《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

マダムだもの (幻冬舎文庫)

マダムだもの (幻冬舎文庫)

オットのドタキャンでひとりで出かけた結婚記念旅行、夫婦で長生きのための地味な食事、生ゴミ処理機からの異臭問題、犬の躾に発揮する「武士道精神」、イギリス旅行での「タイタニック事件」…。愛するオットと二匹の猫に大きな犬も加わって、女優でマダムの相変わらずのお気楽人生は続く―。つつましくも笑える日常を綴った名エッセイ。


マダムのオット・三谷幸喜さんのページでも書きましたが、本書と『三谷幸喜のありふれた生活』は内容がリンクしているので三谷夫婦が好きな人は是非両方合わせてお読み下さい(宣伝?)。特にイギリスホテル脱出事件は夫婦双方の視点が面白いです。立場が違うと思いも違う、という実例ですね。
内容はあらすじに書いてある通りマダムの日常です。とても女優とは思えない生活をなさっていたりしています。しかし小林さんは文章が上手いですね。文章で笑わせるのって実はとっても難しいと思うのですが、本当に笑えます。日常をコミカルに元気に描いている文章には自然とほほも弛むのであった。
オット様はこの後(2004年現在)2冊も新作を出しているのに、小林さんはなかなか新刊が出てなくて残念です…。今はオット様の本で登場する小林さんで、彼女の近況を知っていきます。でも、やっぱり直に知りたいんだけどなぁ…。心待ちにしているファンは多いと思うので、是非に!

マダムだもの   読了日:2002年09月01日