《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

図書館の恋人。

図書館の神様

図書館の神様

紙上の恋人。

↑の本の感想は コチラ に。


さて、私の住む地域の図書館では、
現在、貸出中の資料の一覧がレシートの様な紙で渡される。
私はこの紙を自宅にて全て捨てているが、
どうもしおり代わりに使用したり、そのまま放置したりしていて、
本に挟まっている事が多い。


私が借りる本というのは私の好みの本である。
間違ってもサルトル著「実存主義とは何か」なんて借りない。
キルケゴールの「死に至る病」は借りたけど(借りると読むという行為は違う…)


その前にその本を借りた人も、その本に興味があるという事である。
その上、その人が他に借りていた本が私の好きな本だった日には…
私とその人は相性ぴったんこカンカンである。
同性だったら友人に、異性だったらホの字になる可能性が高い。

倫理の恋人。

はて、これはプライバシーを侵害しているのだろうか?
もちろん、個人名は分からないようになっている。
しかし利用者コードと利用した図書館は明記されている。
ストーカーの第一歩にはなるかもしれない。どうなのだろう?


私は間違っても、つけたりはしない。ただ思慕するだけである…  ダメ?