《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

私に生まれた恋心を勝手に否定するなんて、藤原くんは二つの意味で間違っている。

藤原くんはだいたい正しい(2) (フラワーコミックス)
ヒナチなお
藤原くんはだいたい正しい(ふじわらくんはだいたいただしい)
第02巻評価:★★★☆(7点)
 総合評価:★★☆(5点)
 

ゆるキャラ女子・ヒツジは、悟り系生徒会長・藤原くんのもとで“恋愛対象女子”になるべくスパルタ猛特訓中。でも藤原くんのスパルタ指南を受けるうちに なんだか藤原くんにときめきはじめてしまった…。「そのときめき、勘違いだ」と藤原くんに釘を刺されるけど、やっぱりこのドキドキは間違いない!? これはまさかあの藤原くんに恋…なの!!?

簡潔完結感想文

  • 恋か恋じゃないかを自分で決めるため(©サクラ、サク)合コン参戦。
  • 体温低めの悟り系・藤原の高熱の風邪回で、早くも彼のトラウマが発覚。
  • 『3巻』で三角関係を成立させる準備のために第2の男と急速接近しとく。

原くんは なんだかんだ優しい、の 2巻。

藤原(ふじわら)に惹かれつつあるヒツジの気持ちを描いた『1巻』から、いよいよ彼への好きが確定し 積もっていく『2巻』となる。同時に『2巻』は一筋縄ではいかない藤原の性格やトラウマ、周囲の人間関係など今後のトラブルの種が蒔かれている。作者が連載開始時から色々と仕込んでいることが分かり、ヒツジの恋愛成就、藤原との距離は近いようで困難な道のりがあることが予想されている。ただ全9巻は ちょっと仕込みに対して連載が長すぎたと思う。適正な長さは6~7巻ぐらいだったんじゃないだろうか。グダグダになってしまって小気味よかった作品のテンポは失われ、ヒロインへの好感度は駄々下がりしていってしまった。

『2巻』で藤原が2人兄弟の兄であることが判明するのだが、藤原がヒツジや岩田(いわた)など同級生ながら知能的には年下感のある彼らに なんだかんだ優しいのは藤原の「お兄ちゃん」としての側面があるからではないだろうか。どうしてもヘラヘラしてしまって その分 自分が傷つくヒツジに対してや、交際相手の明宮(あけみや)への深すぎる愛情が空回りする岩田を放っておけない藤原の面倒見の良さが垣間見られた。特に『2巻』だけでも岩田の「一生のお願い」を2回聞いてあげている。岩田と藤原の出会いや友情エピソードが知りたいところ。
藤原の性格上、友達が出来にくいような気がするが、白滝(しろたき)のように遠慮なく藤原に近づくような人か、岩田(やヒツジ)のように困っているところを見過ごせなくて助けて懐かれるパターンに大別されるのではないだろうか。

藤原くんは とことんお人好し。危なっかしい人を見かけると助けてあげちゃう お兄ちゃん。

自分よりも弱い者や上手く事を運べない不器用な人を助けてしまうと言う意味で藤原はヒーローなのである。周囲の藤原に好意を持つ女子生徒たちもグイグイと藤原にアピールするのではなく、彼の前でドジを演じた方が よっぽど藤原に話しかけられる回数は多くなるのではないか。まぁ そういう思わず助けたくなっちゃう女性像 ≒ おバカヒロインに繋がって、ヒツジも どんどん知性を失っていったような気がする。ヒツジも岩田も空回りしてしまうけど、その分 心が綺麗な人間として描かれている。

ヒツジは今回、失恋直後だから藤原を好きになったことを否定する材料を集めるが、一方で彼女が手近な人間から好きになるということは否定できていない気がする。人でなしとして描かれていた、最初の好きな人・冬也(とうや)はスキンシップで、そして藤原は自分に精神的な救済をしてくれた人だから好きになっている。ちょっと どちらも年少者が年長者にグルーミングされているような印象を受けた。それもこれもヒツジに知性が感じられないからだろう。バカで自分に従順という男性にとって都合の良い人間に見えるし、女性や少女漫画ヒロインはそれでいいと言われているような気持ちになる。

冬也の存在があるからヒツジが失恋を経験した健気な女性に見えていたが、おバカだけど心が綺麗だから なぜかモテモテになると言う悪い意味で古いタイプのヒロインに見えてならない。その割に『2巻』のラストでは狡猾になったりで彼女の人物像が いまいち掴めない。そこが読んでいて辛い。


き続き体育祭。ヒツジは藤原への好意を自覚して混乱中。しかもヒツジの言動から彼女の考えを推測することに長けている藤原は、早くもヒツジの心に気づく。後半では藤原に この察しの良さがなくなるのだが、それは藤原の洞察力が恋愛感情でバグってしまったということなのだろうか。この辺の細かい心理描写があるかを確かめながら再読したい。

空気を読まない藤原は「お前オレに ときめいてんじゃねーだろーな?」と堂々と考えを口にするが、彼はそれを勘違いだと断言する。曰く 今のヒツジは失恋直後で、その時に手近にいる男は良く見えたりするものだ、という。こうしてヒツジも納得し、生まれたばかりの恋心は封印される。

一方で藤原は時に鋭い指摘をするヒツジに一目置いており、そんな彼女に ある人を連想していた。
ヒツジに影響された藤原は運営側ではなく体育祭を楽しめるよう競技に参加する。彼の参加した借り物競争で「今一番 気になる異性」として選ばれたヒツジは やっぱり ときめきを抑えられない。藤原なりの他の女子生徒への安全策なのだろうが、これはヒツジを女子扱いしていないようにも見える。人の気持ちを決めつける権利は藤原にはないし。


のトキメキが、藤原が手近な男という理由か確かめるためにヒツジは合コンに参加する。同じく合コンの参加者である女子生徒・明宮が岩田の別れたばかりの彼女であることから、岩田に懇願され、藤原は この合コンを監視する破目となる。藤原の性格上、岩田など放っておくだろうから、彼が合コン会場に行くのは「手近な女」が心配だからだろう。

参加した合コンでヒツジは女子力が皆無な動きをするため、密かに男子の間で「ハズレ枠」と認定される。だが男性側の発言で気を悪くした女子生徒のために自分を下げてまで相手を庇ったり、心の美しさが見える。男性に受けは悪いが、そんなヒツジの良さを藤原はダメ出しをしながらも認めていく。

途中で岩田が明宮に近づく男に我慢できず顔を出したことから、合コンのバランスは崩壊する。ヒツジ以外の女性が岩田と藤原に夢中になってしまい、合コン相手の男性は蚊帳の外。そこで男性たちは せめてヒツジに優しくすることで次の合コンの機会を探る。
しかしヒツジは彼らが自分を内心でバカにしながら近づいていることを聞いてしまう。そんな彼女の落ち込みをフォローするのが藤原。ルックスの良さを武器に男性たちを圧倒する。んー、分かりやす過ぎる少女漫画展開。以前も書いたが、せっかく絵にオリジナリティがあるのに、展開が普通なのが惜しい。ヒツジが女性を守るために自分を下げるのは良いが、藤原のヒーロー行動のために合コン相手をザコに仕立て上げるのは品がないように思う。


うして合コンに参加してみてヒツジの気持ちは確定する。ということで藤原くんはだいたい正しいが、間違うこともあることが証明された。早くもタイトルを回収した感じでしょうか。

花火大会では生徒会メンバーは祭りを巡回する。だが明宮と縒(よ)りを戻したくて岩田が生徒会の活動に明宮を花火大会に誘った。これに対して明宮が浮かれるので岩田の奮闘は報われたと言えよう。
浮かれた明宮は動きやすい服装という指定を無視して浴衣で回っているが、その隣に歩くヒツジは指定を重視して体操服で行動するので、その際立つコントラストで周囲に笑われる。そんな彼女を藤原が救う。射的で洋服をゲットして、ヒツジの服装が体操服であるように見えなくしたのだった。

藤原はヒツジ以外の人のことも ちゃんと見えていて、ゾウリで歩く明宮に配慮して休憩を多く確保する。逆に明宮のことを見えていないのが岩田。ただの彼の無神経さが出ているエピソードかと思ったが、そこからの反転が良かった。藤原だけでなく男の子たちは皆 格好いいんだぞ、と作品が訴えているようだ。女性側より男性側の方が一途で健気なのが本書のような気がする。

そして彼らカップルの様子を見て、ヒツジは好きな人と交際する実例を学ぶ。そうして交際に憧れを抱いたヒツジだったが藤原は「誰とも付き合わない」と決めていると言い出す。それは藤原が大切なものを持たないように生きているのが理由らしいが…。


原の心を知りたいが本人には聞けない。

そこで お近づきになるのが、学校トップ2の片割れ・白滝。夏休み中に偶然会った、藤原に近い この人なら彼のことを知っているかも、とヒツジは白滝に質問をする。すると本人に聞け、とヒツジは藤原邸に連れていかれるのだった。

しかし応対した藤原が高熱を出していることが判明する。風邪回である。白滝は藤原が風邪と知り物理的な距離を取ったため、ヒツジが看病担当となる。
そして彼の家を使うことで、ヒツジは藤原に、ヒツジと髪質が近い弟がいること、そして彼がもう他界していることを白滝から教えられる。3年前、藤原が中2の時に弟は亡くなったという。

唐突な風邪回。運よくヒーローが弱っている場面やトラウマに遭遇するのがヒロインの条件。

その弟くんが風邪をこじらせて亡くなったと聞き、ヒツジは煩悩を排除し、藤原の回復だけを祈る。寝入ってしまった藤原が目を覚ますまでヒツジは見守る。目を覚ました藤原に安堵からヒツジは彼に抱きつく。藤原が大切なものを持たないのは、もう誰も失いたくないという彼の絶望が根底にあることを理解した。

熱が下がった藤原は通常運転。だが さすがに高熱で心身が弱っているところを つきっきりで看病してもらった藤原はヒツジに感謝の言葉を述べる。自分の恋心を脇に置いて、彼の回復だけを願った高潔な心が藤原からの ご褒美を引き出したのだろう。


休み最後のイベントは2泊3日の補習合宿。生徒会メンバーは手伝いのために駆り出されるのだが、ヒツジは補習を受ける方である。

藤原と1mmでも近づきたいヒツジだったが、近づくのは第2の男・白滝の方。白滝は裕福な自分の家庭や金銭に対して、1mmも興味を持たなかったヒツジに興味を覚える。単純にヒツジが藤原に夢中で白滝に興味がないだけなのに、ヒツジが特別という描かれ方は ちょっと首を傾げる。

1日目の夜、ヒツジは藤原と生徒会の仕事で外を歩くことに。その際の会話で藤原に精神的に一線を引かれつつ、肉体的に距離が詰められヒツジの心は揺さぶられる。そんな藤原への想いを無意識で口にしてしまったヒツジ。藤原もそれを聞いていて、彼は再度 明確に線引きを行おうとする。絶望する言葉を聞きたくないヒツジは、思わず それは白滝のことだと嘘をつき破局を回避しようとする。
しかし どこからともなく現れた当の白滝が その言葉を聞いてしまい…。