《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

坊や、いったい何を教えて来たの 私やっぱり、私やっぱり、実家に帰るわね『プレイバックpart2』

f:id:best_lilium222:20201116182739j:plain
やまもり 三香(やまもり みか)
ひるなかの流星(ひるなかのりゅうせい)
第08巻評価:★★★★(8点)
  総合評価:★★★★(8点)
 

獅子尾に再度失恋をし、悲しみでいっぱいのすずめは、突然田舎に戻ってしまいます。心配して迎えに来た友達と温かい家族を前に、すずめは素直な思いを口にして──。この失恋、どうやって乗り越える?

簡潔完結感想文

  • 傷心旅行。先生からフラれて実家に帰る すずめ。いつの間にか東京で変化した自分に気づく。
  • 訪問客。すずめ の実家に現れたのは東京生活を支えてくれる人たち。話すことで癒えていく心。
  • 馬村の誕生日。朝から晩まで馬村と過ごす一日。真っ赤な お耳の馬村くんにはヘッドホンを。

子尾は世界史 関連の少女漫画ではなく恋愛漫画を読むべきだった 8巻。

各々の事情から、主人公・すずめ に好意を寄せてくれた
男性2人から好きだという気持ちを封印されてしまった『7巻』

交際していたはずの教師・獅子尾(ししお)からは、
「好きじゃなかった」という冷酷な言葉で2人の関係を打ち切られてしまった。

これには獅子尾側の言い分もあるのだけれど、
すずめ が この言葉を浴びせられたのは厳然たる事実。

まさに獅子(尾)は我が(教え)子を千尋の谷から落とした、というところでしょうか。

ただし、子どもは強い。
這い上がる力を蓄え、獅子尾と もう一度 顔を合わせるだけの勇気を持っていた。

そして軟弱だったのは獅子の方だったりする…。


んな惰弱な教師・獅子尾に対する、生徒・馬村(まむら)の態度に笑ってしまう。

もう完全に同級生に対する それである。
獅子尾の勝手に聞かせるセンチメンタルな言い訳も一刀両断。

すずめ を傷つけたこと、それが獅子尾の罪。
獅子尾の思いやりなど、馬村にとって殴る価値もないのだ。

この場面で、男としての格が逆転したような気がします。

この教師への一刀両断は、仮定の中で、獅子尾が教師を辞める際には迷わずついていく、
と答えた すずめの思考と似たものがあるかもしれない。

青春は迷いがない。それが若さだ。


ただ、獅子尾の言い訳も理解できる部分が大きい。

職業の倫理観や、発覚した時の問題の大きさはもちろん、
すずめ という未成熟な人の初めての恋は胸を張れるものであって欲しいというのが、
年長者の、彼女を想う人の、切実な想いではないだろうか。

…ただ、その想いを先生が言語化できているかは別。

多分、先生の人としての度量は小さい。
自分の出した結論が唯一のものだと思っている節がある。

「すき」という たった一言で世界を肯定できるはずだった すずめに対して、
よりにもよって「好きじゃなかった」と根本から否定する言葉を投げつけるんだもの。

いくら相手をどんだけ大切に想っていると、獅子尾自身が思っていても、
肝心のすずめ に、それが伝わらなければ意味がない。

そういう意味では、とっても獅子尾は「ダサい」。


獅子尾に本当に すずめ を想う気持ちや、長期的展望があるのならば、
別れるか、別れないか、ではなく第三の選択肢を見せることも出来たはずだ。

すずめ にとっては果てしなく長い、卒業までの残り2年余り。
それまで気持ちが変わらなければ、もう一度始めよう、という提案も出来たはず。

すずめ に、自分の中に芽生えている気持ちを自分で判断させる、
そういう誠実さ や 配慮が先生にはない。

彼の優しさは、独り善がりの優しさなのだ。


少女漫画では、当初 完璧だった王子様が中盤からヘタレになっていくことがままありますが、
今回の先生も、そんな新たな一面を見せるための展開でしょうか。

それとも、付き合ってみると ツマらないヘタレお坊っちゃん、という先生の本質でしょうか…。


うして獅子からどん底へ突き落された すずめ は傷心旅行をする。

といっても、行き先は転校前の地元。
そして宿泊先は自分の実家。

折よく、夫の海外赴任先から母親だけが親戚の慶事のために一時帰国中。
弱っていたすずめ は、久しぶりに聞いた母の声で里心が湧く。

ってか、すずめ の実家は電気とか建物とかそのまんま何でしょうか。
雪国らしいので、誰も管理しないと雪の重さで家がつぶれたりするんじゃないか…。


東京の学校を休んでいると知りながら何も言わない母。
幾つかの何気ないシーンからも母の度量の大きさが分かります。

一番好きなのはやはり、すずめの荷物の少なさを指摘するシーン。

辛い現実から逃げてきた割には、すずめの荷物はバッグ1つ。
それは、すずめ が一時的な避難としてこの家を使っている証拠で、
再び、東京の家に帰ることを念頭に置いての行動だと母は指摘する。

母の慧眼と、すずめ の帰る場所はあちらにあるということが伝わる。

また1学期には通っていた地元の高校に すずめ が登校するシーンも好きです。

知らぬ間に少し変わった地元、そして自分。
地元に戻ることで自分でも気づかない変化を指摘される すずめ。

誰が変えてくれたのか、
もう当たり前になった東京での生活の周囲の人々の影響を改めて実感する。

この場面、地元の友達が変わらずに接してくれるのも良いですよね。
すずめ自身も変に都会に染まらずに、垢抜けないのが良かったのかも。


帰郷して3日が経過した夜、すずめ の実家に訪問者があった。
それは自分を少しずつ変えていった東京でのクラスメイトたち4人と叔父さん。

何と彼らは心配して地元まで駆け付けてくれたのだ。
その中には巻き込まれた馬村もいた。

その夜は全員、すずめ の実家に宿泊。
夜には女子トークで、実名こそ出さないが すずめの恋の終わりも報告している。

そして一応、馬村とも一泊気分。
これも、ちゃんと先生との勝負を五分五分にしているんでしょうか。
そして先生は再び立ち上がってくるのでしょうか…。

そういえば 今回の件で、すずめと馬村は お互いの親に会ったことになるんですね。
まだ すずめ の父親には会ってはいませんが、顔合わせは済んだ。
これは「少女漫画の法則」から言えば、結婚間違いなしですわ…。

一方、獅子尾はと言うと すずめ の叔父・諭吉(ゆきち)の時点で交際反対されてるし。
両方の親に会うまではハードルが高すぎますねぇ。
獅子尾 ピンチ!


その夜、女性陣が寝静まった後、縁側で話をする すずめ と馬村。
馬村は入浴後で髪が濡れていて、パジャマは すずめ父のもの。
彼氏(候補)が父親のパジャマを着ると小さいのもお約束。

すずめ の実家の玄関を開けた時は、
「お前のプリント届けんの もうダリぃんだけど」と、
悪態をついていた馬村ですが、2人で並んで話す際には、
「べつにプリントぐらい いつでも届けるけど」
なんてブキミな優しさを見せる。ツンデレですかねぇ…。

f:id:best_lilium222:20201117201610p:plainf:id:best_lilium222:20201117201603p:plain
ああ 日本のどこかに 私を待ってる人がいる 『いい日旅立ち

翌朝は女子+叔父さんが車で出掛けてしまって、
一人 遅く起きた馬村は すずめ に寝ぐせ+腹チラのサービス(笑)

馬村は、一宿一飯の恩を返すために雪かきを手伝うことに。
雪かき終了後は2人で雪だるまを作ることに。


雪だるま制作の中の会話で、すずめ が帰郷する際に身につけたマフラーは
馬村からの貰ったものだということが判明する。

すずめ は「一番あったかいヤツ」を選んだだけと言うが、
これは いよいよ封印していた気持ちが解放される、という暗喩でしょうか。

その一方で、すずめ は帰京後に
先生からクリスマスに貰ったガラスのケースを封印する。

紙とガムテで ぐるぐる巻きにされた それが再び日の目を見る日は来るのでしょうか…。


ずめ が東京に帰ってきても、変わらずに獅子尾が担任だけれど、
胸キュン担当は馬村になった様子。

不調に終わった合コン帰り、馬村と遭遇。

すずめ がリップクリームを塗ろうとして、蓋が開かず、
思いっきり手を口に当てて、かえって血を出す結果になった。

それを心配した馬村と、獅子尾ほどではないにしても、
顔が急接近があったり、手は繋がないものの服の裾(すそ)をもって歩いたり、
帰り際に初めて休日に一緒に出掛けることを誘われたり、
すずめ のモテ期は終わらへんで~。

これらは獅子尾と一度 経験していること。
馬村の当面の目標は獅子尾との差を五分五分に戻すことだろう。


すずめ が誘われたのは、馬村の誕生日がてらに馬村一家の食事会。

でも父や弟が「(すずめを)連れてこいって うるせー」という馬村の話はどこまで本当なんでしょうね。
自分から、すずめを呼びたい といった可能性もある。

彼は恥ずかしい時の赤面以外の表情はポーカーフェイスですからね。
嘘を付くのも、お手の物だろう。

もちろん家族の話が本当であっても、
馬村も すずめ に会いたいからこそ強く拒否しなかったし、そして実際に誘ったのだ。


馬村の誕生日を知って、すずめ は馬村との2人での待ち合わせに遅刻してまで、
彼へのプレゼントを選んでいた。

f:id:best_lilium222:20201117202820p:plainf:id:best_lilium222:20201117202813p:plain
馬村のために、馬村の好きな物を選んだ すずめ。ポーカーフェイスでも少しの変化は見抜ける。

さて、この すずめ が選んだプレゼント、
今回は しっかりと相手のことを思って選んでいることに注目したい。

何といっても、獅子尾の時は「寿司ネクタイ」ですからね(『6巻』)。

これは獅子尾との恋愛体験が、大袈裟に言えば すずめ の その後の人生に良い影響を与えているということでしょうか。
それとも馬村に関しては、相手の好きなもの・仕草・日常を すずめ が よく見ているということでしょうか。
こういう獅子尾と馬村に対する すずめの違いが見られるのも良いですね。
そして後者の方がいつも幸せという残酷な現実…。

プレゼントを貰った馬村は相変わらずポーカーフェイスで「…どーも」の一言で片づけているけれど、
その後すぐに着用してみたりしているところに喜びが隠せていない。

もしかしたらヘッドホンで隠れた耳は赤かったかもしれない…。

そんな彼の表情や雰囲気を、すずめ も また感じ取っていた。


の後、馬村の家族と合流し、メインイベントの寿司屋での昼食。

馬村がトイレに立っている間。
馬村父から息子の彼女には すずめ みたいなタイプの子が合ってると思う、
と言われ、謙遜し、そして「馬村は私にキョーミないですし」と答える すずめ。

すずめ は馬村が本当に自分に一ミリも興味ないと思ってるんですかね。
今の関係も、獅子尾とは違って、恋愛が一切ない(と すずめが思ってる)から上手くいってるんですかね。

今後、馬村と接近することになっても、
すずめ の恋愛下手が繰り返されることになったら嫌だなぁ…。
そうなるぐらいなら、もう少し今のままの関係を見てみたい気もする。

トイレから戻った馬村は「何の話してたんだよ」と問うが、
実は、少し話を聞いていた馬村。
相変わらず嘘とポーカーフェイスがお上手です。

それが発覚するのが最後の場面。
別れ際、連絡先を初めて交換する2人。

そして初めて馬村からかかってきた電話で、馬村は
「ーーオレは思ってねーよ お前のこと 興味ねーとか 思ってねーよ」

自分の耳が真っ赤になること分かっていながら、それでも言わないといけないこと。

馬村、いいぞ。
刈り上げた うなじ 大好きだぞ!


そして、すずめ の何分の一か ではあるが、
友人・ゆゆか の恋も進行中。

素直になれないのは相変わらず。
すずめ と どちらが早く成就するのでしょうか。

ひるなかの流星 8 (マーガレットコミックス)

ひるなかの流星 8 (マーガレットコミックス)