《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)

モロッコ水晶の謎 (講談社文庫)

とある社長邸のパーティに招かれた推理作家・有栖川の目前で毒殺事件が発生!邸内にいた10人の中でグラスに毒物を混入できたのは誰か、そして動機は…。犯罪学者・火村が超絶論理で謎に挑む表題作ほか「助教授の身代金」「ABCキラー」「推理合戦」を収録。本格推理の醍醐味に満ちた“国名シリーズ”第8弾。


国名シリーズ第8弾。火村英生シリーズは第何弾なんだろう? 一向に話が進みませんねぇ。続編の刊行は進展があってからでいいんですが…、なんてね。
本書はストレート勝負というよりも、変化球勝負の作品が並んでいるのではないでしょうか。どの作品も意外な箇所で捩れていて、そうくるか、と唸ってしまいます。投手のストレートを待っていたバッターにとっては期待ハズレとも思えるかもしれませんが。私は意外性を重視しすぎて説得力がないかな、と感じました。
ミステリやトリックとは関係のない話ですが、火村シリーズでは作者の思想(社会への不満めいたもの)がアリスの口を通して見え隠れしてるのが嫌です。アリスの身内以外の人を穿ってみる排他的な所も苦手。出てくる登場人物もやたらと気が強いし。確かに本格推理は反論しなきゃ犯人だと疑われちゃうって事もあるんですが。 どうも謎解きの論理性よりもこの点が目に付くんですよね…。

  • 助教授の身代金」…休業中の俳優が誘拐され、犯人は身代金を要求。だが受け渡しの指示はなく、そして…。誘拐モノは緊張感があり小説の上では面白いですね。フェアだけども半分は火村が登場しなくても解決したのでは…?面白い着想のはずなのに解決部分がいまいち盛り上がらなかったのが残念です。
  • 「ABCキラー」…同じ日にA町でAがイニシャルの者とB町でBがイニシャルの者が拳銃で殺された。そして警察に届く奇怪な手紙。連続殺人か無差別殺人か…。うーん、最後の結末と一文はどうかな…。被害者候補たちが一致団結するのは我孫子武丸さんの『メビウスの殺人』にもありましたね。霊的なオーラってあの人のこと!?
  • 「推理合戦」…判ってみれば他愛もない。アリスの一言が作品の本質。
  • 「モロッコ水晶の謎」…毒の混入するコップを誰かに意図して飲ませることの出来ない状況で起きた事件。殺人ならば犯人はどうやって被害者にそのコップを選ばせたのか…。確かに新しい形の殺人ではあるけれど、敢えて選ぶ手段として納得できない。この話、いまいち人物関係が掴めなかったのは私だけでしょうか…?

ロッコ水晶の謎ロッコすいしょうのなぞ   読了日:2006年01月11日