《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

思い思われ、ふりふられ。私は彼に、彼は私に告白して、私たち二人はそれぞれ失恋している。

f:id:best_lilium222:20200530174245j:plain
咲坂 伊緒(さきさか いお)
ストロボエッジ
第9巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★☆(9点)

自分の蓮への告白が蓮や安堂を傷つける――。仁菜子は蓮への気持ちを再度押しとどめようとするが、心にムリを強いることは、思ったようにはうまくいかず、苦しさ、もやもやのほうが大きくなってしまった。安堂は体育祭で、元カノ・真央とリレーで一緒になることになる。そこで思わぬ出来事が起きる。そして、仁菜子に体育祭が終わったら気持ちを伝えると決めた蓮。行動を起こすがそのタイミングは‥‥。

簡潔完結感想文

  • 体育祭。それは自分の気持ちを話したくなる日。頑張れみんな。
  • 告白。初めての失恋? 思い思われふりふられ、二人のラリー。
  • クライマックス。9巻ラストを読んで10巻読まない人はいない。


徹頭徹尾この物語は片想いが実るに至るまでの過程を描いた作品だと思わせられる9巻。

もう誰もが自分の気持ちを吐露する事を止められない。
いよいよ物語が終わることを予感させる展開の連続だ。
仁菜子も蓮も告白を決意し、安堂は最終決戦が近いのを肌で感じ、一発逆転を狙う。作品に緊張感が漂う。

f:id:best_lilium222:20200530180326p:plain
負けられない戦いがそこにある
体育祭では安堂の元カノ・真央もまた隠し切れない想いを伝える。
真央の好きな人が彼というのは理解できるのだが、そうなると中学時代の行動が衝動的で、そこにあるのは欲望だけになってしまう。
これ男女逆だったら大問題ですよね。
「ずっと好きだった人だからつい…」とか「ムラムラとした思いに襲われ…」「性欲に勝てなかった…」というのは容疑者の動機で語られるやつだ。
そこで罪を犯した真央は好きな人のために汚れ仕事に手を染める。
仁菜子を威嚇・牽制し、それによって好きな人が少なくとも不利な状況に陥らないようにしていたのだ。
真央はそれもまた自分の罪悪感を薄めるためだと告白している。
涙ながらに告白する真央の姿に、泣くことで許されようとしているのではという意気地の悪い考えが頭をもたげるが、それに対する安堂の対応が素敵だ。
悔恨していればそれでいい、って。こうして安堂が過去を水に流すことで、蓮との間の障害も消え去ったという事なのだろうか。
それが後半の蓮との復縁になるのかな。


でも仁菜子に関する事においての安堂は完全に仁菜子の心のブレーキ役でしかありませんね。
真央の変な忠告で仁菜子が守ろうとしたのは蓮と安堂の関係だし、今回のアクシデントも、避けようがなかったけれど、それにより仁菜子の心に安堂の心配が占めてしまった。
そういう疫病神的な視点で安堂を見ると、仁菜子の事においては、自分の不甲斐なさや蓮への劣等感で蓮にヒステリックに当たっていた。
そして中学高校と失恋を経験(したと自分で確信)すると、刹那的な欲望に身をゆだねていた。
あれっ、あんまり良い人じゃないですね。
彼には少女漫画史上、序盤から最終盤まで一番粘った当て馬賞を差し上げときましょう。


誰もが待ち望んでいた蓮の告白。
ずっと顔の赤い、ちょっと幼く見える蓮。だがKY。
平常運転の蓮なら仁菜子のちょっとした変化で、心が沈んでいる事を察知できたかもしれない。

だが今は決戦の時。
もうロボットではなく、ずっと頬に斜線が入っている彼にそんな能力は失われているのだ。

なので結果はあんな事に…。その後の対応は蓮らしい。
どこまでも真摯で平常心だ(少なくとも外面だけでも)。
この辺りは安堂と対応が対照的だという描写だろうか。
荒れてる蓮も見てみたくなくもない。

f:id:best_lilium222:20200530180148p:plain
同病相憐れむ? で、復活する友情。
蓮と安堂の仲直りもある意味で告白なのか。
仁菜子に振られたので蓮は第二候補の安堂に、ずっと言えずにいた安堂に対する熱い思いを伝えるのであった…。
半分冗談だが、こうして蓮と安堂の心にもわだかまりがなくなった描写があることで、仁菜子と蓮を巡る関係に真の意味で最終的に絶対に間違いなく、視界が開けたという事なのだろうか。
そして次の日の放課後…。これは凄いラストシーンだ。


突然の団長の退学宣言には驚いた。
雑誌掲載時の2010年あたりはまだまだ不況が尾を引いていたから社会情勢も加味した事情ですかね。
本当に人の人生を背負っていると思うとその言葉に重みが増す(ように急に感じられる)。
彼は仁菜子の応援団長というより相談長って感じでしたね。
でも考えてみれば団長もこのまま仁菜子と一緒に時間を過ごすと好きになる可能性があるから退場させられたのかな。
蓮と別れたら都内に引っ越し物理的距離を取った蓮の元カノ・麻由香といい与えられた役割それ以上の動きを完全に封じる独裁者・咲坂、恐るべし(笑)
もしかしたら次巻では恋の邪魔者・安堂までも「元カノ・真央と駆け落ちしたんだって」という噂一つで学校からその存在が消されているかもしれない。ないない。

ストロボ・エッジ 9 (マーガレットコミックス)

ストロボ・エッジ 9 (マーガレットコミックス)

  • 作者:咲坂 伊緒
  • 発売日: 2010/08/11
  • メディア: コミック