《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

わたしを あの子だと思って 抱き寄せて お互いの息がかかるまで顔を近づけなさい!

f:id:best_lilium222:20200418135952j:plain
遠山 えま(とおやま えま)
わたしに××しなさい!(わたしに しなさい! または わたしにバツバツしなさい!)
第15巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★(6点)
 

好きだから…こわいんだ。
おたがいへの気持ちをたしかめあった雪菜と時雨。二人の「ラブ」は新たなステップへ! 一方、幼い頃からずっとそばにいた雪菜と晶の関係は…? マミと氷雨の恋も大きく動き出す! 急展開の15巻!!

簡潔完結感想文

  • 雪菜の潜入。花ざかりの女子が男装して男子寮で暮らすんですね。分かります。
  • マミの決意。これまでと今の気持ちと向き合うマミ。ヒロインは君だ!
  • 時雨の帰還。仮面を取った時雨と雪菜の間の障害は、もしや雪菜の覆面?


お互いフリーで両想い。でも、雪菜ちゃんはまだまだ『xしな!』やめへんでーー、の15巻。

長期連載だけれど毎巻、結構な事件が起きるため感想文には困らない本書。
今巻は特に大きな事件が目白押し。時雨と雪菜は高値安定だけれど。

マミへの告白も失敗し、それどころか幼い頃の自分の嘘を暴露してしまいマミを大きく傷つけたことを悔やむ氷雨
そんな氷雨の姿を心配し、雪菜は禁断の花園への潜入を試みるが…。

男装して雪菜あらため雪男として氷雨が暮らす男子寮へ侵入するが、秒で氷雨にバレる。
寮の氷雨の部屋で話し合ううちに、雪菜は氷雨の欲情を誘うようなことを囁き…。

f:id:best_lilium222:20200629195619p:plainf:id:best_lilium222:20200629195617p:plain
不器用な氷雨のことが気になる雪菜お姉さん。変装だって完璧。
各巻恒例であります雪菜の異性とのお色気タイム。今回のお相手は氷雨
時雨とは遠距離かつ本気になった時雨が安易に手を出してくれなくなったのでお預け状態、彼氏の晶は私用で忙しいらしい。
なので今回は意識が朦朧とした氷雨とイケないことをしてしまう。
雪菜姉さん、欲求不満なんでしょうか。
氷雨に催眠をかけるように囁いて自分をマミに錯覚させてのプレイ。
お姉さんが手取り足取り教えてア・ゲ・ルという感じで、これまた何をされても怒れないような状況に陥る。
果たして本当に雪菜に心はあるんでしょうか…。
まだまだ肉体実践派のユピナさんの影響下にあるように思えます。

ちなみに氷雨は学校内・寮内では周囲と良好な関係が築けている様子。
やっぱりコンプレックスや好意が態度をこじらせる原因か。
すると作文コンクールなど氷雨の得意分野で氷雨より優秀だった人などは嫌がらせの標的にされかねませんね。


そして別れ際、雪菜の無防備な発言から雪菜の秘密が不用意に氷雨に発覚してしまう。
秘密の不均衡は氷雨の大好物っぽいですね。これは後が怖い。


一方、マミは大事な人に思いを伝えることで過去に一区切りをつけて、そして今の気持ちを大事な人に伝える。
マミは正統派ヒロインに昇格しましたね。
雪菜や時雨のややこしい心の持ちようよりも、単純明快なマミの方が共感しやすいし興味が持てます。
はっきり言って主役たちを差し置いて、マミを巡る三角関係の結末の方が現時点では気になる。


そして自分の心に気づいた雪菜は晶とは恋人ではいられなくなった。
晶は晶でマミの問題に首を突っ込んでいたので、かりそめとはいえ恋人期間の描写はあまりなかったですね。
晶が不必要に傷つく展開にならなくって良かった。
恋人としては上手くいかなかったけどこの2人なら時雨とマミと同じように、その先の良好な関係性が築けるはず。
ラブではなかったが間違いなく二人の間には絆があるのだから。

だけどここで雪菜が泣くのは何か違うと思ってしまった。
後で時雨が指摘するように「弱くなった」のかもしれないが、自分の心の選択の失敗を棚に上げて二人で失恋記念に抱き合って泣くというのは虫が良すぎるのではないか。
こういう自分を綺麗に見せるヒロイン気質を雪菜には持って欲しくなかったなぁ。
いい場面なんですけどね(フォロー)。

f:id:best_lilium222:20200629195750p:plainf:id:best_lilium222:20200629195746p:plain
「恋人」としての役割を終えたことを知った晶は別れを告げる。
そして時雨の帰郷。
やっぱり雪菜はすっかりヒロイン気質ですね。
相手の機嫌で一喜一憂するなんて。
この雪菜を可愛いと思えない私はねじくれてるんでしょうね。
雪菜は女王からすっかり独り善がりな『なかよし』の正統派主人公です。
二人のパートになると物語の勢いがガクッと落ちます。その雰囲気は良いんですけどね(すかさずフォロー)。
とはいえ、好きな男の前で違う男の名前を平気で出すのは以前の雪菜のままですね。


晶は雪菜の家の前で時雨と顔を合わせる。
元カレとなった晶と、彼女が今好きな人でかつてのライバルは何を話すのか。
と思ったら晶は思わせぶりな嫌味を言い出す。何?
晶が言う雪菜を幸せにするのは「キミだから ムリなんだ」という言葉は何を意味するのか…。


これは雪菜のユピナとしての活動ですかね。
そういえば時雨はずっと優等生の仮面をかぶり続けて生活しており、ようやく雪菜の前では時雨の素顔を出し始めた。
けれど雪菜はまだ「覆面作家」としての覆面をかぶってるんですね。
この不均衡な関係が恋人の一歩手前にいる二人にどう関係してくるのか…?