ですかね。マミには悪いけど。
彼の方は確実に進んでいます。


だけど、ここからずっと雪菜が本気で受け止めない、躊躇するパターンが続きそうで今から気が重い。
今巻では強く雪菜の言動に違和感を覚えたので、ますます彼女の鈍感っぷりに腹を立てそうです。


特に違和感があったのは、物語的には大盛り上がりの雪菜のマミへのライバル宣言の場面。
ここの雪菜の出しゃばり方は好きじゃないですね。
マミがした、時雨とのこれまでの関係性も壊れる覚悟の一世一代の告白、それを第三者の、陰で聞いていた雪菜が答えるって厚かましい、というか場違いにもほどがある。
まぁ恋愛無知・無知の女王様である雪菜に常識は通用しない、反論なんでしょうけどね。
自分がされたら腹を立てることを平気でやってのけるのが雪菜様です。
そういう意味では、とっても高慢な雪菜らしい場面ではあります…。
やっぱり基本、二次元と現実を混同して生きている、ド痛い人ですからねぇ。

ただ、立場を入れ替えマミをヒロインとした少女漫画とすると、横から出てきた、ただの勘違いお邪魔虫で、読者からの反感も凄いだろう。
いくら「ラブ」が分からないからって、人の「ラブ」に土足で踏み込んでくるのはマナー違反。
雪菜は後の場面でマミの表情を見て敗北感を覚えているが、その際に自分の失礼も自覚してほしかった。
「ラブ」(笑)の求道者であるならば、自分の頭の悪さを反省しなさい。


時雨とのプレイは1巻に1回は必須事項ですね。
今回は『前巻』の看病の時にはしなかった、溶けたアイスをなめるプレイ(目隠しオプション付き)です。
公然わいせつが癖になってしまったかと危惧しましたが、時雨は常識的にカーテンを閉めてくれました。

f:id:best_lilium222:20200628234319p:plainf:id:best_lilium222:20200628234323p:plain
溶けたアイスを舐めとっている音ですが、何か問題でも? 小学生も読みますが問題でも?
『5巻』の感想文で本書の禁止事項として下着は見せない、と書きましたが、今巻では下着が見事に透けましたね…。
少女漫画において少女の下着が透けることは問題ではないのかもしれませんね。
逆をやったら怒られるでしょうけど。
以前も書きましたが、雪菜の美少女アニメキャラのような、願望を詰め込んだ体形も相俟って、本書は男性読者も多そうですよね。


そして、今巻の後半からはマミが最初にケータイ小説『悪魔でリフレクション』との二重性に気づく。
事実に近づくのが、マミというのが意外ですね。
まぁ雪菜が自分から宣伝して、自分で墓穴を掘った一面もありますが。
これまで時雨に近づく雪菜をずっと観察していた描写が活きる推察となっています。
本当に、伏線の使い方や物語の運びが上手すぎますね。
次の巻を読まずにはいられない、という言葉がこんなにピッタリな漫画もないだろう。

恋愛面では時雨に強気の仮面であるメガネを取られヘロヘロのメロメロになってしまっているが、覆面小説家の覆面はマミに剥がされてしまうのか…⁉