《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

幽霊刑事 (講談社文庫)

幽霊刑事 (講談社文庫)

究極のラブ&ミステリ俺は神崎達也。職業、刑事。美人のフィアンセを残して無念にも射殺された……はずが幽霊に!? しかも犯人の上司が密室状況で何者かに殺されて……。 いったい真犯人は誰なんだ! そして俺はどうなってしまうんだ! ミステリーとラブストーリーが融合、2001年度本格ミステリー・ベスト10入りの傑作。


ちょっと期待してなかっただけによかった。映画の「ゴースト」(見たことないけど)の設定に本格ミステリを上手くミックスしている。幽霊になった元刑事が、同僚のイタコの血を引く刑事の力を借りて事件の真相を解明していく。幽霊であることの利点と不都合を上手く描写していて、全体の悲哀を増しているところもイイ!この絶妙なバランスが上手かった。設定と構成の巧みさに感心しました。火村先生もこのぐらいテンポというものを知ってほしいものだ、って事も思った。
冗長になる所もなくはないが、プロセスとして満足したのでいいかな。最後もホントにいい終わり方。予想はつくものの、ベタだからこそ切ない物語。私は泣けなかったけれども、ともすれば「泣ける」ミステリということで売れてもおかしくなかったのでは?ただイタコ(の血をひく)早川君や、幽霊になった神埼さんともども、どこかコミカルなので無理か。コミカルだからこそけっこう厚い本なのに楽しく読めたということもありますが。有栖川有栖氏の中でかなりお薦めの一冊です。

幽霊刑事ゆうれいでか   読了日:2002年03月16日