《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

お前の言葉には嘘も言い訳もない だからこそ 俺は虚構に逃げ込めないんだ。

f:id:best_lilium222:20200530004117j:plain
咲坂 伊緒(さきさか いお)
ストロボエッジ
第6巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★★☆(9点)

蓮の彼女・麻由香は蓮の仁菜子への気持ちを察し、かつ自分の変化も認めて、昔の約束にこだわっていた蓮へ別れを告げた。蓮はしばらく誰ともつきあう気はないと女子からの告白は断り続ける。仁菜子もそんな蓮をみて、とても自分の気持ちは言える状態ではないと思う。仁菜子のこともあり、ぶつかる蓮と安堂。中学時代にふたりが感じていた絆とは――。

簡潔完結感想文

  • バレンタイン回。彼女と別れた蓮に告白するには絶好の機会だが仁菜子は…。
  • 球技大会。痴話喧嘩した蓮と安堂がよりを戻すお話という事でいいかしら。
  • 進級。クラス替え。私の知ってる仁菜子の同級生が全員集合。大樹以外は。


主人公・仁菜子は蓮が好きで、蓮も仁菜子を好きな事を認めつつある。
なら答えは簡単。…とならないのが本書の奥ゆかしさ。


蓮が彼女と別れた事を知った女子生徒は蓮に告白をするが、蓮の答えは「今 誰かと付き合うとか 全然考えられない」。
そうそう切り替えが早くないのが一ノ瀬蓮という人間。
不器用なほど誠実で、自分のエゴだけを押し通す事なんてしない。
それは私たちは十分に分かっている。
作者は本当に多面的に蓮という人間を造形してくれて、それを伝える技術を持っている。
そして焦らしのテクニックも!

お互いのために別れを決めた蓮とその彼女・麻由香。
自分から手放そうとは決してしなかった。
そこに蓮の逡巡が生まれる。
そうやって別れた二人は、その別れに別れを告げなければならないらしい。
それを次巻で裕くんが教えてくれます(正直、彼らの交際の過去などに興味ないけど)。
自分の気持ちに決着がつくまで次の行動を取れないそんな蓮。
本当に不器用なんだから、と呆れながら口元が緩む読者たちなのでした。


また、二人の告白がなされない要因となるのが、それぞれの立ち聞きならぬ、隠れ座り聞き。
上記の誰とも付き合わない宣言を木陰で聞いてしまう仁菜子。

一方で蓮は仁菜子に自分ではない誰か好きな人がいる事を聞いてしまう。
相手の気持ちを優先してしまう思いやりを持つ二人はまた告白から遠ざかるのであった。

f:id:best_lilium222:20200530004928p:plain
こっ これは教科書のお礼でしかないんだからねッ!!
しかしバレンタイン当日、仁菜子はチョコを渡すつもりのなかった蓮に偶然チョコを手渡す機会を得る。20円也。
蓮の別れの一報から手から手へチョコが渡るまでのこの1回分の連載。すごい密度だ。
しかもその中で蓮に抱きしめられるし、顔を近づけられるし、胸キュン要素も満載だ。
至近距離から見上げる蓮の顔とか良いアングルですよね。
性格も立体的造形だけど、様々な角度からの蓮の外見的描写もちゃんと見せてくれている。


というように、なかなか近づかない二人ですが、実は蓮が仁菜子に胸キュンする描写が出現するのはこの巻からである。
『10巻』のこぼればなしで作者が、胸キュンした蓮くんは鎖骨を触る特徴がある、と書いていてその最初が6巻の桜の場面。
これを捜すのも楽しそう。
顔を赤らめたり胸キュンしたり、蓮がどんどんロボットから人間に変身していく様子に注目ですね。

f:id:best_lilium222:20200530004820p:plain
もうすでに春ですね 恋をしてみませんか
6巻で多くのページが割かれている蓮と安堂の関係。
読者にとっては自明だけれど、この時点では仁菜子は蓮と安堂の過去が結びついてないんですね。
それは時にすれ違いコントみたいだけど、時に心を繋げる懸け橋となる。
まぁ仁菜子を挟んでいるので中学の修羅場が再演されて決定的な決裂というリスクもある訳ですが。
そりゃ安堂もヒステリックになるよね、と同情する部分もある。

そして2年生に進級してクラス替え。とっても作為的。
まぁ仁菜子の5人組なんてクラス別れたら二度と登場しなさそうだもんね。作者の愛です。
でも同じ教室で告白どうのとか聞こえちゃうんじゃないかと思うぞ。


単行本6巻は『ストロボ』が3/4、下記の読切が1/4なのでいつもより本編短め。
『ストロボ』の過去の番外編ならいいけれど、正直に言うと読みたいのはそれじゃないんだよー。

『カラーレス・ドリーマー』…
フリーターの玲奈は同棲中のバンドマンの活躍を夢見る19歳。けれどバイト先では失敗続きで、彼を支えるどころか足枷になっているのではと悩み…。

うーん、バンドマン悠(はるか)優しい格好いいという話なのかな?
仕事も人生も空回っちゃう子が空回ってるだけの話だから二人の感情の機微が分からなかった。
この話は夢見がちなヒモを支える話じゃないんですよね。
この話を読んでバンドが有名になったとたん浮気しそうとか、授かり婚で音楽辞めそうとか、果たして1年後も同じ幸福感かしらとか思っちゃダメなんですよね。
そういう感想ならいくらでも出てくるのだが…。

ストロボ・エッジ 6 (マーガレットコミックス)

ストロボ・エッジ 6 (マーガレットコミックス)

  • 作者:咲坂 伊緒
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: コミック