《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

双子との別れは、大人組にとって自分たちの関係に名前を付けるまでの期限でもある。

LOVE SO LIFE 11 (花とゆめコミックス)
こうち 楓(こうち かえで)
LOVE SO LIFE(ラブ ソー ライフ)
第11巻評価:★★★(6点)
 総合評価:★★★☆(7点)
 

双子の七五三のお祝いに出掛けた詩春たち。可愛い二人を連れて思い出づくり☆ しかし松永さんへの想いを確信した詩春は、松永さんに過剰反応してしまい…。そんな時、松永さんは元カノと待ち合わせて!? 松永さんの少年時代から双子と出会うまでの過去編も必見の第11巻。

簡潔完結感想文

  • 松永が詩春に言えない話2連発。1つは双子との別れの期日、1つは元カノ話。
  • 詩春との出会いが松永の決意が固まった後なのが良い。単純な労働力ではない。
  • 双子との生活が原因で別れたのなら、その生活の終焉は よりを戻す絶好の機会。

ピソード0(ゼロ)であると同時に物語を畳み始めている 11巻。

アナウンサー・松永(まつなが)の半生を振り返る話が収録6話中3話占められていて、それらは過去回想なので物語が前に進んでいる印象がない。何だか大人組の話ばかりだった『4巻』と同じようなバランスの悪さを感じるが、今回は作者が狙ったバランスの偏りである。作者が1/4スペースで言及している通り、既に物語は「ラストまでに描くべきエピソードを消費している段階で」、ここを描かなければ前に進めない部分がある。確実に物語のカウントダウンは始まっているのだ。

読者の関心事は大きく2つ。1つは詩春(しはる)と松永の恋愛の進展。1つは詩春と双子との別れ。後者が物語全体の最後に描かれるのは必然なので、前者の方が先に処理されるはずである。でも考えてみれば この2つは連動していて、双子と別れる日というのは、詩春と松永の間における契約関係の終了を意味している。双子を かすがい として2人は疑似家族のような関係に収まっているが、このまま双子と別れることは彼らの間に何の意味も無くなってしまうのである。互いを想っていても、それまでに関係性を決定しなければ、会う理由がない、出会う前の社会的立場が全く違う2人になってしまう。

そして今回、松永の回想がとても長いのは、松永にとって双子との別れは全てがリセットされるからである。それは詩春との関係もそうだし、その前に長い間 交際していたと思われる元カノとの関係も同じである。元カノとは双子が原因で別れたようなもの。だから双子との生活が終わるならば元カノとの関係が戻っても不思議ではない。言い方は悪いが、松永の恋愛において障害であった双子がいなくなることは、彼の恋愛解禁の合図でもある。松永が詩春か元カノか どちらを選ぶのか、松永側の意思の最終決定が行われるはずである。元カノをスムーズに登場させるためにも今回の回想は必要だと分かる。

それは おそらく この後の詩春側も同じである。彼女の場合は松永か直(なお)か。どちらかを選ぶ/選ばない ことの痛みや責任を引き受けて、詩春は大人になっていくのだろう。
双子との別れの前に、大人側2人の関係を決めなくてはならない という連動が面白い。


回、良かったのは松永視点で描かれる詩春との出会い。もっと細かく言えば、松永が1人でも双子を育てる決意を固めてから、詩春に出会ったという順番の問題が きちんと描かれているのが良かった。

詩春を聖女として描くのならば、松永が決意する前の、彼の生活がグチャグチャになった どん底の状態で出会っても変ではない。乱れかけた松永の生活とメンタルが詩春によって救われるという展開は単純明快だ。しかし作者は それをしなかった。作者は そうしてしまうと詩春が松永にとって便利すぎると考えたのではないか。何より松永側の双子への態度が煮え切らない。彼を真摯な人間にするために、詩春が単純に安く買い叩かれた労働力にしないために、彼らの出会いは少し後ろ倒しになっているように思えた。

松永が双子のために、子供の頃からの自分の夢も、キャリアも捨てて、彼らを優先とした生活スタイルを確立する決意を固めさせることで、松永は双子にとっての真の養育者となった。人に託すのではなく、自分を犠牲にしてでも、彼らを育てる覚悟を持ったことで彼は、失踪した兄が帰ってくるまでの かりそめの関係ではなく、彼らの家族の一員になった。

詩春の登場前から3人の松永家は ちゃんと家族になっていた。松永は人見知りの対象外である。

こうして初めて「父親」になった彼への ご褒美のように詩春が松永の前に現れる。この順番が大事なのである。詩春の登場が早いと松永は いつまでも兄の代役としてしか双子に関わらない。そうではなくて松永が父親として目覚めることが重要なのだ。だからこそ新しい松永家は疑似家族とは言え温かな家庭を築くことが出来たのである。今は別れに向かって物語が進んでいるから分かりにくいが、松永は双子が成人するまで自分一人で面倒を見る覚悟があったのだろう。それは あと15年以上は独身でいる覚悟とも同義かもしれない。大人と言っても20代の松永が そこまでの覚悟を決めるというのは容易ではない。

もし松永が どん底の時に詩春と出会ったら彼女を救いの神だと便利に使うだけだったのではないか。そして詩春も松永と双子の関係が正しくないもののように感じられ、彼のことを好きになったりしなかったのではないか。お互いが双子に真剣に接していたからこそ、2人は互いに安心し信頼し合ったと思われる。


頭は七五三回。いわゆるイベント回なんだけど、1年目とは違って終わりが見えているから切なさが違う。

詩春は保育所の職員に洋服を借りて おめかしをする。その彼女の姿に言葉を奪われる松永。写真撮影をして神社で祝詞をあげてもらって、食事をして忙しい一日となる。こういう部分で子育ては お金がかかるんだろうなぁ…。
その全てに詩春を同行させる松永は完全に彼女を この疑似家族の一員として考えているのだろう。そして お互いに相手のことを意識しているのが見え隠れする。


く3話は松永の、というか松永家という家の歴史。
冷えた家庭で育った松永は ちゃんとした大人になろうと考え、そこで出会ったのが硬いニュースを読むアナウンサーという仕事だった。でも作中で見る限り松永って報道アナウンサーじゃなくて完全にバラエティ班ですよね(笑)いや、双子との生活を優先して仕事をセーブしているに違いない。松永もTBSの安住アナのように40歳を過ぎたら報道系の情報番組も担当するようになるのだろうか。

奔放な兄は家庭に寄り付かないが、小4になっても自転車に乗れない松永を見かねた彼は弟に指導を始める。それは自分はかつて父に教わったこと。弟の幼少期の頃には更に家庭が冷えて父親は自分の家庭に無関心だった。だから兄は父からの教えを、自分が与えられた確かな愛情を弟に伝えたかったのかもしれない。そして逆に松永は兄は温かな家庭だったはずの家が冷えていく様子を見届けた分、自分より傷ついているかもと考えていた。


永が大学入学と同時に家を出て、松永家は しばらく誰も住まない状態になる。松永が大学在学中に兄は結婚し、表情も柔らかくなった。それは兄の抱える孤独を妻となる人が救ったからなのだろう。女性に、母には無かったものを求めるのが この兄弟の習性のような気がする。当時、恋人がいたこともあって松永は兄嫁に対して不埒な考えを抱いたりしていないが、兄嫁は高確率で松永も好きなタイプだと思われる。もし亡くなったのが兄嫁ではなく兄だったら、松永は必要以上に義理の姉に対して接近しただろうか、などと考えてしまう。兄嫁が松永を受け入れるまでを描く作品も面白そうだ。

兄夫婦は双子が誕生したことで兄は誰も住まない実家に戻ろうと考えていた。だが松永が卒業や就職など慌ただしい1年を過ごしていた時、兄嫁が事故で亡くなってしまう。
ここで作中で初めて双子の母親の死亡事故について語られる。兄嫁が運転していた車には その母、つまり双子にとって祖母も同乗しており、その車が対向車から来たトラックと事故を起こした。祖母がリハビリを必要としているのは この事故の影響なのだろう。しかも日常生活に戻れるまでは1年以上必要としている。これで本当に幼児を育て上げられるのか心配になってしまう。

連絡を受けた松永は兄嫁たちが運ばれた今 兄のいる病院に向かおうとするが、兄は連絡を受け自分の子供たちを近所に預けたままなので、そちらに行って、双子の面倒を見て貰えないかと弟に依頼する。この連絡で兄は翌日の松永の仕事の開始までには家に一度 帰ると約束したのだが、それが果たされることなく、彼は消息不明になる…。


ずっと交流の無かった松永は当然 双子の扱いが分からず、双子は松永を知らない人と認識して泣きじゃくる。

そして本来、喪主となるはずの兄がいないため、松永は葬儀や一連の問題に関して兄嫁の家に頭を下げなくてはいけなかった。しかし実際の松永は相手(双子の祖父)が恐縮するほどに尽力してきた。祖父は娘夫婦が応援していた松永のアナウンサー生活を全うして欲しいと願い、彼が仕事に専念できるように双子の生活は、彼らがバラバラに暮らすことになるが、親戚に託そうとしていた。

だが松永には、自分が冷えた家庭に見切りをつけて、兄に深く関わってこなかったという罪悪感があった。だから残された(遺された)兄夫婦の子供たちと一緒に、この家で兄を待つという考えに至る。そして双子が一緒に暮らせないことは避けたい。一緒に居れなかった兄弟の自分だから彼らには一緒に居て欲しい。


永の行動を、大学時代からの交際相手は反対する。それは背負わなくても良い荷物だし、不慣れなことは生活の破綻に繋がり、中途半端は無責任になると彼女は言う。気になるのが この時の会話で松永が双子のことを「兄妹」と表現しているけど「姉弟」じゃなかったっけ?? 姉弟という順番が確定するページを探したのだけど見当たらず。

兄弟ではなく兄妹と表記して きょうだい と読ませているのに、それが(多分)間違っている謎。

勉強熱心な松永は育児書を読み込むのだが実践は ままならない。これは通常なら赤ちゃんと一緒に大人も親として育つ過程がなかったからだろう。
やがて松永はこの生活が破綻していく音を聞く。サービスを使えば自分は楽になるが、それでは双子を手元に置く意味がない。こうしてライフワークバランスが崩れかけ、松永は帰って来ない兄への怒りを増していく。

そんな生活も3か月が経過し、いよいよ破綻寸前。松永は双子がこれまで暮らしていた松永にとっての実家に、双子が少しでも長くいられるようにベビーシッターによる家での生活を目標としていた。保育所にいることが彼らのストレスになると考えてのことだ。だが丁度 人見知りをするような年齢ということもあり松永の狙いは上手く機能しない。

以前にも電話口で登場した松永の実母は自分のことばかりで孫に一切 関知しない(金銭的援助はしているみたいだが)。孤立無援の松永は そんな自分を責め、自分の仕事の時間の都合で双子に安定した生活を送らせてあげられないのも申し訳なく思っている。兄を信じて実家で待つという選択をしたが、一切 連絡をしてこない兄に失望し、絶望しかけている。

その上、新生活以降、まともに連絡を取らなかった恋人にも振られる。どうやら恋人は松永の真意を確かめたかったみたいな様子だが、簡単に引き下がる松永に失望して本当に別れを選んだ。松永側は恋人として誠実でいられない罰のように現実を受け入れようとしたのだろうが、それがかえって愛情の薄さと捉えられてしまったのかな。


よいよ公私ともに破綻寸前になるが、心配して家を見に来てくれた健(たける)の母親との会話で、双子が松永を慕ってくれていることが分かる。この3か月の松永の日々の暮らしと奉仕は着実に双子の気持ちや認識に変化をもたらしていた。やはり子供からの愛情が感じられると それが親の子育て継続のパワーになるのではないだろうか。

そこから松永は兄を待つことを止め、自分が彼らと向き合う時間を増やそうとした。それは自分の夢を捨てることでもあり、時間が不規則な現在のアナウンサー職からの異動を申請した。それが松永の双子に対しての覚悟と愛情だった。まぁ 会社側は看板アナが画面から消えることを損失と考え、異動を保留しようとするのだが。

そうして松永の覚悟が決まった後で、彼は詩春と出会う。これまで誰にも懐かなかった双子が詩春に懐いている場面を見て松永は驚愕する。詩春は その前週からバイトを始めて、しかも双子の保育所利用とシフトが重ならなかったため、松永も会ったことがなかった。その限られた時間で双子に好かれる彼女を松永はスカウトした。これで『1巻』1話に話が繋がった。

松永家に詩春が来ることによって生活は安定し、松永は異動願を撤回した。詩春の登場によって松永は子供の頃からの夢を双子のために犠牲にすることはなかった。もし夢と引き換えに双子を育てることを選んでいたら、双子がワガママを言うたびに彼らのために自分はキャリアを犠牲にしたのに、と思ったかもしれない。理性的な松永だから暴力は振るわないだろうが、少し強い言葉で彼らを叱るとか、お互いが悲しむだけの未来が待っていた可能性はある。それを詩春は回避したと言えよう。だから詩春は間接的な女神であると思う。


して ここから1年半以上の生活で松永は詩春に惹かれていった。

詩春の登場と双子たちの成長で、この生活は安定期に入る。人見知りだった双子も詩春の外への連れ出しの成果もあって、初めての人にもしっかりと対応できるようになり、人との応対も上手くなる。大人としては見られたくない場面や忘れて欲しいことなども覚えていたりして大変みたいだが。

そんな頃、双子の祖母から連絡が入り、双子が祖父母宅に引き取られる日が具体的に決まろうとしている。それは3月末。てっきり松永が詩春に引き取りについて話を切り出した夏休み(『8巻』)から1年だと思っていたので予想よりも大分早い。
松永は祖父母の提案を最初に受けた時も詩春に話すまで時間をかけたが、今回も詩春にはその期限について話さないまま。彼女を悲しませたくないのは分かるが、それだけ貴重な時間の意味を奪っていくような気がする。

そして回想の中に出てきた松永の元カノが再登場し、いよいよ恋愛要素が強まっていく。これは双子との別れという物語のクライマックスの前に恋愛における人間関係を整理しておくためだろう。

ちなみに柿を巡るご近所さんとの交流の中で、序盤で健が詩春にトキメいたフラグが回収されている。その優しさに刺さった事があるけど、今の彼女の梨生はそれ以上に「ブっ刺さった」らしい。こういう処理の仕方は説明が丁寧で良い。