《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

まだ解けない魔法のような それとも呪いのような 『冬のはなし』

f:id:best_lilium222:20201029213832j:plain
小畑 友紀(おばた ゆうき)
僕等がいた(ぼくらがいた)
第07巻評価:★★★☆(7点)
  総合評価:★★★☆(7点)
 

幾度となく深く傷ついたけれど、もう一度矢野(やの)を信じることにした七美(ななみ)。一方、なりふりかまわず七美への強い気持ちを押し通した矢野に竹内(たけうち)は負けるが、彼はそれでも変わらず七美を想うのだった。ぎこちなくても確かな再スタートをきった二人を、そっと見守る竹内に、ある日新しい恋が訪れて!?

簡潔完結感想文

  • 告白大会。親が病気で倒れた時に彼が支えてくれると言ったので好きだといいました。
  • 息子が病気で倒れた時に、離婚の意思を告げました。彼の体調や精神には配慮しません。
  • 彼女の交際が不調の時に告白しました。コンサルタントとして費用対効果を計算済みです。

の魔法の効果は一瞬で、呪いの効果は一生の 7巻。

主人公カップル、仲直りしたと思ったら、また喧嘩です。
『4巻』『5巻』の再放送を見せられている気持ちになります。

喧嘩をしても瞬時に仲直りが出来る友情に比べて、
わだかまり が消えるまで時間の掛かるのが恋愛の いざこざ。

主人公・七美(ななみ)と矢野(やの)カップルの今回の喧嘩の原因は、
2人でのお泊りを計画していた当日に矢野が自分よりも他の女性の身を案じたからだった。

f:id:best_lilium222:20201031051229p:plainf:id:best_lilium222:20201031051222p:plain
長らく お預けにしていた矢野との性交渉解禁。だが好事魔多し。本書に事故・病魔 多し。

例えそれが その女性の母親が救急車で運ばれる事態であっても、
女性が矢野と過去に一度 肉体関係をもった山本(やまもと)だったことが、
七美の心に自己中心的な わがままな論理を展開させる。

確かにこの状況、七美の面子は丸潰れ なんですよね。

かつて矢野が交際していた山本の姉・奈々(なな)との過去を彼女なりに消化して、
また以前と変わらぬ交際の日々が再開された。

そうして2人の関係をさらに一歩 進めようと、
七美の側から親が不在の家に矢野を誘った経緯があった。

恥ずかしながら据え膳を用意したのは七美の方なのに、
矢野が山本の事態を優先したのは女性としてのプライドが傷つく。

ここで面白いのは、七美の嫉妬の対象が、
あの世の奈々から再び、この世の山本に移る点ですね。
一難去ってまた一難、七美の中の山本姉妹の影は なかなか払拭できそうもありません。

また、前日の矢野と飼い犬・ララ美の散歩途中で独白する矢野の言葉で、
彼にとっては肉欲よりも愛情が勝っていることが分かる。
矢野はちゃんと愛を深化させていたのだ。
彼にとっては全てが初めてではない、という心の余裕もあるのだろうが。

反対に、当日を迎えるあたっての覚悟と緊張でそれどころではない七美は、
そこに気づけなかったのだ。

本書において七美の誓いは、ことごとく否定されるものですから、
『6巻』において「矢野があきらめない限り あたしもあきらめない」
「信じる」などと言ったことから不幸フラグは立っていたんですけどね…。


『7巻』では長らく秘めていた2つの告白が行われる。

1つ目は山本。
親が緊急搬送されて、まだ目を覚まさない状況にもかかわらず
矢野の「支えくらいにはなる」という言葉に思わず頬を赤らめる山本。

そして矢野の眩しさに ずっと秘めていた想いを告げるのだった…。

これは長らく潜伏していた山本の計算でしょうか。
矢野の視界に自分がいる今ならヒロインに躍り出ることが可能と踏んだのか、
それとも七美が矢野と仲直りした時と同質の「衝動」的行動だったのでしょうか。


意外だったのは、山本の告白に対して矢野が驚き動揺しているように見えること。

これは2人にとって何の意味もなかったはずの山本との一度きりの関係が、
実は山本にとって重大な意味を持つと知ってしまった動揺でしょうか。

もしかしたら初めて後悔したかもしれませんね。
あの日のことが完全に「後ろめたいこと」になってしまったから。

そうして山本と別れて病院を出る矢野と、
合コンで知り合った女性とデート中の竹内(たけうち)、
ずっと矢野との待ち合わせ場所に佇んだままの七美を先に迎えに行くのはどちらか、
レースのような緊迫感があります。

『6巻』の文化祭の夜にも使われた手法ですが、
どちらが先に着いたか分からないまま、会話が始まる演出が好きです。

こういう時の竹内くんは優秀な騎士(ナイト)なんですよね。
ただ、王子ではないというのが彼の最大の弱点ですが。

竹内のように予測もしなかったキャラが徐々に頭角を現して三角関係に至る点は、
私に『360°マテリアル』を連想させました(本書の方がだいぶ古い作品)。
あの漫画も三角関係になってからが断然 面白かったなぁ。


界で一番幸せな女の子になるはずだったのに不幸のどん底に落とされる七美。
そして2人の危機。七美が矢野を敬遠するのは、何だか再放送を見ているみたいだ。

構成上、上手くいっている時間は割愛されているとはいえ、
上手くいっていない時間の方が長いカップルだなぁ。

なぜか竹内のことも避ける七美。
これは竹内に付け入る隙を見せたくないのか、
それとも目の前の温もりすがりかねない自分への自戒なのか。

当日の七美の中の天使と悪魔の声を、
友人の水ちん と タカちゃん(影が薄い)が代弁する。

私の意見は七美の わがままを指摘するタカちゃん派かな。
困っている人を助けられるのが矢野の度量の大きさではないか。

矢沢あい さんの『天使なんかじゃない』にもそんなエピソードありましたよね。
やっぱり彼のことを「信頼」していれば、私はいいの、行って!という展開になるのだろう。


の日、病院から待ち合わせの場所、七美の自宅と
タクシーを使用したために、七美の自宅から徒歩で帰った矢野は風邪を引き学校で倒れてしまう。

2日間学校を休んだ彼の自宅を訪れたのは山本。

もし病院で矢野が山本の差し出すお金を受け取っていれば風邪を引かなかったかもしれない。
そんなこと山本が知る由もないのだが。

山本にとっては続く病気は攻勢のチャンスなのかもしれませんね。
彼との縁が切れないようにする言い訳が立つ。

時を同じく見舞いに行った七美は矢野宅の前で、山本と遭遇する。

f:id:best_lilium222:20201031055121p:plainf:id:best_lilium222:20201031055113p:plain
初めて明確な牽制を 山本にする七美。男に続き、女の戦いも始まる予感。

この場面で、初めて七美も山本の好意を、
それも自分よりも遥かに長く募らせた矢野への恋情を突きつけられるんですね。

両想いでこそないが、肉体関係というアドバンテージはあちらにある。
七美の矢野への信頼がまた一つ失われていったようです…。


んな矢野が病欠の最中で告げられるのが矢野の母親の離婚の意思。
矢野母は機を見て息子に話そうとしていたが、
これもまたタイミングとしては最悪に近い。弱り目に祟り目だ。

この時、家事に集中する振りをして、
ちゃんと息子の顔を見ないで話すのが親として卑怯ですよね。

矢野母は彼のことを誰よりも愛しているようで愛しきれていない。


離婚を機に東京に行こうと考えている矢野母。
だが、矢野は卒業までの1年ちょっとは地元に残る方針らしい。

竹内宅で竹内に話す その話を聞いていた竹内の姉・文香(あやか)から、
自分から「こっちに残りたい」と意思を表明したのか聞かれた矢野。

どうやら矢野は母の残留は可能だという提案に乗っかっただけらしい。

これは母の結婚の際と同じですね。
母の考えや意向に従うことが正しいと思い込む優しい矢野。
これはまた本心に蓋をしているような気がして怖い。


野母の離婚のお知らせと同じタイミングで行われるのが竹内の告白。
『7巻』における2つ目の告白です。

いよいよ竹内も本格参戦です。
もう誤魔化しのきかない関係が物語を一層ヒリヒリさせます。

誤魔化さないといえば、自分の告白の事実を矢野にしっかり伝える竹内。
これによって七美・矢野、そして山本と竹内の、
誰もが互いの恋心を知るという四角関係が完全に成立した。

欲を言えば超長編化しないで(後半の不幸のオンパレードなしで)、
矢野がこの地に残留した場合の恋の決着も見てみたかった。

山本と竹内の2人がどこまでカップルに切り込めるのか。
そしてどう決着が付くのか、8-9巻でまとめたバージョンも読みたい。

そういえば『7巻』の作者のコメントには「ラストまでよろしくお願いします」とあるので、
本来なら、そろそろ物語を閉める予定だったんでしょうか。


んな四角関係が成立してからの初めての七美と矢野の会話は険悪なものだった。

やっぱり七美は矢野の「裏切らない」=「自分だけを見てほしい」という
精神構造を理解してないんですよね。

そういう意味では山本の方が矢野の心を引き上げることが出来そう。
彼女なら最優先順位が矢野であることは一生変わらないだろう。

矢野に巣食っているのは奈々さんだけじゃない。
裏切りへの徹底的な嫌悪だ。

結局、『6巻』で行われた七美のカウンセリングは、
彼女が彼女の心を引き上げた 自己満足でしかなかったことが分かる。

お互い相手の不安に共感することが出来ず、
自分の不満・不信だけをぶつけていることが、このカップルの弱点だろう。

様々な別れの予感を含みつつ、運命の『8巻』へ続く…。

僕等がいた (7) (フラワーコミックス)

僕等がいた (7) (フラワーコミックス)

  • 作者:小畑 友紀
  • 発売日: 2004/12/20
  • メディア: コミック