《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

のだめは妻、千秋は新妻。

のだめカンタービレ(20) (KC KISS)

のだめカンタービレ(20) (KC KISS)

こんばんは。チュートリアルのANNR放送開始待ちのbest_liliumです。眠い…。
「のだめ」の最新刊を読んでいたら鞭の音で始まるラヴェルのピアノ協奏曲が出てきて、「あれっ? 曲を聴いた事はないのに、『鞭の音が使われるクラシック曲』の知識だけは知ってるのは何でかしら?」と一思案。暫し考えた所、北村薫さんの覆面作家シリーズ第1弾『覆面作家は二人いる』の第1話「覆面作家のクリスマス」で最初にお嬢様の推理力が披露される場面で、この「鞭の曲」が登場したのだった、と思い出す(ネタバレか…?)。そういえば、どちらも「千秋」さんだ(苗字と名前、男性と女性だけれど)。
「のだめ」は20巻に到達しても少女漫画(少年漫画も)によく見られる希釈感(人気が出た後に無駄なエピソードで物語を長引かせる事。大抵の場合、作品の価値を貶める。私の造語)がなくて、作者の抑制を随所に感じる作品。交響曲「のだめ」を作者という指揮者が上手く統制して、面白くも品のある作品にしている。最終楽章のフィナーレまで存分に一音逃さず楽しみたい。
覆面作家は二人いる (角川文庫)

覆面作家は二人いる (角川文庫)

感想は コチラ に。