《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

恋愛 実地調査にご協力 頂いた男性2人に感謝します。これで恋の判断材料は全て揃いました。

f:id:best_lilium222:20201118170651j:plain
やまもり 三香(やまもり みか)
ひるなかの流星(ひるなかのりゅうせい)
第10巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

馬村からの突然の告白に、すずめが悩んで悩んで出した答えは──“大切に思ってくれる人を、幸せにしてあげたい”。そう進んでいこうと思った矢先に獅子尾と再会して…!?
【収録作品】犬飼くんのはなし。

簡潔完結感想文

  • 10巻までは規定演技。魅力的な男性2人と告白交際お断りの1セットを2回行って、結果発表になる。
  • 馬村との交際。人目を気にせず放課後一緒に帰ったり、親族にも胸を張って紹介出来ることが強み。
  • 先生の逆襲。10巻まで沈黙を義務付けられた先生が10巻中から我慢出来なくなって…。抱擁勝負。

子尾のターンからの馬村のターン、それが終わると また獅子尾のターン⁉ の10巻。

『10巻』のラストまで読んで初めて作者の企みが分かりました。

ずっと獅子尾(ししお)と馬村(まむら)、2人の男性に全く同じ経験をさせているんですね。

何度も私が感想文で「五分五分」と書いてきましたが、
主人公・すずめ を巡る勝負は、順序が違うだけで本当に同じ内容が繰り返されていた。

本書の順番からいうと、
獅子尾は、告白して付き合ってフラれて再度 告白した。
馬村は、告白してフラれて再度 告白して付き合った。

2度の告白と交際、そしてフラれるという4工程で1セットでみたいだ。
(獅子尾の場合はフラれたというよりフったのだが、
 馬村との交際を目の当たりにした彼の心情的にはフラれた気分、ということで…)

今回のラストの獅子尾の行動によって、この4工程が全て行われた。
いよいよ ここからが本当に未知の領域に入ると言えるのではないか。

2人の男性とお付き合いをしてみた結果、
1年前は恋を知らなかった女性は、様々な判断材料を手に入れた。

そして今も2人の男性から好意を持たれていることを知った すずめ が、
果たして、どんな答えを出すのか、待て次巻。


…と、いきなり結論から入った感想文ですが、
なかなか結論を言わないのが、冒頭の馬村宅前の すずめ。

早朝に電話をかけ、玄関先に馬村を呼び出した すずめ。
彼女は馬村の告白に対しての答えを言いに来たのだった。

この場面は、判決(主文)を最後に言い渡す裁判官と、
最後の言葉を固唾を呑んで待つ被告のようだ。

また、すずめが髪を結うのは気合の証拠でしょうか。
そういえば獅子尾の告白の時も結ってましたね(『3巻』

先生と比べてばかりの自分を脱却するためにも、
馬村への気持ちは不明確だが、全力で馬村の方を向く努力をするので、
私と付き合って下さい、と馬村に伝える すずめ。

先生の時は気持ちにプラスもあったがマイナスも大きかった。
馬村は自然体でいられる自分に気づかされる。

交際の中で落胆していった先生との時間ではなく、
交際の中で好きを育む時間を大切にすることにした すずめ。

まぁ、上記の1セット理論からしますと、付き合うのは既定路線なんですけどね、
なんて冷や水を浴びせるようなことを言ってみたり…。


にかく、曲がりなりにも こうして晴れて交際がスタートした2人。

すずめ と馬村の彼氏彼女の描写は初々しいですね。
全てのことに顔を赤くしながら一緒の速度で歩いていく2人。

ただ、馬村は相変わらず口が悪く、すずめ は「ボケ」だの「アホ」だの散々な言われ様。
馬村との関係性や理解がなければ酷い俺様人間だと思うだろうが、
彼の場合は多くは照れ隠しなので可愛いものである。
俺様というよりは坊ちゃまなんですよね(笑)

が、好事魔多し、ではないが、
馬村との交際は不安要素が多いのが気になるところ。

その筆頭格が、なんといっても獅子尾の存在。

先生と すずめ の間にあった全ての経緯を知る ゆゆか の邪悪なアシストもあって、
本当の交際が始まったことが獅子尾に即日でバレる。

そこに確かな動揺を見せる獅子尾。
ゆゆか は何かを感じ取るが…。

そう、読者には明白ではあったが、獅子尾は まだ すずめ を深く想っている。

すずめ がもし、獅子尾を振り切れなかったら…。
馬村との交際で最初の恋が本物なのだと思ってしまったら…。

交際開始すぐの幸せなはずの馬村が、やっぱり 当て馬村(あてうまむら)に思えて仕方ない。

はかなさを秘めた交際ですね。
馬村がまた悲恋が似合うのですよ…。


んな不安定な交際を、馬村自身も認めているのが分かるのが、
馬村が すずめの部屋に初めて入った際のこと。

すずめ は馬村との交際をポロっと叔父さんに言ってしまった。
そこで叔父さんが是非とも馬村を呼ぼうと提案したことから、
日曜日のお家デートが開催されることになった。

すずめ の父親は海外だけど、実質これが父親チェックか。
叔父さん は代打か。
まぁ、30代後半で独身の叔父さんがチェックや苦言を呈したところで、
お前が言うな、お前もな、の嵐でしょうけど。


そんな厳しさが予測される彼女宅訪問に名菓を持ってくることで叔父さんを唸らせた馬村。
どうやら馬村父が持たせたらしい。
交際や訪問のこと、父に報告しているのだろうか。
やはり坊ちゃま。


お約束として、すずめ の部屋で2人でイチャついていたら顔が急接近。
ただし、原因は獅子尾の写真に すずめ が過剰反応したから。

更には、馬村が「そういう事する気さらさらねーから安心しろよ」という始末。

いきなり彼氏面して、グイグイと欲望を押し付ける人に比べればいいけれど、
ちょっとないがしろにされ過ぎる気もする一言ですね。

そして、この漫画において、キスはなかなかハードルが高いみたいだ。

お茶の用意をするために叔父さんと並んで会話する馬村。

獅子尾に対しては完全にライバルで、タメ口だったから、
年長者と喋る敬語を使う馬村が新鮮。
語尾が、っスになるんですね。

この会話の中で馬村の本心が開陳される。
馬村は待てる人ですね。
部屋の中からこっそり男同士の会話を聞いている すずめにも、
馬村が腰を据えて交際に臨んでいることが伝わる。

だが、やっぱり破局フラグ立てまくり…。

馬村も「やっと あいつの気持ちが半分だけオレに向いている状態」という分析をしていて、
すずめ の幸せのためなら「身を引くのも厭わないつもり」と言い出す。

もうバッドエンドを見越しての発言は止めてくれーー。

と思っていたら、そんな身を引く覚悟の馬村に対して、
すずめ が身を寄せてきた!

ぎこちなくはあるけれど、俗にいう抱擁というやつですね。
私には、そうやって幸せを持続して下さいと祈ることしか出来ません。

f:id:best_lilium222:20201119141513p:plainf:id:best_lilium222:20201119141508p:plain
身を引くなんて一線を設けた言葉は、こうやって身を寄せれば簡単に乗り越えられる。

校イベントをきちんとこなす本書。
1学期のイベントは運動会。
去年は時期が早かったため、すずめの転校前に実施済みだったらしい。

その運動会で、すずめはサプライズを計画する。
リレーに出場する馬村のために、はちまきを手作りしようと考えたのだ。

サプライズだから当然馬村に話せないのだけど、
すずめの隠しごとは良くない方向に動くことが多い。
気を遣ったりしない自然体の人が気を遣うと、何もかも不自然になるらしい。


そんな はちまき作りの生徒が集まる教室に獅子尾が登場し、動揺する すずめ。
獅子尾は使用している教室の担任で、ボランティア担当らしい。

馬村のために一人で黙々と はちまきづくりに集中する すずめ。
お世辞にも上出来とは言えない はちまきが出来上がった頃には皆 帰宅していた。

残るは担当の教師・獅子尾と すずめ の2人。

そこで訪れる先生の我慢の限界。
獅子尾はすずめの腕を引き寄せて、その胸の中にすずめを抱きしめるのだった…。

f:id:best_lilium222:20201119141247p:plainf:id:best_lilium222:20201119141239p:plain
身を引くのも厭わない? そんなの綺麗事。25歳のガキのオレは こっちから身を寄せちゃうぞ。

これもまた五分五分の勝負の一環ですかね。
抱擁対決。

まぁ今回、馬村のは すずめ から抱きしめにいったんで勝敗は明らかか。

けれど、気持ちが冷めたはずの先生からの熱い抱擁。
当然のように揺れるすずめの心なのだった。


んな自分の行動を後悔して独り居酒屋で酒を飲んでいた獅子尾の元に
元カノ・つぼみが再登場する(『4巻』以来)。

その つぼみ は、今後は もう絶対にヨリを戻さないからか、
獅子尾に対して辛辣な意見を並べていく。

ちょっと可哀想になるぐらい先生の弱点が これでもかと列挙される。
でもこういう男性の欠点を分かった上で惹かれていく女性も多いと思う。

そして欠点が分かっていれば、性格の改善の余地もあるということ。
獅子尾の場合はプライド捨てて行動したら何かが変わるかもしれない。

そして、想いのままに、すずめへの言葉を紡ぐ…。

というところで終了。
毎度毎度、続きが本当に気になるところで幕切れ。


難しいと思われるのが、獅子尾の汚名返上。
ここだけは圧倒的に獅子尾が不利。

冒頭で書いた通り、ここまでが獅子尾と馬村と すずめ の規定の流れ。

ただ、前半戦の交際相手だった獅子尾は一度、
自分から別れを告げるという汚れ役をこなさなければならなかった。

しかも後半戦、馬村に攻守が交代してからは、ずっと雌伏の時。
自分でフッておきながら、未練たらたらでなければいけない難しい立ち位置。

馬村のターンだから出しゃばる訳にはいかないし、
すずめ の気持ちも獅子尾に残しちゃいけないから、憎まれ役を演じないとならない。

これは前半戦から ちょこちょこ と顔を出し、おいしい場面のあった馬村とは大きく違う点。
そして後半戦の馬村の活躍は目を見張るものがあり、先生はその陰に隠れがち。

人間は総合的に物を見ているようで直近の印象が強いので、
現時点で、読者が先生と馬村に点数をつけるとしたら、圧倒的な点差で馬村が優勢だろう。

ただ、繰り返しになるが、ここまでが1セット。

馬村と付き合うためには先生は一時的な悪役ならなきゃならなかったんです。
まぁ、その必要があったとしても獅子尾は かなり卑怯な大人になってしまいましたが…。

上手くいかないフラグが立ちまくりの馬村か、
人気が地に落ちた かつての輝いていた流星・獅子尾か。

いよいよトライアングル ラブストーリーも大詰め。
君は誰とキスをする オレ? それとも オレ?


ひるなかの流星 番外編 犬飼くんのはなし。」…
まだ すずめが転校する前の1年生の頃のはなし。
オールマイティの犬飼(いぬかい)が、クラスメイト・鶴谷モニカ(つるたに もにか)の前ではミスを連発。
その原因は何かと探っていくと…。

んー、なんでしょうね、ゆゆか の恋でもギリギリなんで、
犬飼くんの恋には全くもって興味ないかな。

そもそも犬飼くんは最初から出ているけど、キャラとして薄い。
作者の愛着と読者の関心が大きく乖離している。

ちょっと話も普通過ぎるし。
これなら鶴谷目線で読んでみたかったかも。

ひるなかの流星 10 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 10 (マーガレットコミックス)