《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

主に少女漫画と小説の感想ブログです

書名しりとり。

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

どちらかが彼女を殺した (講談社文庫)

究極の伏線。

「ど」→「どちらかがかのじょをころした」。ミステリの新体系。感想は コチラ に。
よくミステリは読んでいる最中は最後に謎解きが必ず行われる事を知っているので、
読者の思考力を低下・停止している、なんて言いますが、この作品はそれが無い。
ボーっと読んでいても必ず最後にはある事を考えなくてはならないからだ。
まさにタイトル通り「どちらが彼女を殺したのか?」という事を。クイズミステリだ。
この作品を書こうと思った事・書ける事が東野さんのすごい所だと思う。
文庫版の丁寧な謎の解説がなければ分からなかったかも。問題と解説、テストみたい。
結局、解説を見て答え合わせをするような事をしたので、思考は停止してたのかも…。