《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

人のセックスを笑うな (河出文庫)

人のセックスを笑うな (河出文庫)

19歳のオレと39歳のユリ。歳の離れたふたりの危うい恋の行方は? 年上の女性との恋愛をまったく新しい文体で描いたせつなさ100%の恋愛小説。全選考委員がその才能を絶賛した第41回文藝賞受賞作。


奇抜な作家名と題名だけれども、きちんとした(?)恋愛小説である。とても薄い本だ。皆さん思う事だろうけれど、タイトルの割には内容は淡々と、そして正当すぎて、ちょっと想像とは違った。けれど、淡々しているからといって味気無いかというとそうではなくて、主人公の気持ちを的確に表現した言葉が選ばれている。何度も「おぉ上手いな」とか「うぅ分かる」とか思うのだけれど、煎じ詰めれば恋愛小説で、↑のあらすじ2行の話である。恋愛小説なのでミステリのような分かりやすい「オチ」はないのだけれど、かなり好きな終わり方です。こうやって終わるのも良い。頑張れ磯貝くん。ただ前半はともかく、後半はユリちゃんの魅力が私にはいまいち分からなかった。持ってる性格が悪い面に出てしまってるみたいだ。
序盤の磯貝くんのワザと興味のない振りをする態度の描写が上手い。簡素な文章で不器用さと純粋さがよく表されている。中盤も磯貝くんがユリちゃんがガサツだとか、延々と考えていて、その時点で自分がどれだけ相手を想っているかという証拠に気づかない若さや盲目感がいい。ユリちゃんの心理を書かない事で読者も磯貝くんと同じもどかしさを感じるようになっている。

人のセックスを笑うなひとのセックスをわらうな   読了日:2005年10月08日