《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

藤原くんの「好かれてたい けど 付き合う気はない ずるい男」は だいたい正しい自己紹介。

藤原くんはだいたい正しい(3) (フラワーコミックス)
ヒナチなお
藤原くんはだいたい正しい(ふじわらくんはだいたいただしい)
第03巻評価:★★☆(5点)
 総合評価:★★☆(5点)
 

無謀だとわかりつつも、藤原くんへの恋を止められないヒツジ。うっかり告白めいた言葉を言ってしまったら、フラれそうに。焦ったヒツジは「好きなのは白滝(しろたき)くん」と、思わず嘘をついてしまう。しかもそれを聞いた白滝くんが「俺は付き合ってもいーけど?」と、まさかの反応! 口から出た錆のせいで、予期せぬ三角関係勃発!!? ゆるキャラ女子×悟り系男子のLOVEレッスン。もしかして、もしかすると…の第3巻!!

簡潔完結感想文

  • 自分の失恋を回避するために架空の好きな人を作る、傷つきたくないヒロイン。
  • 恋をしない男に恋する女と、その女を好きになる第2の男。不毛な恋愛つらたん。
  • 相手を気遣う振りして身動きを縛るマウント女、とも読める物語上の大切な友達。

変わらず工程表通りに話が進む 3巻。

『1巻』がヒロイン・ヒツジと藤原(ふじわら)との出会いと、彼女が藤原への気持ちを芽生えさせるまでを描き、『2巻』は その気持ちの確定と この恋の困難さを描いた。そして この『3巻』は少女漫画の3巻の恒例である三角関係と恋愛の膠着状態を成立させるところまでを描いている。

この辺までは連載当初からの構想があって、そのための初期の人物配置があるのでサクサクと物語は進んでいる印象を受ける。だが自分の進めたい話のために登場人物たちを動かしているので、彼らの行動に説得力がない。作者は そこを上手く補完すべきなのだが、それが出来ていない。
例えば『3巻』ではヒツジと友人・カレンが同じ人(藤原)を好きなことが発覚するのだが、このことがヒツジに どれくらい影響するのかが読者には測れない。カレンは『1巻』から登場しているキャラではあるが、これまでヒツジの生徒会の紅一点として学校生活をエンジョイしている場面しか描かれておらず、ヒツジにとってカレンが どれほど大切なのか分かるような描写はない。カレンは名ばかりの友人や親友で彼女を裏切りたくないというヒツジの気持ちが切羽詰まったものには見えない。
そしてカレン自身のキャラクタが描かれておらず、性格が分からないので、彼女の言動に裏があるかどうかも読み取りにくい。すごく意地の悪い人にも見えるし、ヒツジなんかより よっぽどヒロインに相応しい人にも見える。今後の展開のために ぼやかして描いているのだろうが、それにしてもカレンを知る手掛かりが読者には皆無なのは落ち度だと思う。

ヒツジにとって辛い状況に見えるが、カレンだって これまで辛かった。現状は自業自得である。

体を通してエピソードが とにかく浅薄で読者の感情を揺さぶるまでに至っていない。そして繰り返しになるが絵柄以外のオリジナリティが見つからない。

私には ヒツジの良さが全く分からない。なのに学校のトップ2にモテるという夢みたいな状況だけ整えられていく。ここまでで藤原がヒツジを気になるのは亡き弟と重ねるからだし、白滝(しろたき)がヒツジを気になるのは自分に全く興味を示さないからである。つまり彼らが本当にヒツジ自身に惹かれている部分は見えてこない。

そして『1巻』から誰も成長していないし、昔 嫌っていた自分に戻っていたり、断罪したはずの男と同類だったりするのが気になった。特に『2巻』の風邪・看病回で、藤原の心を考えずに自分の好機ばかり窺っていたことを恥じたヒツジなのに、今回 藤原を試すようなことをしたのは疑問で頭がいっぱいになった。あの時は ただ純粋に藤原の回復を願って、ずっと枕元に寄り添っていたのに、喉元過ぎれば熱さを忘れる で、また計算高い女に戻っている。

それにヒツジは『1巻』で ずっと気になっていた冬也(とうや)の視界に入るために玉砕覚悟で告白した。その勇気を持てたことが彼女の成長だったはずなのに、今回 藤原に拒絶されたくないばかりに別の人(白滝)を架空の好きな人として でっち上げる。例え傷ついても好きな人に女性として見て欲しかったヒツジが、どうして ここでは逃避するのかが分からない。というより作品が どうして彼女を退化させるのかが分からない。どうしても三角関係を成立させたいのならヒツジが嘘をつく前に白滝が登場して、彼がヒーローのようにヒツジが傷つくのを未然に防いで、自分がヒツジを気に入っていると言い出す展開でも良かったではないか。もしヒツジが嘘をつくにしても冬也と藤原の恋心の違いを説明して欲しい。1回出来たことが出来なくなる理由が用意されていれば まだ納得できただろう。こういう部分で作者の展開重視、心情無視の悪い癖が出ているように思う。

前作『恋するハリネズミ』も そうだったと思うが、作者は登場人物が越えてはいけないラインを話を面白くするために軽率に越えさせてしまう嫌いがある。この辺が お話作りや人物造形が浅いと思う部分で、被害者キャラのヒツジが頑張る姿が見たいのに、藤沢に平気で嘘をついている。それに対する罰や反省があるならいいが、そこに白滝を巻き込んでも彼女は結局 生徒会のマスコットポジションを失わない。絵柄と相まって悪い意味でメルヘンの世界が構築されてしまっている。

そして藤原自身も かつて自分が否定した冬也と同類になっている。ヒツジにスキンシップをして彼女を その気にさせるが、付き合うつもりは一切ない という「ずるい男」が藤原の冬也への評価だった。しかし今は藤原自身が そんな思わせぶりな態度を取っている。他者は鋭く論評できるのに自分のこととなると甘い。そんなダブルスタンダードが目に余る。
ただし藤原は初めての恋愛感情で、彼自身が振り回されているという点や、トラウマ持ちで そこを脱しない限り恋愛解禁とならないという事情があるだろう。その辺は1回目の恋愛の経験を全てリセットしてしまったヒツジとは違うかな、と擁護できる部分である。


れにしても全体的に築島治さん『私たちには壁がある。』と酷似しているのが気になる。少女漫画の展開は似通ってしまうとはいえ、これは似すぎている。
自分が傷つくことや未知のことに恐怖を覚えて、別の男性を自分の都合に巻き込んでいく自分勝手さには辟易とさせられる展開は まさにソックリ。そして案の定、その第2の男はヒロインを好きになるという工夫のない展開が始まる。
悪いことに本書の方が後発だ。よくある展開なのでパクリ疑惑があるとかいう話ではなく、両作品とも もう少し話にひねりと説得力が欲しいという話である。これではヒロインが得をしているようで、読者に嫌われる損をするばかりだ。


原に失恋することを回避するために、偽の恋を でっちあげるヒツジ。急に名前を出された白滝だが、彼は自分の金持ち属性に一つも興味を示さなかった という ただ一点だけでヒツジのことを気に入っているので交際に前向き。
そして どうも藤原を挑発するためだけにヒツジの話に乗っているように見えるが、実際に その通りで、彼は藤原の やきもち を引き出したいだけだった。ただ実際、その後にヒツジと白滝が一緒にいる場面を見ると藤原は複雑な表情を浮かべている。ヒツジの感情を藤原が読み取るように、藤原の無自覚な感情は白滝にしか理解できていないようだ。

そんな白滝が いつも口にしている大量の お菓子を教師に取り上げられ、ヒツジはそれを奪還しようと試みる。困っている人は放っておけない いい子なのである。藤原はヒツジの行動を目撃し、結局 協力者となる。この際に学校行事での お泊り回の定番、教師の目から逃れるために2人で布団 or 狭い密閉空間に入るというイベントが起こる。今回は2人で押し入れに隠れて教師をやり過ごす。
その押し入れに白滝の お菓子が入っており奪還成功。早速ヒツジは それを白滝の部屋に届けようとするが藤原に止められる。夜に男性の部屋に女性が行く意味を考えろと忠告し、女性扱いされないから心配ないというヒツジに待ったをかける。その際の藤原の表情には やきもち が浮かんでいるとヒツジには思えた。


れに味を占めたヒツジは白滝に相談し、藤原が関心を寄せるギリギリのラインを責める。偽装交際は藤原が撤退する可能性があるので、ヒツジは白滝に もてあそばれてるポジションを演じて白滝と呼吸を合わせる。

白滝の作戦通り、生徒会で買い出しに行く際にバス車内でヒツジは白滝の隣に座らせられる。実際、藤原は2人の仲を気にしているが、ヒツジは藤原に作戦通りのコメントを告げる。ヒツジは羊の皮を被った狼なのだろうか。

白滝の動機としては いつもは無関心な藤原が好ましいが、余りにも無関心すぎると こっちを向かせたくなる、というもの。猫気質な白滝くんであった。そんな白滝はヒツジと一緒にいる内に彼女の良さを知っていく。どうやらヒツジの無邪気な笑顔は どんな男も虜にするらしい。でも実際が嘘つきで人を試すような人だからなぁ…。

その作戦は成功し、藤原はヒツジを手元に置きたくなるし、逆に白滝は藤原にしか関心を示さないヒツジに、藤原に対するのと全く同じ感情を持つようになる。人の頭を自分でいっぱいにしたい、それが白滝の愛情表現らしい。狡猾な人間が両手に花、って この世界は どこか間違ってはいまいか。

自分に関心がないヒツジが もし白滝を好きになったら彼は蛙化現象を発動させるんだろう…。

休み明けから学校イベント・文化祭の準備が始まる。
心の汚い作戦が功を奏して藤原が自分に関心を持ったことに浮かれていたヒツジに罰が当たり、彼女は手を痛めて、生徒会の戦力にならなくなる。そこで完治までの一週間、友人のカレンに助っ人を頼むことになる。カレンは藤原と同じ中学で、これまでも藤原に何度か視線を送っていた。これは波乱の予感である。

そして白滝は自分がヒツジから勝手に役目を終えさせられて捨てられた状態なことに腹を立て、勝手にヒツジとの交際を宣言してしまう。それは白滝の藤原に対する構ってアピールだけでなく、ヒツジに対して こちらに関心を寄せて欲しい気持ちの割合が多いだろう。

藤原はやはり白滝の行動が気になるが、自分はヒツジに亡き弟を重ねてしまうから 側に居てほしいと思う。だが彼女と付き合うつもりはない。そんな都合の良い考えは誰かに似ていると思えば冬也なのである。藤原こそ「好かれてたい けど 付き合う気はない」「ずるい男」で、ヒツジは「かわされないような核心を突かねーのが悪い」まんま。『1巻』2話から2人とも少しも成長していない。
白滝は そんな藤原の急所を的確に突き、彼を牽制しながら自分に話を優位に進める。この時点で悪い点がないのは白滝だけである。


一方、ヒツジはカレンから藤原への恋心を発表する。このタイミングでの発表は、カレンが危惧していたヒツジ → 藤原の恋心が無いと確信してしまったから。ヒツジが白滝と交際していると知り、安堵交じりにカレンは自分の気持ちを告げた。
カレンはヒツジへの遠慮から ずっと気持ちを隠していた。ヒツジは そんな彼女の配慮を無駄にしないためにも今更 カレンに気持ちを告げることが心理的に出来なくなる。

こうしてヒツジはカレンを裏切らないために藤原に気軽に近づけなくなり、藤原は白滝の牽制が効いてヒツジに手を差し伸べる権利を失う。まぁ互いに自爆して身動きが取れなくなっただけなのだが…。


ツジは自分が八方塞がりになったことを白滝に逆恨みする。確かに白滝の暴走に巻き込まれた形ではあるが、そもそもヒツジが好きでもない男を でっち上げるから悪い訳で、自分の非を全く考えないヒツジのことが ますます嫌いになりそうだ。その上 一人前に嫉妬をするし、藤原との距離が出来たら自分が傷つけられた被害者面をする。

ただし藤原はヒツジの体調が万全ではないことを見抜いていたから、今回 彼が取った距離は愛情かもしれない。相変わらず藤原はヒツジのことなら何でも見抜いて、先回り出来るらしい。そして藤原はヒツジのことを放っておけない。

白滝は自分がヒツジを好きになりつつあることを自覚する。それなのにヒツジが藤原で頭がいっぱいなことに やきもち を焼き、彼女に自分の気持ちを伝える。こうしてヒツジが理解した上での三角関係が成立する。
翌日になってもヒツジは事態が呑み込めないまま。彼女の動揺は自分のことで頭を占めている証と考える白滝は一定の達成感を得る。

そしてヒツジはカレンと藤原の距離の近さや、これから2人が付き合うことも受け入れる覚悟を持とうとしても、今度は藤原がヒツジを離さなくて…??