《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

櫻井・シェパード・ハルカ先生、ほらごらん 吠えてばかりいる 素直な君を『ZOO』

f:id:best_lilium222:20200403172801j:plain
みきもと 凜(みきもと りん)
近キョリ恋愛(きんきょりれんあい)
第6巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★(6点)
 

天才少女・枢木ゆにとイケメン教師・櫻井ハルカ。ふたりが巻き起こす、キケンで笑えるツンデレ☆ラブストーリー!!
もう2人は、ただの”先生と生徒”。 櫻井から突然別れを告げられたゆに。砕けそうな心を隠し、どんなに明るく振る舞ってみても、好きな気持ちは募るばかり…。そんなとき、ゆには球技大会で倒れてしまうのです―!いつだって波瀾万丈、禁断(?)恋愛コメディー第6巻!!

簡潔完結感想文

  • 復縁(何回目?)。いよいよ隠された先生の本性が明らかに。逃げちゃだめだ×3。
  • 親の目を(文字通り)欺いて新年デート。やましい心で行うことは大抵失敗します。
  • ナミちゃん知られざる過去。守るつもりが守られている。本書共通の関係性です。


「先生なんか かっこつけの弱虫坊やのくせに!!」とゆににも先生の本性が見透かされる6巻。

今巻で先生の臆病さ、子供っぽさが露わになりましたね。
その場面を読んだ私は、自分が肌で感じてきたことは間違いじゃなかったのね、とガッツポーズしてしまいました。
そして作者は櫻井先生を本当にガキとして描いていたんだ、と計算通りの描写にひれ伏す気持ちになりました。


今巻は『前巻』に引き続きコナン編後編。
ゆににはコナンの方が合っている、という先生の主観的で一方的な理由で先生とお別れしたゆに。
その後、先生と学校で会っても、先生と生徒という一定の距離感を取られ続ける。
先生は「何度呼んでも もう 私を見てはくれないの」だろうか…。

そんな恋愛絶不調のゆにが英語の成績を下げたため、総合成績はナルシストの咲くんが学年トップ。
外見がそっくりなコナン君がフィーチャーされて一層モブ扱いされるかと思いきや、ここにきて存在感を示す。
さすがスター。人気に陰りが出ても、実力があれば登場場面は自ずとやってきます。


先生とお別れして以降、ゆには努めて明るく振舞います。
その姿は見ていて痛々しいですが、本書では恋愛が上手くいっている時より、上手くいっていない時の方がリアリティを感じるので、ゆにの失恋の実感やこぼす涙に読者の胸もまた痛みます。

どうやら無理をしているのは先生も同じみたい。
距離は取りつつもゆにのことをちゃんと見つめ続けている。
ゆにの耳が届かない所では相変わらず甘い言葉を囁いてるし。

ゆにに対して乱暴するものがあれば、先生、またキレちゃいます。
「あいつになんかあったら 殺すよ?」、これはゆにに対しては殺し文句にも聞こえますが、教師生命を終わらせる致命傷でもあります。
『前巻』でもコナン君に対して暴力沙汰一歩手前だったし、本当にこの先生は感情をコントロールできませんね。
そして人を傷つける事には鈍感で、自分が傷つく事には敏感なんですよね。
弱い犬ほどよく吠えるって事でしょうか。
弱いので自分を守るために危機察知能力も発達していて、少しでも自分が傷つきそうなら相手の感情お構いなしに自分から切り捨てる。
振られる前に振るのはその証拠。

f:id:best_lilium222:20200609015535p:plain
先生が逃げ続けるなら、私は追い続けるまでです。
まぁ、晴れて仲直りしたけど、どうせリセットされると思いましょう。
じゃないと過去2巻で2回も別れませんもの。
今後は、先生が少し大人になってるかどうかだけ読み込みたいと思います。


続く初詣編は、ゆにの弟・るーちゃんの特殊能力を使って、父親を騙して先生と出掛ける話。
先生もゆにと付き合い長くなってるんだから、ゆにの言動がおかしくなったら、その裏を読みましょうよ。
頭の中もリセットされちゃうの? それともガキなの?
連載1回で先生がゆにを傷つけなかったことはあるのでしょうか(調べる気も起きない)。
こういうゆにが傷つけられた場面で、ゆにの方が先生の中の「ガキ」が大暴れしてるわ、と広い心を持ってほしいなぁ。
読者もいちいちヤキモキしてられませんよ。暇じゃないんだからねッ!

f:id:best_lilium222:20200609015619p:plain
100%の感情で向き合ってくれないと ボクちん すねるぞ!
そして最後のナミちゃんのお話を挿むタイミングは絶妙ですね。
知らされてなかったゆにと先生の関係を目の当たりにしてから急によそよそしくなったナミちゃん。

秘密の恋愛と友情、ゆにには難しい問題が提示されます。
だが、ナミちゃんの言動にも裏があって、というのは、いつもの先生の手法をナミちゃんが取っただけですね。
コピペ? トレース? 省エネ設計には変わりがありません。
大事な人を守るため、というのは本書共通のテーマかもしれませんね。
だから、読後にそれほど嫌な気持ちは残らない。


禁断の恋愛を知る人は巻が進むごとにどんどん増えて、もはや公然の秘密と化してきましたね。
2人の恋愛は2人がお互いを信じられていないからいつも危ういのに、親友や幼なじみ、同僚は信じられる人に分類され、きっと黙ってくれるだろうという楽観的観測のもと、秘密が共有されていきます。
割と腹黒かった先生の元カノ・美麗先生あたりが学校や教育委員会に密告する展開も面白かったかもしれませんね。
引き裂かれる2人、剥奪される教職、行方をくらます櫻井先生を捜し出し美麗先生は優しい言葉を掛ける。
「手負いのシェパード一匹ぐらいなら飼ってもいいわよ。」
17歳のガキと女教師という関係から、25歳前後無職のガキと女教師の関係が今始まる…。

まぁ、そこまで内容が重くならないのが本書の良いところではあるのですが。

近キョリ恋愛(6) (KCデラックス)

近キョリ恋愛(6) (KCデラックス)