《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。


うぅ、読んでいて辛い作品。それもこれも10代の若さゆえの過ち、ということか。読んでいて曾根という男への嫌悪はつのるのですが、殺意に結びつく過程が早い。客観的に自分を見つめる主人公にしては短絡的な思考。それこそが彼の世界の狭さであり、切迫した気持ちの表れなんでしょうが。17歳の彼が取った行動、取ってしまった行動の重さを彼自身が受け止められたのかどうか、ラスト一行まで目の離せない作品でした。
しかし2つ目の事件は必要なの?と思わざるを得ない。もちろん主人公・櫛森秀一くんが更に窮地に立たされるという意味では必要だったのでしょうが、怜悧な櫛森秀一を、ただのおバカさんに仕立て上げてしまっただけ、にも感じられる…。そこが17歳という設定のリアリティなのかもしれませんが。ラストはもうあれしかないんでしょうが、あれは禁じ手のような。気もする家族を守るための孤独な犯罪、青の炎を燃えたぎらせた少年は、簡単にあの答えを出すでしょうか。罪に合った責任を考えてこその犯罪でしょう。好きな作品だからこその注文です。

青の炎あおのほのお   読了日:2002年10月02日