《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)

実況中死―神麻嗣子の超能力事件簿 (講談社文庫)

他人の見た風景がそのまま見えてしまう「怪能力」を得たばっかりに、殺人やストーカー行為をそのまま「体験」してしまう恐怖!切羽詰まった女性の訴えに、神麻嗣子と能解匡緒、保科匡緒の3人は、調査と推理を巡らす。そして辿り着いた、あっと驚く真実!君は西沢保彦が奇想した本格パズルを読みとれるか。


うーん、作品全体はとても面白い構成だし、あの3人の会話も楽しめるんだけど、どうも読後感はよくない。トリック自体も、ちゃんと理詰めで攻めているんだけど、どうも最後の章はスマートじゃないですよね。後付けと力技で全部をねじ伏せてしまっているような気がする。『幻惑密室』の感想でも書きましたが、このシリーズは普通の法則が通じない世界の話なんですから、その世界のルールをしっかり固定しないと…。特に今回は超能力以外でも、ちょっとずるい(納得できない)と思う所も。ほんわかいい話で終わっても、ミステリ的には納得できませんよ。
今回はミステリ作家・保科匡緒の日常と苦悩が見られて面白かった。「森博嗣」さんら実在作家の登場(名前だけですが)もクスッと笑える小ネタです。保科さんがミステリを書いていく苦労は、ミステリを作る現場の実情を見た気がします。私は、てっきり保科さんの書くミステリと(小説の)現実世界での事件がリンクして、作中劇による犯人当てなんて期待したのですが、事実は予想よりも奇なりで、更に上をいってました。 ちょっとネタバレかもしれませんが、前作も本作も、途中でかなり堂々とトリックや動機の伏線が出てきますよね。インプットした情報を逆手に取るから驚きがあるんですが、作者自身のネタバレと紙一重ですよね。
作品の時系列に沿うと前作と本作との間に、『念力密室』の中の短編が何編か入るらしいので、人間関係(それぞれの想い)が少し変化している。それを読んでないので、本作から急に能解さんが保科さんを好きになったみたいで変な感じ。今回は能解さんの心理描写が多かった気がします。だから余計に想いが唐突に感じられました。急に悩ましげな能解さんにビックリです。今回は再読なんだから時系列に沿って読めばよかったと先にたたない後悔を少々感じています。

実況中死じっきょうちゅうし   読了日:2001年07月08日