《漫画》宇宙へポーイ!《小説》

少女漫画と小説の感想ブログです

ヒロインにできないことが友人にはできます。友人にできないことがヒロインにはできます。

LOVE SO LIFE 7 (花とゆめコミックス)
こうち 楓(こうち かえで)
LOVE SO LIFE(ラブ ソー ライフ)
第07巻評価:★★★(6点)
 総合評価:★★★☆(7点)
 

期末テストも無事終わり、夏休み突入!! 天使双子たちとプールを楽しんだり、梨生たちと夏祭りに行ったり…と、イベントいっぱい! 相変わらず松永さんと一緒にいると緊張している詩春の周りでは、人間関係が少しずつ変化して!? 梨生と松永さんの幼馴染み・健の仲が急接近☆

簡潔完結感想文

  • 作品内に時間の流れが生まれても、当然 一気に結論に至る訳ではない。
  • JKに手を出しかねない松永は引き続き閑職に回されて 出番なしヒーロー。
  • 白泉社作品で「友人の恋」が描かれるのは、鈍感ヒロインの穴埋めのため。

愛関係が動かないから、背景を動かして まるで物語が動いているように見せる技術」の 7巻。

冒頭の一文は とある別の白泉社作品の感想文で作ったタイトルだが、この『7巻』が まさに そんな感じである。『6巻』で作品内に時間の概念が導入されて、物語に縦軸が完成したように見えた。それはヒロイン・詩春(しはる)と双子、その父親代わりの松永(まつなが)の将来に関することや、詩春・松永に直(なお)を加えた恋愛における三角関係である。

ただし それらは『7巻』では ほとんど描かれることはなかった。『6巻』ラストで出会った人の正体や、そこで交わされた会話が直接的に描かれることはなく匂わされる程度。双子の将来に関することは松永の胸の内に秘められ、詩春には伝えられない。
そして恋愛における三角関係も、詩春と同じ施設で育った直の側の気持ちは描かれるが、詩春と松永は会話量や接触が少ない。このところ双子の世界を広げるために松永がいない状況が作られてきたが、今回は『6巻』で詩春が松永との身体的な接触をして以降、彼を意識して遠ざけてしまっている。そこに詩春の怪我によるベビーシッターの お休みも重なり、松永の出番は ますます減る。2人の恋愛の進展や胸キュンを読みたい読者は残念に思うだろう。

そして双子の出番も やや少なめ。『4巻』でキャラの登場回数のバランスが偏って、それを改善したと思ったのに元の木阿弥と言えなくもない。
けれど それには白泉社作品ならではの理由があって、鈍感ヒロインが恋愛感情を明確に抱くのは恋愛の決着が目前に迫る時ぐらいであって、ヒロインが この段階から動く訳にはいかないのだろう。実際 今回「恋愛リセット」が発動したように見える場面もあって、詩春は無自覚な恋心を強要されていると言える。松永が ずっとヒーロー業から遠ざかり閑職に追いやられているのも同じような理由だろう。

積み上げたものを ぶっ壊す白泉社ヒロイン特有の恋愛リセット機能。まだまだ終わらない合図?

けない詩春と松永、または詩春と松永家を助けるのが「友人の恋」である。ヒロインが足踏みしなければならないのなら、ヒロインに出来ないことを友人にさせて、一気に彼女を抜き去って恋愛成分を作品内に補充しようという作戦である。

作中で突入した夏休みは友人・梨生(りお)の恋が一気に動く夏になる。ヒロインが出来ない告白や大胆な行動を、この元気いっぱいの梨生が担うことで作品にビートが生まれている。恋愛が膠着状態になりがちな白泉社作品では「友人の恋」は大変ありがたい存在なのだろう。そういえば白泉社作品は内輪カップルが大量に発生するような気がするが、それは こういう停滞回避が理由なのかもしれない。

さて梨生が「友人の恋」枠なのは分かりやすいが、おそらく直も作品内における立場は同じだろう。本人は とても不本意だと思うが、メインの2人が動けないなら第三者である直が動いて、三角関係を成立させ、間接的に詩春や松永を恋愛の舞台に上げているように見えた。しかも今回、彼もまた内輪カップルが成立するのでは と思うような直を想う女性が登場する。これによって直が失恋しても彼の流す涙の受け皿は用意されているように感じられた。直は告白する前から失恋の準備運動が始まっている不憫な人である。

ここまで色々と擁護してきたけれど、私も今回は どうにも「本筋」が無いように感じられたのは確かである。やっぱり読みたいのは松永家の疑似家族なのである。早く本筋に戻って欲しいなぁと願うのも正直な気持ち。

ちなみに冒頭の「恋愛関係が動かないから背景を動かす~」という文章は師走ゆき さん『高嶺と花』で書いたものなのですが、今回の あとがき漫画に登場するアシスタントで「元銀行員の ゆきちゃん」って十中八九『高嶺と花』の作者の師走ゆき さんのことですよね。こんな経歴の漫画家さんは滅多にいないだろうし。本書の連載途中からアシスタントに入って、その終了前にデビューするなんて 凄い速度で出世している。そういえば高嶺(たかね)さん もアラサーでJKに恋するロリコン野郎だよなぁ…(笑)


春は独力の勉強の成果が出て、追試と夏休みの補習を回避する(元から成績は悪くない)。この夏休み、詩春は双子を連れてプールに行きたいが水着がない。そこで友人・梨生から水着を譲り受けることになる。

詩春は梨生の家は初めて。一軒家で個室があって、自分の好みにカスタマイズして、そういう梨生の暮らしは詩春には新鮮に映る。水着のファッションショーをした後は、梨生の母親の手料理を食べ、そのうちに続々と帰って来た梨生の兄や父と挨拶を交わす。詩春は生まれる前に父を亡くして母子家庭で育ったため、家の中に男の人がいるという状況に慣れていない。現在 暮らす施設でも園長や職員は女性ばかりで成人男性と話す機会は少ない。
そこで詩春は、自分が松永にではなく、家の中で男性と話すことに緊張しているのだと結論を出す。あれっ、白泉社ヒロイン特有の恋愛リセットが発動したかな…??

一方、詩春が来ない松永家は、松永が お休みで公園で遊ぶ。そこに及川(おいかわ)が現れ、松永と大人の話をする。その話の中で双子の母方の祖母が将来的に双子を引き取りたいと言ってくれている という話が出てくる。祖母は今は訳あって病院でリハビリ生活をしているのだが、退院して元の生活が出来るようになったら、そう望んでいるらしい。松永はこの話を まだ詩春にはしないつもりでいる。それを聞いた時、詩春がどんな表情を見せるのか怖い。
及川は健(たける)と立ち位置が似ているかと思ったが、こういう話は健には出来ず、松永が背負っている物を分担はしないまでも、その重さを理解してくれる友人の存在は松永にとって貴重だろう。責任感が強い松永だからこそ、無責任に生きているように見える及川のような人間が近くに居て、話を聞いてくれるのは ありがたいのかな、と今回の会話で感じた。


して夏休み。詩春は双子を連れてプールに行くことを松永に報告する。詩春1人だと彼女の身を含めて危険だと判断した松永は自分が休みの日に一緒に行こうと提案するが、詩春は松永に水着を見られるのが嫌で拒否する。その拒絶に松永は落ち込むが、ナンパ男たちからの詩春のガード役として健を呼ぶことにする。詩春は なぜ健には水着姿を見せても平気なのか考えた方が良いだろう。

こうして健と その妹・真菜(まな)と梨生を含めた計6人で市民プールに向かう。身体が冷えても体力の限界まで遊ぼうとする子供たちだが、詩春は彼らを上手く誘導して休憩を入れる。確かに大人にとっては浅い子供用のプールでも子供たちにとっては全身 水に浸かっているのか。まるで育児書のように役に立つ漫画である。
双子が登場するが この話で大事なのは健と梨生の進展だろう。彼らは少しずつ距離を縮めている。


いては夏祭り回。またも梨生に借りて、今度は浴衣姿を披露する詩春。
今回は梨生の他にクラスメイトの女友達が参加し女性3人での行動になるのだが、そこに その女友達の中学時代の友人男性が声を掛ける。あちらも男性3人で来ているのだが その中の1人が直だった。ここで梨生と直が初対面となり、いよいよ世界が繋がっていく。

そこで提案されるのが肝試し。2人1組になり神社の周辺や墓地を回るというもの。詩春に男を近づけたくない直は詩春を連れて帰ろうとするが、梨生に阻止され、そして詩春も参加に前向きなため、直は諦める。梨生は初対面なのに直の恋心に気づいている。気づかないのは鈍感ヒロインだけか。

こういう時、詩春とペアになれないところが直の運の無さかな…。詩春はペアになった男性から直の学校生活のことなどを聞いて肝試しの気を紛らわせようとするのだが、その男性は霊感があるらしく、次々と自分には見えない物や聞こえない音を拾うので、詩春はパニックになり悲鳴を上げてしまう。
倒れ込んだ詩春を助けに来るのが直の役目。足首をひねった彼女を負ぶって帰ろうとする。彼らの近すぎる関係性に驚く一同だったが、梨生は そこで初めて直が詩春と同じ施設に暮らす人だと知る。そして梨生の目から見ると詩春は直に対して全く警戒していない。口が悪くても強引でも詩春にとっては安心する存在なのだ。

直は もちろん詩春との身体の密着にドキドキしているのだが、詩春も直との近すぎる距離に緊張している様子。これは直にも逆転のチャンスがあるということなのか。『6巻』で松永と身体的な接触があり、今回は直と。三角関係は こういう互角の戦いがあると面白い。詩春は直も異性だと認識してくれたのかな。

松永の登場で直も直接的なヒーロー行動でアピール。少しずつ素直になるのが直の成長か。

を痛めた詩春は双子のベビーシッターのバイトを休むことにする。大人しく詩春が施設で勉強をしていると、直を訪ねに女性が現れる。森川 穂乃香(もりかわ ほのか)と名乗る その女性は直と お付き合いしていると爆弾発言をする。穂乃香は自称・彼女で危ない女性。これは直の敗戦後も彼が寂しくないようにする、振られてもない状態での早めのアフターフォローだろうか。

直は詩春の周辺に現れた松永が邪魔でしょうがないが、詩春は穂乃香の登場にも平然としている。それが直は悲しい。しかも詩春に会えないことを悲しんだ双子の機嫌をとるために松永が施設に顔を出したので直の苛立ちはMAXになる。松永に応対した直は詩春が留守だと嘘をつき、彼らを追い返す。そんな自分が直は嫌いになる。

だが双子の鳴き声を聞いた詩春は窓から顔を出し、彼らに挨拶をする。双子はもちろん、直に嘘をつかれ、牽制された松永も詩春の顔を見られたことに安堵する。松永も双子と同じぐらい「詩春た~ん」と泣きたい気分なのかもしれない。


4日ほどで足も完治し、詩春は松永家でのアルバイトを再開する。双子は詩春と会えなくなったことを経験したから、詩春がいなくなることに敏感になる。
この回はシーツに絵を描いたり、流しそうめんをしたり、花火をしたり小ネタ3連発といった感じ。そして健が持ってきた写真で松永が詩春の水着姿を間接的に見ることになる。JKの水着姿に顔を赤らめるアラサーは ちょっと怖い。


休みもかなり過ぎた頃、詩春は梨生が健と2人きりでプールデートを計画していることを知る。ここで詩春は梨生の健への気持ちをハッキリと知ったようだ。

だが梨生が詩春と一緒に双子たちを保育園に迎えに行った帰り道、健の隣に女性がいることに気づく。健に話を聞くと 昨日から付き合っている彼女だという。大学のゼミが一緒の女性から交際を申し込まれ、一度は よく知らないからと断ったけど押し負けたらしい。

この夏休み、プール回で連絡先を交換してから梨生は健と頻繁に連絡を取り、出掛けたりしたのに、彼は一方で彼女を作っていた。ここ最近 自分たちが良い感じの関係を築いていると思っていた梨生は その思い上がりが反転して恥ずかしくなる。真剣だからこそ簡単には想いを伝えられなかった梨生だが、真剣だからこそ、よく知らない彼女に対して負けてられない。

そこで梨生は健にキッパリと好きだと伝える。本書で初めての告白である。健にとっては予想外の言葉で彼は混乱するが、自分でも予想外でのタイミングに告白に頭が沸騰した梨生は その勢いのまま思わぬ行動に出るのだった…。