《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

学校内の刺客 アメリカからの刺客。長編化した少女漫画って ほぼ少年漫画だよね説。

藤沢 志月(ふじさわ しづき)
キミのとなりで青春中。(きみのとなりでせいしゅんちゅう。)
第3巻評価:★★☆(5点)
  総合評価:★★☆(5点)
 

3年ごしの恋を実らせ、幼なじみの慶太(けいた)とつき合いはじめた美羽(みう)。少しずつ心の距離を縮めていた2人だけど、ある日、ちょっとしたヤキモチが大喧嘩(おおげんか)に発展してしまう。慶太の気持ちがわからなくて、不安でたまらない美羽は…!? 幼なじみLOVE連載、目が離せない第3巻!!

簡潔完結感想文

  • まるで少年漫画。恋人の座をかけ主人公に挑戦者が参戦。でも愛されてるからOK。
  • 恋のライバルからの贈り物を叩き落とす美羽。ドイヒー。でも愛されてるからOK。
  • 一難去ってまた一難。美羽の主観では再放送をお送りします。愛されてるのか…⁉


学年一のカワイ子ちゃん、黒船来航、カワイ子ちゃん との3連戦の3巻。

作者としては幼なじみから恋人に関係性が変わると悩まなくてもいい悩みに直面して上手くいかない、という主人公の美羽(みう)の空回りを描きたいのだろう。
けれど、その為に美羽が軽率な行動ばかりなのが本書で気になってしまうところ。
はっきり言って、美羽が こんな自分本位な人だとは思いませんでした。
彼女の個性や好きなところがどんどんなくなっていく…。

彼氏とデートに来ているにもかかわらず、同級生をグループに入れて、更には男子生徒と共通の話題(食料品の安売り)で盛り上がり、彼氏の慶太(けいた)に全く配慮しない。
しかも このデート、気を抜くと老年夫婦のような雰囲気が流れてしまう自分たちに新鮮な空気を入れようと、敢えてベタなデートを演出しようと二人で計画したもの。
その当初の目的を忘れた、色々と頭の悪すぎる美羽に慶太が怒るのも当然だと思われるが、結果的には慶太が折れて、怒りの原因は、自分に自信がなかった慶太の嫉妬だった、信じてやれなくてごめん、と謝罪されて一件落着。
そして「キョリが ずっとずっと 近づいた気がする…」。
これには全く共感できません。美羽は甘やかされてるなーとしか思えなかった。

絶対、同じ過ちを犯すと思いますよ、美羽は。
先に謝った慶太が大人だということに気付いてないと思います。
ほらね、次のお話でも…。


慶太がアメリカでの3年間の生活で初めて出来た友人・アレックスが突然 来日。
男性かと思っていた友人は女性で、しかもモデルと見紛うほどの絶世の東洋系美女。

この東洋の血が入っていて、日本語もしゃべれるというのが美羽に嫉妬させる要因でもありますね。
アジア系ではなく英語しか喋れないのであれば、まさに住む世界が違うと一層のキョリを感じただろう。

彼女の話す内容、持ってきた写真、何もかもに自分の知らない慶太のアメリカでの3年間に焦りを感じる美羽。
しかもアレックスから今回の訪日の理由がケイタに自分の想いを伝えるためと聞かされ焦燥ばかり募る。

f:id:best_lilium222:20200524173750j:plain
アレックスの宣戦布告
3人で一緒に買い物に出掛けた先で慶太が気に入ったマフラーはとても高額。
なので似た色の毛糸を使って自分で編んで渡そうとしていた矢先、アレックスがそのマフラーを慶太に贈る。
激しく動揺する美羽に気づかず、アレックスは美羽にも贈り物をするが、美羽はそれを叩き落してしまう…。

この美羽の行動を見たら、私が慶太だったら、この人はない、と思いますね。
恋人としてもですが、人としても、こんなに人の気持ちを ないがしろにする人はキョリを取りたいところ。

今回は美羽の方からちゃんと謝っている点が前回とは違うところ。
理由は「自分に自信がもてなくて つい…」という慶太と同じもの。
似た者同士と思うか、同じことの繰り返しと思うか、それは読者次第。

こんなことが2連続で続いたら、私なら、ただの幼なじみに戻ろうよ、と言ってしまいそうだ。
付き合ってると自分と相手の嫌なところばかりが引き出されて、それを見て嫌いになるぐらいなら、その前の関係まで戻そうよ、と。

ただ、今回は美女のアレックスもまた自分に自信がなく、ずっと伝えられなかった言葉があること。
そして、そんなアレックスでも世の中には上手くいかないことがあると判明し、それが美羽に少なからず教訓を与えたはず。

アレックスは気風の良い人ですね。
作者との親和性も高いみたいだから、彼女のような人を主役にした物語が見てみたい。
これで美羽と慶太にもお互いを尊重しあえる関係性が見えてきたらいいなーと思うのだが、次の話も…。

慶太の渡米の3年間の扱われ方が時と場合によって違いますね。
ある時は今回みたいに美羽に疎外感を与えるものとして扱われるが、
一方で渡米がなかったように生まれてからずっと一緒の慶太という括りで語られることもある。
不信のもとにも自信のもとにもなっているので、扱いが難しい3年間だ。


次のお話は何と今巻の冒頭の遊園地編でも出てきたカワイ子ちゃんと小林くんのもう一組の幼なじみが再登場。
実は慶太はカワイ子ちゃん こと 麻里香(まりか)が小林のことを好きだということを見抜いて、その恋愛相談をしているのだが、そんなことは美羽は知らない。
なので、美羽の嫉妬は再放送です。

f:id:best_lilium222:20200524173845j:plain
急接近する二人に美羽は…。
目先の出来事に惑わされて、告白の時の決意とか、母親のようにはならない覚悟が全部なくなってしまうのが残念。
それじゃあ事件にならないのだろうけど、たまには慶太と二人仲良く物事を解決する様子なども見たい。
ネタが枯渇してるんでしょうけど、さすがに同じ巻での再放送はしないでほしかったなぁ…。
キミのとなりで青春中。 3 (フラワーコミックス)

キミのとなりで青春中。 3 (フラワーコミックス)

  • 作者:藤沢 志月
  • 発売日: 2009/09/25
  • メディア: コミック