《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

奇跡は船を浮かべる。

妃は船を沈める

妃は船を沈める

感想は コチラ に。
どうもこんばんは、新聞の積読始めましたbest_liliumです。あれですよ、新聞と言っても夕刊だけですよ。それもたった3週間分ぐらい…。好きなんですよ、夕刊。映画評に音楽評、テレビや書籍関連の記事、先週までは夕刊の連載小説は伊坂_幸太郎さんの作品だった(未読)。更には古屋_兎丸さんの時事4コマ(週1)に、角田_光代さんや穂村_弘さんのエッセイ(コラム?)も載っている。朝刊に比べて夕刊はなんとも気の良いヤツなのよ。
では、なぜ私が新聞を積読するかと言うと、それは私好みだからである。興味を惹かれる記事に出会うと「この記事はいつか本腰を入れて読もう」とか「今は眠いから明日にでも…」なんて事の繰り返し。結果、いつまでも本腰は入らず眠気は去らない。
しかし新聞の積読も記事の鮮度が落ちるというデメリットばかりではない。テレビやインターネットなどは情報を常に更新し続けるこの時代だけれども、手元に残る紙媒体は過去をそのまま己の身に書き留めている。例えば2週間前の夕刊。「世紀の皆既日食が見られるぜ、観測の準備は出来てるか〜い?」という記事が載っている。この記事は最後に「目に気をつけるんだぜ! 日食用フィルターを購入するんだ」と教えてくれている。…なぜだろう、本来明るい記事のはずなのに、たった2週間の時を経るだけで、虚しさが去来する記事に変貌した。確かに当日、お日様は月に隠れた。けどね、その上、雲にも隠れたんだぜ。もぉ、恥ずかしがりやさんなんだからっ☆ 「日食用フィルター」、次回の日食の時、また使ってくれよな!