《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

ミッション1.私をドキドキさせなさい! って、猫田がドキドキして どうすんだ!

f:id:best_lilium222:20200701122833j:plain
大詩 りえ(おおうた りえ)
猫田のことが気になって仕方ない。(ねこたのことがきになってしかたない。)
第7巻評価:★★★(6点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

顔が猫にしか見えない同級生・猫田のことが気になって仕方ない、みっきーこと未希子。本当の顔が知りたいのに、謎は解けないままで…。そんなとき、みっきー以外で唯一、猫田が猫顔に見えていた同級生・千砂まで普通の顔に見えはじめ!? きっかけは“猫田にドキドキした”ことだと言われてみっきーは…!? 急展開に大注目の第7巻!!

簡潔完結感想文

  • 猫田にドキドキした千砂にならって、猫田でドキドキしようとする みっきーだが…。
  • 自分の気持ちとは裏腹に変化する自分の身体。男と女の枠にハマるのは何だか怖くて…。
  • 強行して向かった海で緊急事態。そんな時、猫田は言動でフォローしてくれて安心。

気持ちよりも先行する環境の変化に追いつけない 7巻。

主人公・みっきー(未希子・みきこ)にはクラスメイトの猫田(ねこた)の顔が猫に見える「猫変換」が起きている。
唯一、同じ症状だった中学からのクラスメイト・千砂(ちさ)だったが、彼女の「猫変換」は突如として終了した。
世界でただ2人と思われた仲間の一人が、たった2か月余りで「猫変換」を卒業。
しかも、その考えられる原因が千砂が猫田にドキドキしたからだという…。
でもドキドキって、いったい何だ⁉


と前半は、猫田学の先輩として新キャラの千砂に色々と教授していた みっきーが あっさりと千砂に経験を抜き去られてしまったことから始まる騒動。

みっきーは千砂の「ドキドキ」は恋愛に近いのではないかと、恋愛学の先輩、小学校のクラスメイトで恋人のいる春菜(はるな)に会う。
この春菜、以前もそうだったが、みっきーの突拍子もない話に付いていけずに、アドバイスは適当になりがち。
更には自分と恋人の間で起こったドキドキ体験を話している内に、みっきーは勝手に納得して帰宅してしまう。

そして早速、翌日には猫田に有無を言わさず作戦を実行する みっきー。
この辺りのラブが知りたくて、女性側から男性側に「ミッション」を遂行する様子は、同じく中学生男女が主役の少女漫画を思い出しました。

f:id:best_lilium222:20200701164548p:plainf:id:best_lilium222:20200701164552p:plain
「ドキドキ」を体感したくて試行錯誤する みっきーだが…。
そして春菜に言われた通りのことを、恋人でもないのに猫田に実行しまくる みっきー。
だが、みっきーの方にドキドキは生まれない様子で、いたって平常心。

だが、その一方で顔を赤くする猫が一匹。
みっきーのドキドキ大作戦、ある意味で成功しています。
でもこれ実行した猫田が みっきーの理解者だから良かった。
これ、ナルシストの入江(いりえ)で試したりしたら、「周(あまね)さん(←みっきーのこと)は、そんなにも僕のことが好きなんだね」と勘違いされかねません。

そんな冷静な猫田だから思わせぶりな行動をする みっきーに理由を聞くが、
まさか「猫変換」の解除を試したくて、とは本人には言えず、その日は解散。

翌日、猫田は春菜に、千砂と みっきーは2人きりで話を聞く。
そして、それぞれに相手を「好き」なのではないかという指摘が浮かぶのだが…。

猫田の周辺で恋愛絡みの話が多くなり、なんだか急に「りぼん」っぽくなってきましたね。
やはりそこを避けて通れないみたいですね。

悪く言うと普通の話になってきたとも言えるんですが…。
「猫変換」も引っ張れば引っ張るだけ肩透かしを食らいそうで怖い。
以前も書きましたが、猫田が人田(人の顔)に戻ることは読者にとってはそこまで重要じゃないんですよね。
みっきーの個性を残したまま、どう恋愛に繋げるかということの方が最重要課題です。

ただ一つ安心なのは、例え千砂が猫田のことを好きであっても、
間違っても みっきーが千砂に遠慮したりしないということでしょうか。
女性同士のドロドロとした駆け引きはなさそう(ないと思いたい)なので、ネガティブな展開にはならない、はず。


そして、もう一つの変化が肉体的なこと。

いつの間にかに みっきーと猫田の身長差が広がっていることを指摘される。
そして、みっきーにも身体の変化(生理・初潮)が訪れて、大いに戸惑う。

この『7巻』は みっきー史上一番悩んでいるかもしれませんね。
これまでのように体当たりで困難を乗り越えようにも、身体が動かない、自分のものじゃないような反応をするという変化の時でもあります。

まぁ、相変わらず猪突猛進で、大事な変化の時期に自分の身体をないがしろにするような行動もしているんですが。

f:id:best_lilium222:20200701164504p:plainf:id:best_lilium222:20200701164501p:plain
自分自身の心身の変化に戸惑いを隠せない みっきー。
否応なしに自分が女だと自覚しなければならないと追い込まれていくような感覚のみっきーに猫田は、
「何がどうなったって オレはオレだし お前はお前だろ」
と自分が自分であることの不変さを説く。

この言葉で心のモヤモヤが晴れたのか、みっきーは再び猫田が人田になるところを目撃する。

これまた共通項の見当たらない解除でしたね。
少なくとも「ドキドキ」ではないですからね。
心のモヤモヤの解消が猫変換の解除に繋がったのか。
これは友情パワーがなせる業なんでしょうか。
「猫変換」が解除される回数が増えるたびに謎の深まりと、その解決がされるのかという不安が募ります…。

ちなみに、みっきーは絵は下手だけど、かき氷で作った猫田立体物は、なかなか上手い。
ってか、猫田も「猫田」というタイトルの猫型かき氷など作られたら、気になって仕方ないだろう。
猫田もそろそろ、自分の顔の秘密に自力で気づくかもしれませんね。

その逆パターンはちょっと面白いかも。
探偵役だと思っていた みっきーが逆に名探偵・猫田に謎解きされる。
「お前の不可解な言動の謎は全て解けた。原因はオレの顔だーーー!!」


しかし朝ごはんの時から、みっきーの父親は影も形もないですね。
実はこれ物語の最初から、みっきー父は存在しないというのが真相だったりしてと考えてみる。

その仮定のお話としては、みっきー父は転校直前の小学5年生の時に天に召されていた。
引っ越しも、母子2人きりでの新生活のために新しい街にやって来たのだ。

そして実は猫田は亡き父にとても似ているから、みっきーは父のことを思い出さないように初対面の時から「猫変換」が急激に起きた。
一連の騒動は脳が出すSOSに視覚が応じたからだったんですね。
母も みっきーの現実逃避を知って、娘と猫田に優しく接するのだった…。

って、書いていてちょっと怖くなってしまいました。
「猫変換」ありの世界では、こういうことも起きうるから怖いですね。
多分この説はない、はず。