《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

声が違う 年は同じ 夢が違う 頬傷違う ごめんね クラスメイトとまた比べている『イミテーション・ゴールド』

f:id:best_lilium222:20200405195503j:plain
みきもと 凜(みきもと りん)
近キョリ恋愛(きんきょりれんあい)
第8巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

過去に置き去りにしてきた”親子の愛”。ゆにの懸命な説得でそのことに気づいた櫻井は、父・桜田レオに会うことを決意するが…。 そんなこんなで、物語は新章へ―。ゆには高校3年生に進級するのです。 いつだって波瀾万丈、禁断(?)恋愛コメディー第8巻!!

簡潔完結感想文

  • 櫻井親子編完結。前振りの割に終わり方があっさり。過去の問題発言は放置⁉
  • 3年生進級。担任が櫻井先生から代わって…。少しずつ距離を置く準備かな?
  • ゆには新たなイケメンクラスメイトと共謀して先生を嫉妬させようと目論むが…。


先生の反抗期が終わり、ゆにの幼稚な企みが悪目立ちする8巻。

『前巻』に引き続いて櫻井親子の仲直り編。

話のオチは想定内です。基本的にハッピーなお話で、最終楽章はデレでフィナーレですから。
でも、解決が駆け足過ぎませんか。
デレに至るいつものような種明かしがありません。
桜田レオの抱擁一つで全てが水に流されていきます。
櫻井先生自身としてはそれでいいかもしれませんが、物語としては、これまで桜田レオをあれだけ悪し様に描いといてそれ?という肩透かしを感じます。
果たして多感な時期の櫻井ハルカ少年に投げかけられた数々の非情な言動はどういう意図があったのでしょうか。
最終的に先生が踏みとどまったとはいえ、高校生前後の荒れていた時期のこと、ずっと大切にするはずだった美麗先生との仲を引き裂いたこと、許すに許せないこともいっぱいあるでしょうに。

f:id:best_lilium222:20200609021008p:plain
全てを水に流す デレ。櫻井親子の身勝手な デレ。
今回に限らず、どうもこの漫画は、デレればいいと思ってる節がありますよね。
デレは究極の免罪符。そして強制終了の合図。
いい年の大人の気分によってツンされた少年(櫻井少年)少女(ゆに)の気持ちに配慮しない。
大人側に相手を傷つけたという自覚があるのかも不確かだ。

大人のツンデレは楽でいいでしょうね。
最後に抱きしめて甘い言葉を発すればいいのですから。
相手が言われたい言葉を先回りするだけの簡単なお仕事です。
本当にホストがお似合いですよね、この親子。

『前巻』の感想でも書きましたが、今後の先生の成長っぷりに期待です。
もし、また言葉足らずでゆにを傷つけるようなことがあったら幻滅し、そしてもう期待しません。
基本的に相手の気持ちなんて推察できない人種だと思いましょう。


ただ今回、残念なのは、親子編以降のゆにの態度ですね。
3年生に進級し、担任が櫻井先生から峰藤先生に変わってしまったことを残念に思うゆに。
相変わらずホスト先生として女生徒に囲まれる姿を目の当たりにし、彼女は一計を案じる。
ゆには新たなイケメンクラスメイトと共謀して櫻井先生を嫉妬させようと奮闘するのだが…。

はぁ…、物語が一歩も進んでいないことを象徴するような展開ですね。リセット機能発動です。
相手の気持ちを試すようなことをしても何もならないと、過去の2年間でゆには何も学んでないんでしょうかね。
今回ばかりは先生の「ツン」によってゆにが傷ついても自業自得としか思えません。
恋に振り回されるのは天才少女の抜けてる一面だと可愛く思えますが、ゆににこういう幼稚性は求めておりません。

作者は、こういう話しか作れないんですかね。
また、どうしてもイケメンの新キャラを投入し続けないとならないんですかね。
これまでのパターンを踏襲しないと人気が落ちると考えての保守的なワンパータンなのでしょうか。

今巻から登場したのは新キャラ・的場くん。
彼とコナン君と咲くんと先生とを見分けるのは髪の色と頬の傷ですかね。
体形とか髪型とか目とかは彼らの流用品です。
ここら辺にも保守性を感じますね。

f:id:best_lilium222:20200609020817p:plain
恋愛に関しては著しくIQが低い ゆにの作戦。
私としては親子問題が解決してからは一気に幸せムードを保ちつつ、進路を決定する最終回までは2人の恋路に障害はいらなかったかなと思う。
ゆには自分の将来と、先生との未来を天秤に掛けるだけでも良かったはず。
ナイーヴな時期は新たな恋愛沙汰を持ち込まなくても、問題は山積みなのだから。


本書のお約束としては、先生の部屋では事件は起きない、が挙げられますね。
美麗先生が入り込んでも、またゆに自身も二人っきりでいても何も起きません。
今回、雨に濡れたゆにが先生宅のお風呂を借りているが、それでも大丈夫。
その後、先生もゆに在宅時にお風呂に入るが、これはただのサービスシーン丸出しですね。
車で帰ってきたあんたは濡れてないでしょ。
もう一つのお約束は、ゆにと先生が一緒にいてもキスしても誰にも見られないが、他の生徒とのスキンシップはお互い目撃してしまう。
常に二人だけの問題なんですよね。
そこが安心感でもあるが、作品世界の狭さを感じる所である。


近キョリ恋愛 番外編 ぼくの不機嫌なgirl」…
ゆにの弟・るーちゃん17歳の恋のお話。
好きな子に嫌われている悩みに加えて、自身の持つ特殊能力が恋に足踏みする要因で…。
思春期をすぎても特殊能力は保持しているみたいですね。
るーちゃんは英語も苦手じゃないらしく、総合得点なら姉より上をいっている。
ちなみに姉たちの出番はない。
るーちゃん自身にツンデレ要素はないが、お相手の女性にはあるみたい。
どうしても最後の一コマでるーちゃんの右足の傷が描かれていないことが気になる。

近キョリ恋愛(8) (KCデラックス)

近キョリ恋愛(8) (KCデラックス)