《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ないものねだる子供のように ただ、今をはやく伝えたい『「ただいま」』

f:id:best_lilium222:20200918161411j:plain
タアモ
たいようのいえ
第13巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

「やっと言えた…。」改めて基(ひろ)と2人きりでデートをすることになった真魚(まお)は、意識しまくってしまって、普段通りにできない。そんな真魚にも優しく合わせてくれる基。お互いのこれまでを振り返って…そして、ついに我慢しあってきた想いを告げる時が!! 年の差幼なじみのラブストーリー、涙、涙の完結第13巻!! 感動のフィナーレ!!

簡潔完結感想文

  • デート回。13巻でデートは2回目。同じ空間にいるのは慣れっこだがデートは慣れない真魚
  • 妹の帰宅で基の宿願が叶う日。だが基にはもう一つの願いがあって…。たいようのいえ完結。
  • 住人が変われば家のルールも変わる。本書を閉じた読者たちも、毎日を楽しくすごそう。

食足りて礼節を知る。そして衣食「住」が足りて恋を知る、完結13巻。

『13巻』は本編が2話、そして番外編が2話の構成です。

そういえば本編の最終回の掲載は雑誌の3月号だったんですね。
すぐ隣に感じる春の予感を含ませながら、作中の時間と同じ頃に物語が幕を閉じる。
粋な仕掛けだと思います。

番外編では本編で恋に破れた人たちに救済の機会が訪れます。
傷つくことがあっても誰もが前向きに明日を迎えることが出来た結末は本当に好きですね。

振り返って見れば『1巻』では言動が粗野だった主人公の真魚(まお)は、
基(ひろ)と暮らすようになって、言葉遣いも柔和になり、お箸の持ち方も矯正された。

そして、高校2年生まで恋というものに目覚めておらず、自分に告白してくる男子も意味不明と一刀両断。
だが、基との生活の中で衣食住、そして誰かに必要とされる喜びを知って真魚は恋に目覚めた。
相手は母性溢れる男性の基だったけど。

『1巻』で早くも告白した真魚だったが、冗談として撤回。
彼らの抱える案件を解決しないとこの恋を進めないと決めた。

あれから1年、巻数にして13巻。
ようやく彼らの恋に何の障害もなくなったのであった。

当初は、自分の問題に片が付くまで恋愛を先延ばしにする律儀すぎる登場人物たちにやきもきした。
真魚なんて受験生に突入したわけで、この問題はいいのかと思ったり)。

だが、全体の構成がとにかく秀逸。
当時の流行を取り入れただけかなと思っていた主人公の書くケータイ小説もうまく機能していたり、
読者の予想の1テンポ早い展開の連続で飽きさせない工夫があったり、感心する箇所が多数ある。

少女漫画的には同居モノに分類されるかもしれないが、本書の家は単なる設定ではない。
住む者の想いを繋いでいく家なのだ。


編の1編目は、真魚と基の恋のはじまり。

真魚の母親の件などで1巻丸々遠回りをしてしまったが、
ようやくデートっぽいデートをして1日を過ごす2人。

主に一つの家を舞台にしていたから、どうしてもインドアなイメージがあって、
外出して、デートコースを回る2人の姿には目新しさがありますね。

基が、真魚の大学卒業時の自分の年齢を気にするのは、やはり結婚を意識しているからでしょうか。
そして2回のデートで2回とも牛丼を食べる真魚
本当に好きなんですね。飾らなさが真魚っぽい。

日も暮れてイルミネーションを見に行った港町の観覧車の中で改めて落ち着いて会話をする2人。
互いに、これまでの感謝と、今まで言えなかった想いを伝える。

f:id:best_lilium222:20200919171820p:plainf:id:best_lilium222:20200919171815p:plain
ベタなデートに ベタな告白シーン。でも これまでの過程を思うと視界が滲んでしまう…。

早くから想い合いながらも、甘えた関係にならないために自重していた2人。
好きだけど好きと言わない面映ゆい関係性も好きだったが、
いよいよ全ての事案に目途がついたため、決着の時を迎える。

観覧車の中での告白は基なりにムードを考えたのでしょうか。
これまで正式な交際は始まっていなかったが、キスやイチャイチャしていた2人。
基なりのケジメの儀式は、最高のシチュエーションで、との考えか。

基の一番の美点は 頑張れること、ではなくて、それを誰かのお陰だと思えることですね。
晴れて弟妹が実家に帰ってくることも真魚の存在なくしては出来なかったと真魚に多大な感謝をする。

実際、真魚がいなければ、基はこれほど積極的になれなかったかもしれないが、
しかし、両親を亡くした時からこれまで この家を支える大黒柱として踏ん張ってきた事実は変わらない。

それがどんなに孤独で、どんなに自分の人生を賭けてきたことなのか、
基は自分では語らないだろうし、作中の描写も最小限である。

自分の頑張りを当然のように受け止める。
なんて素晴らしい人なのだろうか。

また番外編で基が異動になり、同僚のラジカル杉本(すぎもと)さんと別れる際も、彼女や周囲の心配ばかりしていた。
自分を二の次に出来るって、とても凄い能力だと思う。

基は好きになる価値のある人だなぁ、とつくづく思う。


編2編目は、いよいよ実際に基(ひろ)の妹・陽菜(ひな)が帰宅する日の出来事。

今日この日を迎えるために、基の人生はあったと言っても過言ではない。

その日に基が兄弟3人で暮らす家に6人がけのテーブルを家に配置したのは、
両親を亡くしたあの日で止まってしまった時間を動かすためでしょうか。

そういえば真魚は春休みに基と2人で旅行に誘われましたが、
その意味を真魚は分かっているのでしょうか。

心の中で「基と一日中2人きりか いちゃいちゃ しまくれる」とは思っているみたいですが、
果たして色っぽいことになるのかならないのか、それとも1編目の観覧車の後でもう既に…?

そして観覧車に続き、思い出のたくさんある近所の神社での基の告白。

てっきり基たち家族の中村(なかむら)家の太陽である陽菜ちゃんの帰宅こそが書名の意味するところだと思っていましたが、
基が作りたい理想の家は、真魚がいる家、真魚といる家なんですね。

書名の意味が分かった時にまた感動が湧き上がってきました。

ラストシーンは皆で、真新しいテーブルを囲む場面。

f:id:best_lilium222:20200919172229p:plainf:id:best_lilium222:20200919172223p:plain
家族を迎え入れること、家族で食卓を囲むこと。あの日からの夢が叶った日のこと。

家長である基の挨拶で「真魚も含めて」という言葉に何かを感じ取った陽菜。
これは真魚も将来の中村家の一員であるということでしょう。

ちなみに真魚の悪いところといえば贈り物に自分の好みを入れてしまうところですね。
今回の陽菜といい、以前の妹へのプレゼントといい、
人の意見を聞かないで、万が一 聞いてもセンスが同じの基の弟・大樹(だいき)なので、
あんまり喜ばれないプレゼントばかり選んでしまう。


巻の感想文の題名は、一青窈さんの「ただいま」の歌詞を使いました。
以前、小玉ユキさんの『月影ベイベ』でも同じ手法を使いましたが、
こんなにも内容と合致する歌があるのかと驚くばかりです。
まぁ、あくまで私個人の思い入れなんですが…。


「番外編1 恋の報告」…
ラジカル杉本さんの恋の報告。正確には杉本 愛(すぎもと あい)さんの報告でしょうね。

4年間ネット上で交流していた人と初めてリアルで会うことになった杉本さん。
だが、そこに現れたのは想像と全く違う人で…。

目の前にイケメンモデルが登場するのはさすがに夢物語か。
読み返すとかなり前から「るいるい」さん の設定がされていることが分かる。

杉本を幸せにするのは絶対 大樹だと思っていたのに。
でも基よりも年上の杉本さんって幾つの設定なのだろう。

恋することを決してネガティブに描かないというのは作者の意図だろうか。
ずっと好きだった基ともお別れが出来、そして次の恋が芽生える。

「番外編2 おかえり」…
新年度も始まり、両親の命日に親戚一同が中村家で集まる日のこと。

夏服なので6,7月ぐらいか。
陽菜がいた家のおばさんが無事出産したみたいだから結構な時間経過だ。

どうやら陽菜が通うのは制服が違うので、大樹たちとは違う高校みたいですね。

中村家の催しに真魚が来るのは単なるヘルプだけではなく、親戚への顔見せにも思えますね。

陽菜が真魚と対面して喋る場面は少なかったので、こういう場面がいちいち嬉しい。

かつて、もしかしたらまだ好きな人の幸せを「世界で一番」思うことの出来る大樹。
彼もまた恋をきちんと終わらせて、そして始めようとしている。
杉本&大樹にとっては、連載のおわりは、恋のはじまりである。

そしてラストシーンがまた素敵である。
2人が家族になった未来には、こういう風に出迎えてくれる人がいる。
最後のページの後にはこう言いたくなるに違いない。

「ただいま」